The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

豆ばかり 

3月に入り、少しは春めいてきたと思いきや、まだまだ寒い日々が続いていますね。風邪もようやく治ったので、再び三重へ出撃してきました。

16時過ぎに内湾に面した漁港へ到着。ド干潮前なので、海はどんよりして藻が水面まで顔を出している。

P1090397-3.jpg

とりあえずウォーミングアップということで、マイクロワームをちょこちょこ動かしていると。

P1090400-3.jpg

豆メバルがヒット。藻の隙間からもんどりうって飛び出してくるのが良く見える。ただ、サイズは伸びずひたすら豆ばかり。

ほどなくして日が沈み、別の漁港へ移動。急深の入り江に面しているので、駆け上がりに良型が付いていると判断。

P1090403-3.jpg

ところがやっぱり豆。中層も低層も、どの距離でも万遍なくヒット。さすがにワームに飽きてきたのでシラスミノーにチェンジ。

P1090411-3.jpg

あたりは減るものの、たまにガツンとくるので意外と楽しい。トリプルフックが頻繁に手袋に引っ掛かるのはご愛嬌(笑)。

P1090407-3.jpg

ジェイドでも同様にヒットが続く。金太郎飴のように釣れるサイズはすべて同じですが。まあ、プラグにアタックしてくる心意気を評価しましょうか。

P1090413-3.jpg

念のため、最後にサイズアップしたワームを投げたものの、やっぱり豆ばかりでした。

P1090414-3.jpg

通い慣れた中紀とは、根本的に攻め方が異なるようですね。穏やかな入り江が多いので、暖かくなってからチヌも狙うのも面白いかも。
スポンサーサイト
[ 2015/03/15 15:03 ] メバル | TB(0) | CM(4)

ちょいと遠征 

三連休は比較的穏やかな天気でしたね。今回は三重県へ軽く遠征に行ってきました。

P1100103-2.jpg

初日は旅館でゆったりと過ごして、日曜の朝から探索開始。

P1100078-2.jpg

前日に目星を付けていた内湾にて。すでに日が昇っていたのでアイスジグでちょこちょこと探っていると、かわいいサイズのメバルがご挨拶。

P1100115-2_20141124145843570.jpg

かなりの数のメバルが足もとに群れているものの、元気にアタックしてくるのは20cm未満のサイズのみ。

P1100124-2.jpg

ひとしきり遊んだ後、餌を買ってキスを狙うことに。

P1100138-2.jpg

砂浜はどこも遠浅で荒れ気味だったので、あえて水深のある漁港内をじっくりと探ってみます。北西風をまともに受けて、一人男祭り状態(笑)。

P1100136-2.jpg

こまめに巻いてはアタリを待ち、さらに巻いての繰り返し。実に忍耐を要する釣りですが、ガッチョを交えて何とか7匹キャッチ。

そして夕まずめは朝のポイントに戻り、ジグヘッドにゴカイを刺すという掟破りのリグ(笑)で釣っていると簡単にメバルがヒット。それを見ていた嫁も真似をして、1投目で三重県名物?の良型タケノコメバルをキャッチ。

P1100149-2.jpg

この一匹のみですぐに車へ退散する嫁。何と効率的な…。私は正統派のワームに戻してポロポロと小メバを追加。

P1100152-2.jpg

最後に別の漁港でラストスパート。常夜灯の効くワンドで竿を出してみるが、ジグ単でもFシステムでも小メバばかり。

P1090343-2.jpg

20匹以上釣ってタイムアウト。サイズはともかくこれだけ数をこなすと、フッキングの訓練になったかな? 次回は和歌山のホームグラウンドへ出撃予定です。
[ 2014/11/24 15:10 ] メバル | TB(0) | CM(4)

さすがに厳しかった・・・ 

恒例の隔週釣行。2,3日前から冷たい雨が断続的に降っていて、あまり魚の活性は高く無さそうでしたが、運試し&力試しのつもりで由良へ出撃してきました。

今回は仕事が少々遅くなったので21時半に現地入り。3回連続で雨中での釣りになってしまったのは、日頃の行いがよろしくないからか? いつものホームグラウンドより、かなり北上した所にある波止に初めてトライしてみる。だが、北風を正面から受けるのでキャストもままならない。雰囲気は決して悪くないので、穏やかな時に再度挑戦ということですぐに移動。

前回に良型メバルを釣った捨て石場にて、まずは自作ジグヘッドとメバダンゴのコンビでブレイクライン付近を狙う。風は山に遮られてそれほど強くない。少しずつ移動しながら30分ほど攻め続けたが、海は完全に沈黙。買ったばかりのカブラも同様。

次にメバキャロを使って遠投し、沖向きをスローかつ広範囲に探ってみる。ワームもミートネール、ロッキースラッグ、自作ワームとローテーションしてみたが、まったくかすりもしない。これは相当危険な雰囲気だ。

近くの漁港の常夜灯の下で釣っている時に、男祭りで競演したソニックさんからメールが来て、ネットによると海水温が相当下がっているとのこと。これで活性の低さの理由が分かったが、どこに魚が居てどう攻めるべきか見当がつかない。

とりあえず深場に落ちているだろうということで、再びメバキャロを使って沖の低層を攻めてみるが、やはり反応は無し。そうこうしているうちに日付が変わってしまった。ボーズが頭をよぎり始めたので、ガシラ狙いでスロープへ移動。テキサスリグで、牡蠣殻の多い底をゆっくりゴリゴリと引いてみる。

すると、10投ほどでガツンと威勢のいいアタリが。反射的に合わせを入れると、なぜか白い魚体がジャンプ一番。???と思いながら巻いてみると、想定外のヒラセイゴが釣れてしまった。ボースは回避したが複雑な気分になる。
P1080693-2.jpg
その後もスリット部や段差をしつこく探ってみると、ようやく本命のガシラがヒット。ご覧のとおりのリリースサイズだが、何だか妙に嬉しくなってしまった。
P1080698-2.jpg
その後もあちこちの漁港をランガンしてみたものの、どこも想像を絶する活性の低さ。試行錯誤しながら、朝マズメにようやくリリースサイズのメバルが断続にヒット。メバダンゴ以外にソニックさんにいただいたワームカットでもキャッチ。
P1080706-2.jpg
アジもポツポツ釣れたが、とにかくサイズが小さい。一回だけ20cmオーバーらしき良型もヒットさせたが、お約束の足下ポロリ。写真はじゃこまろで釣れた血まみれのアジ(汗)。
P1080692-2.jpg
これも小物だが、テトラ際で動かしていたワンダーにガシラがヒット。うーん、どの魚も前回釣行より大幅にサイズダウンしてしまっている。こういう日にも良型を釣ることができれば、本物の釣り師?と呼んでもらえるのだろうが。
P1080702-2.jpg
結局、朝日が照らし始めた6時半に納竿。キープゼロだったので、阿尾漁港の朝市でグレとチャリコを調達。ついでに御坊の宝の湯でひと風呂浴びて帰宅。釣果が芳しくないと、ドッと疲れが出ることを実感した釣行でした。


日時:
2009年2月27日(金)21:30 ~ 28日(土)06:30

釣果:
メバル16~18cm 3匹
ヒラセイゴ22cm 1匹
ガシラ15cm前後 2匹
豆アジ 3匹


タックル:
オリジナルロッド(ブランク:ST.CROIX 3S70ULM2)+バイオマスターMg2000PGS

ヒットルアー:
メバダンゴ、クラッピーグラブ、ラッキークラフト(LUCKY CRAFT) ワンダー45 FKペパーミントグリーン、ワームカット、フィナ(FINA) メバル専用ワームじゃこまろ FS300 1.5インチ 10.クリアー
[ 2009/02/28 16:10 ] メバル | TB(0) | CM(11)

嵐を呼ぶ男祭り 

待ちに待った本年第一発目の男祭り。13日の金曜日ということで、何やらただならぬ雰囲気が漂っていたが、予想通りの暴風波浪警報発令中。ジェイソン上等、大荒れ上等。どっからでもかかって来いや!

とは言ってみたものの、いざ現地入りすると想像を絶する突風と大波。ゴロタ場でヒラセイゴを狙ってみたが、ワームもミノーも厚い白波に跳ね返される。冬場の荒れには比較的強い由良だが、南東風を伴なうウネリはちょっと厳しい。

隣の漁港に移動し、22時前に釣り男さん、ソニックさんと合流。すでにアジ、メバル、ガシラを数匹ずつキャッチされているので、気のせいか表情に余裕があるような。ただ、この場所もかなり波が高いので、いつものメソッドで攻めることができない。釣り男さんはジグヘッドリグで捨て石周りを、ソニックさんはヘチ際をダウンショットで丹念に探っている。

とにかく最初の一匹が欲しかったので、挨拶もそこそこに小移動。テトラ帯とスロープの境い目が比較的波が穏やかそうに見えたので、自作ジグヘッドとメバダンゴのコンビでスローに攻める。だが、ここでもラインが風に押されて思うように操作できない。途中の峠の気温は常識外れの18度を示していたが、蒸し暑さのせいか冷や汗なのか、背中を変な汗が伝わる。

約10分。もう出ないかなと諦めかけた時に、軽い生体反応が手元に伝わってきた。?と思いながら再度同じ場所にキャストし、穂先を水面すれすれまで下げて巻き始めるとゴンッとヒット。沈みテトラに潜られないよう強引に寄せてくると、水面をバチャバチャと暴れる音が聞こえてきた。
P1080649-2.jpg
22cmほどの青メバをキャッチ。あまりにもお腹が大きいので写真を撮ってリリース。とりあえずボーズを回避して一安心。しばしソニックさんと談笑する。仕事や景気の話をしたり、やっぱり男祭りはただでは済まないなあと語り合っている間にも、雨風はますます激しさを増してくる。

しばらくして釣り男さんと合流したものの、もはや手の付けようの無い海況に。念のため、別の釣り場にも足を運んでみたが、三人で顔を見合わせ沈黙・・・。ああ、やっぱり男祭りは男祭りか。23時を前にギブアップ宣言。残念ながらここで解散となった。

だが、せっかく中紀まで来てこのまま帰るのはもったいないので、さらに別の漁港をチェックしてみることに。5分ほど車を走らせて到着すると、ちょうど南東風が山に遮られ波も小さくなっている。これなら勝負になると踏み、最奥部の船溜まりに狙いを定める。潮はどんよりと澱んでいるが、常夜灯の光量が丁度いい感じ。

先ほどと同じくメバダンゴをキャスト。ヘチ際をフォールさせると、目論見どおり一投目からアタリ。キビキビとした引きを楽しみ慎重に抜き上げると、何とかキープサイズの20cmオーバー。やはり外海は荒れ過ぎているので、ここまで逃げ込んできていたのか。
P1080653-2.jpg
このサイズなら群れで居るはずと思い同じコースをトレースしてみると二投目もヒット。同じようなファイトで同じようなサイズをキャッチ。
P1080655-2.jpg
三投目も当たってきたが惜しくもバラシ。その後も手を変え品を変え攻め続けたが、急に雨が強まってきたので車へ非難。夜半から雨風が強くなるとの予報どおり、台風並みの荒れ模様になってきた。仕方なくモヤモヤした気分のまま、窮屈な車内でウトウトする。

そうこうしているうちに4時を迎えると、いきなり雨も風もピタリと止んだ。引き続き南向きの釣り場はウネリが入っているので、北向きの漁港へ大きく移動。そして筏の下やヘチ際を執拗に攻め続けると、微妙なサイズのメバルがヒット。うーん、20cmは無さそうだ。さらに同じサイズを1匹追加。
P1080659-2.jpg
いつの間にか空が白じんできたので、最初に訪れたポイントへ戻り、ラストスパート。沖に設置されたトーフ石の際を、最近ご無沙汰していたメバキャロにミートネールを組み合わせて攻める。トーフ石の角を擦るようにリトリーブしていると、グニュッとした違和感が。何だかよく分からないまま巻いているとメバルが掛かっていた。
P1080663-2.jpg
未だ遠投リグでのアタリの取り方は上達しないが、結果オーライ。数はあまり出なかったが、悪いコンディションなりの釣りが出来たので、これにて納竿。
P1080669-2.jpg
釣り男さん、ソニックさん、大荒れの天気の中お付き合いいただきありがとうございました。やっぱりジェイソンは強敵でしたね(笑)。次は大安か友引の日に男祭りを開催しましょう(爆)。


日時:
2009年2月13日(金)21:00~23:30、14日(土)04:00~07:00

釣果:
メバル18~22cm 6匹

タックル:
オリジナルロッド(ブランク:ST.CROIX 3S70ULM2)+バイオマスターMg2000PGS

ヒットルアー:
メバダンゴ、ビバ(Viva) ミートネール 2.5inch #021 シュリンプグロー
[ 2009/02/14 13:33 ] メバル | TB(0) | CM(12)

悩んだ末に出撃 

天気予報によると金曜の深夜から徐々に雨が降り始め、土曜の早朝から大荒れの見込み。金曜の晩から釣るか、それとも土曜の夕方からゆっくり出撃するか、大いに悩むところ。だが、水温や気温が下がる前に勝負をかけるべしと判断し、仕事が終わってからすぐに出発することにしました。

今回もおなじみの由良へ。21時前に到着したが、天気予報に反してかなり雨が降っている。でも風は弱いので、何とか釣りにはなりそうだ。まずは、前回メバルが釣れた捨て石ポイントへ足を運ぶ。

オリジナルロッドにバイオマスターMg2000PGSを初めてセットし、ファイヤーラインを試してみることに。自作ジグヘッドにストレンジャーのクリアカラーを装着し、ブレイクラインの少し沖にキャスト。まだ潮位が高いので、しっかりとカウントダウンさせる。

雨がパチパチと海面を叩きつける音が響く中、わずか数投でググッときた。中層をキビキビと走るのでアジのようだ。口切れに注意して抜き上げると、予想外の20cmオーバー。雨が強過ぎてデジカメを持参できなかったので、写真は車に戻ってから撮ったもの。
P1080583-2.jpg
この辺りでは一度も見たことがないサイズだ。群れが居ると判断し、針を外してすぐにキャストすると再びヒットし同様のサイズをキャッチ。よっしゃ、ここから連発だ!と思ったが、これっきりで反応が無くなってしまった。はぐれアジだったのか、群れが去ってしまったのか。

少しずつ東へ移動しながらしつこく捨て石周りを狙っていると、すぐに足下でヒット。底へ潜るこの引きはメバルのよう。でもリーダーがフロロ5ポンドなので、余裕をもってごぼう抜きする。22cmほどの良型だ。早くもレインウェアの縫い目から雨水が浸入してきたが、今が勝負所とばかりに集中力を保って攻め続ける。
P1080578-2.jpg
やはり雨量が多くても魚の活性は高いようだ。波が高くなってきたので沖のシモリは無視して、ひたすら足下の捨て石やテトラをタイトに攻め続け、20cm前後を3匹追加する。ところが、22時を過ぎてからは雨風が一段と激しくなってきたので、車へ一時避難。狭い車内でレインウェアを乾かしながら、作戦を練る。

近くの漁港へ移動するか、一気に幽霊テトラまで南下するか迷ったが、どのみちこの雨では竿出しできそうにない。私には珍しく早い時間から仮眠をとるZZZ…。いずれ雨が弱まるタイミングが訪れるだろう。

ウトウトしながらも、雨音より風音が大きくなってきたなあと気付き、時計に目をやるとちょうど1時。車の窓を開けると、雨はほとんど止んで南東風が北西寄りに変わってきている。朝マズメは大荒れのはずだから、もう今しかない。眠い目を擦りながら、再び先ほどと同じポイントへ向かう。

わずか数時間で海色がかなり濁ってきたので、ミートネールのミミズカラーをチョイス。ひたすら障害物周りを舐めるように攻めると、ピックアップ前にドカンとヒット。先ほどよりも重量感のある引きが手元に伝わってくる。
P1080586-2.jpg
23cmほどの納得サイズ。2時半ごろ干潮なので潮位がかなり下がっているが、ウネリが入ってきたせいで足下にメバルが寄ってきているようだ。その後もガンガンとあたってくる。
P1080590-2.jpg
いつも背中のブルーをうまく写すことができなかったが、これはまずまずか。瞳も美しい。その後もアジを交えながら釣れ続く。
P1080588-2.jpg
オリジナルロッドでの心地良い引きを満喫させてくれた、この日最大の25cm。前回までのバイオマスター1000とのコンビでは、手元が軽過ぎてキャスト後にブランクがバタバタと暴れてしまうような感触があったが、重量のあるバイオマスターMg2000PGSならしっくりくる。ファイヤーラインとの相性も良さそうだ。

メタルジグやプラグもいろいろ試してみたが、ウネリが強くてうまく泳がせることができなかった(腕の問題もあるが)。ジェイドにのみアジが連発。
P1080602-2.jpg
3時半ごろに反応が無くなったので、再び車に戻って仮眠を取り、朝6時から再開。テトラの隙間にメバダンゴを差し込み、リーリングせずに波に任せて泳がせていると、20cm弱のメバルがポツポツとヒット。
P1080605-2.jpg
以前から気になっていたのだが、夜中は青メバがほとんどなのに、朝マズメは金メバの方が多く釣れる。由良湾に棲息しているメバルの比率からすると、金メバはかなりマイナーなはずだが。

そうこうしているうちに7時。攻めようによってはまだ釣れそうだったが、暴風で落水しそうになってきたので納竿。雨を嫌がらず、思い切って釣行して大正解。
P1080619-2.jpg
抱卵固体はすべてリリースしたつもりでしたが、一匹だけ大きなのがクーラーに入っていました(汗)。このアジメバ達で、どんな創作料理をひねり出そうか・・・。


日時:
2009年1月30日(金)21:00 ~ 31日(土)07:00

釣果:
メバル18~25cm 15匹ほど、アジ16~22cm 20匹ほど

タックル:
オリジナルロッド(ブランク:ST.CROIX 3S70ULM2)+バイオマスターMg2000PGS

ヒットルアー:
ストレンジャー、ビバ(Viva) ミートネール 2.5inch #021 シュリンプグロー、自作ワーム、メバダンゴ、ジェイド
[ 2009/01/31 18:01 ] メバル | TB(0) | CM(16)
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。