The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最終ティラ釣行 

私のシンガポール生活もとうとう残り2日です。最初の頃は何も釣れず悶々としていましたが、5年以上滞在しているうちに何とかコンスタントに魚の姿を見れるようになりました。

P1090162-3.jpg

で、最後の釣行はお約束のティラピングということで(笑)、家の目の前へ出撃してきました。

P1090157-3.jpg

最近ちょいと食いが渋かったので、ふぁんきいさんのスプーンをヒラヒラさせてまず一匹。

P1090165-3.jpg

次にミノーで巣穴を執拗に攻め続けていると、黒ティラがたまらずアタック。

P1090167-3.jpg

緑ティラも、小柄ながらアグレッシブ。ミノーはやはり黒塗りが断トツで反応がいい。

P1090170-3.jpg

最後は、コンクリートにぶつけ続けてボロボロになったディープダイバーで釣り納め。

今年の3月から始めたティラピング。延べ50匹ぐらいキャッチしたでしょうか。縄張り意識の強いティラ達の闘争心を煽ってルアーに食いつかせるのは、マッチ・ザ・ベイトとは対極に位置する釣りなので意外と貴重な経験でした(鮎の友釣りに近い?)。今から思うと、11cm以上のビッグミノーでも釣れていたかも。

大阪に戻ってからは、生活の立ち上げでしばらく忙しい日々が続きますが、落ち着いたら綺麗な海で竿を出したいですね。皆さん、かなりご無沙汰していましたが、またよろしくお願いします。
スポンサーサイト
[ 2014/08/11 22:23 ] シンガポール釣行紀 | TB(0) | CM(4)

ティラピア追い込み 

日本は台風や大雨で大変そうですが、いかがお過ごしでしょうか。シンガポールでは、ティラピア狙いも追い込みに入って来ました。

P1080782-3.jpg

最近頻繁にスコールが降るため、穴撃ちの機会が増えています。スピニングタックルで軽いフローティングミノーを投げ込むのは慣れるまで大変。

P1080784-3.jpg

でも、きちんと奥に入れると必ずガツンとくるので楽しい。

P1090024-3.jpg

緑ティラもガツガツ追いかけてきます。金色のミノーで釣ったのは初めて。サイトフィッシングは魚との駆け引きがダイレクトなのが醍醐味ですな。

そして晴れた日はオープンエリアにて。最近は地形が変わったせいで、家のすぐ目の前がポイントになっています。

P1090011-3.jpg

ちょっと水深があるのでディープダイバーが中心ですが、反応が鈍い場合はふぁんきいさんのスプーンが威力を発揮。

P1090038-3.jpg

藻やごみに引っ掛けずにスローに巻くと、興味を示してくれます。おまけにプラグよりスレにくいような気が。

P1090036-3.jpg

狙いようによっては黒ティラも。ただ、巣穴でのリフト&フォールなのでちょいとテクが必要かも。あ、本来のスプーンの使用法ではありませんね(苦笑)。

まだあまり詳しく書けませんが、シンガポールでの釣りもいよいよ終盤です。残りの期間を悔いなく過ごさなくては。
[ 2014/07/13 19:44 ] シンガポール釣行紀 | TB(0) | CM(4)

最小記録更新? 

シンガポールは暑さのピークです。昼間の釣りはしんどいですね。というわけで、久しぶりに朝まずめと満潮が重なったので、近場へアオリ狙いで出撃してきました。

2月に訪れたときはそれなりの型が揚がったのですが、いつの間にか産卵期が終わったのか今回は新子ばかり。

P1080720-3.jpg

さっそく二投目で新子がヒット。

P1080721-3.jpg

その後も新子が続きます。

P1080724-3.jpg

最小記録更新か? 釣り上げるまで藻だと思っていた…。  

P1080684-3.jpg

日が昇った後でもやっぱり新子。

P1080687-3.jpg

軽くしゃくるだけで乗ってくるので超手軽でした。でももう少し育ってからの方が楽しいでしょうね。
[ 2014/06/08 19:48 ] シンガポール釣行紀 | TB(0) | CM(4)

ティラピング雑感 

さあ、定番のティラピア釣りに戻りましょう(爆)。

最近ブログにはアップしていませんでしたが、土日にチョロチョロと竿を出していました。そこで雑感というか軽くまとめを。

P1080695-3.jpg

やはり黒ティラには、マジックで黒く塗ったフローティングミノーとディープダイバーが最強。

P1080694-3.jpg

必殺イライラメソッドで粘り強く誘い続けると、痺れを切らしてアタックしてきます。

P1080390-2.jpg

なぜか喉にフッキングする個体が意外と多い。

P1080376-2.jpg

もちろん巣穴をピンポイントで狙うのは必須。おかげでコントロールが良くなったかも。

P1080671-3.jpg

でも、スコール後の本流増水時は用水路の中に逃げ込んでいるため、穴撃ちのテクで狙う必要あり。

P1080713-3.jpg

コンクリにぶつけて何個かルアーをお釈迦にしてしまったけど、これはこれでテクニカルで楽しい。

P1080715-3.jpg

ふぁんきいさんにいただいたスプーンにもヒット。緑ティラが群れを成して追いかけてくるので、あとはどうフッキングまで持ち込むかが課題。

P1080707-3.jpg

緑は黒よりサイズは一回り小さいものの、かなりの距離をガツガツ追いかけてきます。

P1080669-3.jpg

なんだか最近は、徐々に黒ティラの反応が鈍くなってきて、緑ティラの方が元気になってきているような・・・。そろそろ産卵期も終盤かな?

P1080661-3.jpg

以上、誰の参考にもならないティラピング情報でした(爆)。いやいや、シンガポール在住の方、近所の川で試してみてください。
[ 2014/05/25 21:23 ] シンガポール釣行紀 | TB(0) | CM(8)

またまたちょいと 

日本はGW間近ですね。メバルも最盛期でしょうか。シンガポールはティラピア一色です(爆)。もちろん私だけですが。

P1080374-2.jpg

今回もすぐ家のそばでキャスト開始。ヤル気のある黒ティラを見つけるのに時間がかかったものの、前回と同じディープダイバーで焦らし続けてヒット。

P1080368-2.jpg

中高生の頃にライギョやナマズ釣りで多用していたトップウォータークランキング(死語?)のテクが、まさかこんな所で役立つとは。そして新たなルアーで釣りたいと思い、ダイソーにて半信半疑で買ったディープダイバーをセット。意外とええ感じで動くなーと思っていると、ほどなくしてガツンとヒット。

P1080383-2.jpg

この後、ソニックさんにいただいたラパラを流木に引っ掛けてロストしてしまい(涙)、ソルトの小物釣りで実績のあるニアキスをやけくそ気味にキャスト。しょっちゅう藻が掛かって巻きにくいことこの上ないが、最後の最後に何とか一匹キャッチ。

P1080370-2.jpg

偶発的ヒットのような気もするけど、ワームとプラグ以外でも釣れることが分かり結構嬉しい。これにて満足し納竿。

黒ティラの縄張り意識は年中続くものなのか、それとも産卵期だけなのか不明ですが、まだまだ楽しめそうです。
[ 2014/04/27 13:10 ] シンガポール釣行紀 | TB(0) | CM(2)
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。