The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

懲りずにまたまた 

三連休の日本は大雨でえらいことになっていますが、皆さんご無事でしょうか。シンガポールは雨季が始まりましたが、まだまだ序盤といったところです。

さて、近場の小旅行のついでに、またまた軽く竿を出してきました。

P1070389-2.jpg

熱帯雨林の中にある見晴らしの良いロッジ。湿気はすごいけど、エアコンや温水シャワーといった最低限の設備は備わっています。

P1070313-2.jpg

ベランダからの眺め。意外と海が近いので、歩いてすぐにたどり着けそう。…ところが、この後ニシキヘビが猿をグルグル巻きに締め上げ、巣穴に引きずり込む光景を目撃してしまい(怖)、さすがに藪漕ぎして海にエントリーするのはあきらめることに。おまけに潮位が低いので釣りは翌朝までお預け。

夜が明け切った後、慎重に遊歩道を歩いて海へ。基本的に遠浅ですが、岩場には根魚が居着いている雰囲気マンマン。

P1070384-2.jpg

まずは小物チェックということで、以前ソニックさんにいただいたマイクロパワーニンフとジグヘッドのコンビで足下を探ると、早速ヒット。

P1070367-2_20130916175214e85.jpg

初釣りの時に釣れた魚と同種か。その後も飽きない程度にポロポロとヒットします。

P1070391-2.jpg

ハードルアーはどうかと思いきや、メタルバイブにもヒット。これもソニックさんからの贈り物。ええ仕事しますなあ。

次に根周りをタイトに攻めるべく、定番のスライダーグラブをテキサスリグにして遠投。底を舐めるように巻いていると、沖目でゴンッとヒット。へなちょこロッドなので根から引き剥がすのにひと苦労。

P1070375-3.jpg

23cmほどの良型。持ち帰れるなら持ち帰りたいものだ。そう言えば、久しく根魚の煮付けを食べていないな。そしてメタルジグをジャカジャカ巻きすると、初物がヒット。

P1070378-2.jpg

クロホシフエダイの仲間? キビキビと走って楽しい。さらに何気なくラパラCD-5をキャストすると、着水直後にヒット。大きさの割に跳ねまくるその正体は?

P1070398-2_20130916175135d4c.jpg

これも初物。クィーンフィッシュ(ミナミイケカツオ)の子供。先入観にとらわれず、いろいろルアーを投げると面白いですね。潮位もかなり下がってきたので、これにて終了。

雨季が本格化する前に、もっと釣り溜めしておかなくては。
スポンサーサイト
[ 2013/09/16 18:53 ] マレーシア釣行記 | TB(0) | CM(7)

雨季並みの… 

タイトルでほとんど判明していますが(笑)、久々のマレーシア釣行は大荒れの海で何も出来ませんでした。

P1050120-2.jpg

7時前に現地入り。日の出はいつものごとく美しい。

P1050123-2.jpg

そして雨季並みの濁りが入った海(涙)。シンガポールではそれほど雨は降っていなかったけどなあ。一通りルアーを投げたものの、何の生命感も感じること無く終了。


あまりにもさびしいので、別の日に行った旅行写真を。

P1050112-2.jpg

意外と日本人の多く訪れる観光名所です。世界史の授業で習った?

P1050040-2.jpg

ここでは日の出は見れなかったけど、朝もやの中の幻想的風景。

P1050085-2.jpg

今週末にリベンジしたいなあ。
[ 2013/07/21 16:50 ] マレーシア釣行記 | TB(0) | CM(6)

シンガポールでも闘魂 

日本では真夏日を記録している場所も結構あるようですね。シンガポールも夏真っ盛りです。

P1040909-2.jpg

まずは、先週末の釣果を簡単に報告。

P1040918-2.jpg

なんちゃってFシステムと激安振出しロッド。両方合わせて10ドルしないとは(笑)。安かろう悪かろうといった雰囲気マンマン。

P1040928-2.jpg

いつものポイントに到着した時は穏やかだった海も、時間が経つにつれて荒れ、ほとんど雨季と変わらない状況に。しばらくはなんちゃってFシステムで粘ったものの、表層に魚が居るとは思えなくなりジグヘッドリグへ変更。

P1040920-2.jpg

おなじみの魚(Blue Stripe Grouper)を数匹キャッチしてボーズ回避。相変わらずサイズが小さい。そのうち、足元が荒波で洗われるようになったため、3時間ほどで退散。自然相手だとなかなかうまくいかないものです。

帰りに、新しくシンガポール郊外にできた魚市場で鮮魚を物色。ここで築地から届いたシマアジを発見。値が張ったものの思い切って購入。

P1050777-2.jpg

過去のブログを振り返ると、おそらく三回目のシマアジ。皮が薄くて引き辛いけど、身がしっかりしているので意外とさばきやすかったです。

P1050782-2.jpg

久々のシマアジは、ネットリとしてモチモチとして最高。イワシや金目鯛もいたので、次回買ってみようかな。

そして、ソニックさんからのプレゼント。最近シンガポール国内の郵便事情が良くないのですが、無事届きました。

P1040932-2.jpg

ウハッ! イノキルアーって! これでようやくシンガポールでも男祭りを決行できる(爆)。他にもルアーや小物等をたくさんいただきました。ありがとうございます。次回釣行が楽しみですなあ。
[ 2013/05/15 19:31 ] マレーシア釣行記 | TB(0) | CM(4)

とうとう寿命か… 

すっかり恒例となったマレーシア釣行ですが、良型を求めて再び出撃してきました。

P1040541-2.jpg

7時過ぎに前回と同じ場所へ到着。天気はまあまあ。

P1040563-2.jpg

でも濁りはまだ残っています。

P1040555-2.jpg

とりあえずボーズ回避で小物を一匹。この後、1オンス弱のメタルジグやスピンテールジグを投げ倒し、根周りを執拗に攻めるものの、まったく反応はありません。

P1040559-2.jpg

どんどん潮が下げていったので、思い切って根の先端からキャストすることに。ところが足もとは意外と水深が無かったので、再度小物をチェックすべくスライダーワームをチョイス。一投目からコツンと当たりがあったので反射的に合わせると、バキッ!と異音が。

P1040560-2.jpg

獲物はキャッチできたけど、見事にロッドが折れました(涙)。会社の先輩に作ってもらったオリジナルロッドがマレーシアにて昇天。非常に残念ですが、4年以上よく頑張ったものだ。太陽が照りつけてきたし戦意喪失気味だったので、11時前に早々と納竿。

P1040565-2.jpg

意気揚々と釣行し好釣果を叩き出すはずが、まったく予想外の結果となりました。ニューロッドの購入やルアーの補充、ポイントの再考などやることが山積ですなあ。
[ 2013/04/20 21:48 ] マレーシア釣行記 | TB(0) | CM(2)

超小物祭り 

前回の釣りで多少手応えを掴んだマレーシア釣行ですが、朝マズメが満潮からの下げにあたる好機だったので、再び出撃してきました。

P1040497-2.jpg

今回は国境を超えた直後にどしゃ降りに見舞われ、海況はどうかなあと思っていたらやはり濁りが入っています。波は比較的穏やか。


早速日本で多用していた黄色のスライダーグラブに1/4OZのシンカーをテキサスリグでセットしてキャスト。ここはちょうど岬の突端になっていて、南側は河川から流入する濁りに侵されているものの、北側はまだマシな模様。シモリ周りをネチネチ攻めているとほどなくしてヒット。やはり正体は。

P1040510-2.jpg

その後もひたすら同サイズが連続でヒット。潮がどんどん下げていくにつれて、沖のシモリも次々と顔を出し始めますが、それに合わせてひたすらヒットが続きます。

P1040514-2.jpg

たまにこんなのも混じったりして。黒ソイに近い? 一度だけドラグを鳴らす良型がアタックしてきたものの、惜しくもフッキングならず。

P1040517-2.jpg

今回も沖の潮目で断続的にボイルが発生しますが、やはり遠い…。ちなみにアジング用のワームをキャロで遠投してみたものの、まったく反応なし。ならばと前回ヒットしたスピナーもどきをキャストすると、一投目からヒット。

P1040525-2.jpg

うーん、やっぱりあなたですか。更に沖の深場をメタルジグで狙うとこれもすぐにヒット。

P1040527-2.jpg

またですか。釣れ続けるのは面白いけど。

P1040492-2.jpg

合計20匹以上キャッチしたのですが、すべて15cm以下でした。次回は太仕掛けかつ大き目のルアーで、沖の深場のシモリ周りを根掛り覚悟でタイトに攻めてみたいと思います。
[ 2013/04/08 19:26 ] マレーシア釣行記 | TB(0) | CM(6)
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。