The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

正解写真/気楽にいこう 



先週の刺身の魚はこれでした。



P1050760.2.jpg


そうです。イシモチです。まだ小さ目ですが、刺身に出来そうなサイズが市場に入り出しました。脂の乗りは少々物足りなかったですが、さっぱり食べることができました。ホタテも旬ではないとはいえ、もちもちとして美味かったですよ。


 


さて、公約どおり3週間ぶりに由良と日高へ出撃してきました。ここ最近の不調をふっ飛ばす釣果を期待したいところですが。


 


17時前に現場入り。今日は風が強くて波が若干高い。おまけに潮も濁り気味のようだ。まずはメッキを狙うべく、無名ポッパーをキャスト。いつもは穏やかなスロープだが、今日は波風のせいでポッピングアクションがつけ辛い。


 


水面に目を凝らしながら巻いていると、5投目にバシャッとアタックしてきたもののフッキングせず。何となく活性が低そうだ。いつもならトップ一本で最後まで通すのだが、今回は着実に釣果を得たかったので、ジェイドにチェンジ。ブレイクライン沿いを高速トゥイッチして誘う。


 


そして3投目。足下でギラッと光ると同時に竿に衝撃が。魚との距離があまりないので、口切れに注意しながら浅場へと誘導する。9月になっても相変わらず元気だ。



P1050809.2.jpg
ジャスト20cmといったところか。キープするには微妙なサイズ。素早くリリースしてキャストを続ける。25cmぐらいのが釣れれば刺身確定なのだけど。


 


ところが、いつものポッパーと勝手が違うせいか、なかなかフッキングさせることが出来ない。おまけに手首が痛くなってきた。負担の少ないメタルジグへチェンジしよう。シラスフックを付けた月下美人プリズナーを大遠投する。そして超早巻きで水面を滑らせる。


 


無理にアクションを入れなくても釣れそうだなーと思っていると、予想通り沖目でヒット。グイグイ走るメッキの引きを堪能しながら寄せてくると、またまたリリースサイズ。



P1050812.2.jpg
その後もピッコロやシラスミノーに変えながら粘り、合計8匹キャッチ。18時半を過ぎ、とっぷりと日が暮れてきた。もともと秋アオリを狙うつもりだったが、あまりにも風が強いのでチヌ狙いに変更。前から目を付けていた流れ込みへと移動する。


 


クラッピーグラブのテキサスリグをセットし、遠浅のポイントをくまなく攻める。所々で牡蠣殻にラインが巻かれて苦戦するが、何とか根掛かりを回避しながら誘う。そうするうちに10mほど沖でゴンッとヒット。うーん、チヌじゃないなあ。



P1050817.2.jpg
夏場にしては良型のガシラ。その後もポツポツとアタリが来るのだけれど、明らかにガシラではない。ついばむような感触だけどチヌなのか? 1年以上チヌの顔を見ていないので、どんなアタリか忘れてしまった。


 


中だるみを打開すべく、日高まで南下して別の流れ込みを攻めることに。パワーインチホッグに変えてみたものの、やはりガシラがヒットするのみ。昼間は50cmオーバーのチヌがボォーと浮かんでいるのが見えるのだが、どうやれば釣れるのだろう?



P1050825.2.jpg
残り時間も少なくなってきたので、最後に振られ続けているアジを狙おうとライトタックルに持ち替える。水深のありそうな波止の先端を選んで、ロッキースラッグをキャスト。サバの姿は消えたようだが、コツコツと散発でアタリがくる。かなり小さそうだなと思ったがやはり…。



P1050827.2.jpg
ことごとく豆アジ。みんな今年生まれたばかりと言った雰囲気だ。アジ2.0とでも呼ぼうか。


 


その後もジプシーのごとくさまよったが、目立った釣果が得られないまま終了。昨年のブログを見ていると、9月は良型アジが結構釣れていたのですが、やはり今年は高水温のせいで大苦戦。しばらくは気楽にメッキとアオリの新子を狙った方が良さそうです。


 


 



日時:


2007年9月8日(土) 17:00~24:00



釣果:


メッキ 1820cm 8


ガシラ 1621cm 3


アジ 1012cm 10


 


 


タックル:


ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000


ファメロVF-W68+エンブレムS2000iA


 


ヒットルアー:


ジェイド、ロッキースラッグ、クラッピーグラブ、ピッコロ、シラスミノー、ダイワ(Daiwa) 月下美人 プリズナー1.5 PHピンクイワシバークレー TSパワーインチホッグ 1.5 Watermelon

スポンサーサイト
[ 2007/09/09 12:07 ] メッキ | TB(0) | CM(10)

反省しきり 



先週の釣果に納得がいかなかったので、急遽有休を取ってリベンジに出撃してきました。


 


すっかり恒例となった由良の小さな漁港へ降り立ち、先週メッキの釣れたスロープから始めることに。16時半を過ぎたところだが、まだまだ太陽が照りつけていて暑い。海面はおだやかで、ポッパーを引くのに好都合だ。


 


早速ブレイクライン沿いにキャストし、リズミカルにポッピングのアクションを加えると、後ろを追いかけてくるのが見える。3投目に、ややスピードを落として喰わせるタイミングを入れるとガツンとヒット。先週より引くなあと思いながら足下まで寄せてくると、今の時期にしては意外と良型の20cm。



P1050746.2.jpg
明るい時間帯のトップウォーターはやっぱり楽しい。その後は先週と同様のスモールサイズを2匹追加。ひとしきり遊んで満足したので、次の釣り場へ向かうことにしよう。車を10分ほど走らせ、足場の高い捨て石場に到着。


 


先週、15cm前後の木っ端グレが群れていたので、駄目もとで狙ってみよう。久々にタックルボックスからサンドワームを取り出し、自作ジグヘッドにセットする。そして海面を見ると、…何も居ない。いきなり意気消沈の展開だが、とりあえず捨て石の際に打ち込んでいく。



P1050752.2.jpg
そして数投目に元気なガシラがヒット。物陰からワームに襲いかかる姿は、何となく獣を彷彿とさせる。その後もリリースサイズをポツポツと釣り上げていく。もちろん、夏の外道の定番もゴツゴツとワームを齧ってくる。ベラサンドに出来るような大きさじゃないけど。



P1050749.2.jpg
18時前からは、カマスの釣れる波止でスタンバイ。エサ師にはすでにポツポツ掛かっているようだ。まだ明るいのでメタルジグで低層を探ることにする。リフト&フォールでアクションをチェックしていると、数投目にゴゴンと青物っぽいアタリが。期待と疑念を胸に抱きながら巻いてくると、最近お馴染みのサバがぶるぶる震えながら上がってきた。


 


その後もサバだけで、カマスからのコンタクトは無し。周りも釣れなくなったみたいだし、思い切って別の波止へ移動しよう。ひょっとしたら群れが回ってきているかも。ピークタイムを逃さないように急いで車で移動する。


 


ここからヘッポコ嫁も参戦。とりあえずシラスミノーを付けて渡すと、いきなり25cm前後のカマスがヒット。やっぱり群れが入ってきているのか。早く針を外して、追加を狙わなくては。


 


ところが、すぐそばでカマスを横取りしようと居座っていた野良猫の視線というかプレッシャーに圧倒されてしまい、針を外した拍子にボチャンと海へ落としてしまった。うわー、大事な塩焼きが・・・。


 


これで運が尽きてしまったのか、その後はカマスの姿が見られなかった。漆黒の海にミノーやメタルジグを投げ続けても、サバすらアタックしてこない。地元の人に話を聞くと、カマスはやはり朝マズメの方がまとめ釣りできるようだ。夜討ち朝駆けでチャレンジするのも悪くないかも。


 


次に、先週イワシの釣れた漁港に移動。例の小物リグを使い、フッキング激難のイワシを狙う。筏の際に打ち込みフォールで反応をうかがうと、1投目からコツコツとアタリが来るがやはり乗らない。うーん、他に手は無いのか。手持ちのジグヘッドの中で一番小さいのは0.5g…。飛距離は必要ないので何とかなるだろう。


 


この極小ジグヘッドに、半分に切ったスクリューテールグラブを付け、ふんわりとキャスト。普段使用している1.0gとはまるで使用感が違う。ラインを張りながらフォールさせていると、ククッと竿先に反応が。


 


優しく合わせを入れると、プルプルと小物の引きが伝わってきた。イワシかなーと軽く期待しながら寄せてくると、その正体はマイクロアジ。うーん、この大きさなら20匹120円で魚屋で売っているぞ。



P1050753.2.jpg
今度はテトラ際にキャストし、軽くシェイクしながら巻いてみると、ガツンと荒々しいアタリ。あー、サバを避けることができるワームはないものか。もし発明したらノーベル賞モノかも。



P1050756.2.jpg
その後はアジサバのオンパレード。今晩はイワシの群れが入っていないのかな。気分一新、最近アジが好調という泉南まで移動しよう。海水浴帰りの車で渋滞する国道を、眠気を抑えながらゆっくり北上する。


 


ところが、今回も悲劇が待ち受けていた。漁港近くの小道を走っているとゴン!という異音とともに車に衝撃が走り、ハンドルがガタガタと揺れて…。ああ、やってしもうた…。



P1050759.2.jpg
生涯三度目のパンク。真夜中に、街灯の下でスペアタイアに取り替えるのは虚しい(涙)。それでも、大汗をかきながら何とか遂行し終えた。もちろんこの時点で釣りは終了。唐突過ぎるエンディングに茫然自失。


 


 


先週や今週のトラブルとは直接関係ないのですが、思い返してみると、ここ最近は釣り以外の事を軽視していました。調和を乱していたというか、独断専行に過ぎたというか・・・。ある意味天罰だったのかも知れません。しばらくは反省の日々を過ごすつもりです。


 


日時:


2007年8月17日(金)16:30~24:00



釣果(二人合わせて):


メッキ 1420cm 3


カマス25cm 1匹


サバ 2022cm 20匹以上


ガシラ1618cm 3


アジ 1012cm 6匹


ベラ 1418cm 3匹


 


 


タックル:


ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000


ファメロVF-W68+エンブレムS2000iA


 


ヒットルアー:


シラスミノー、ピッコロ、ロッキースラッグ、オフト(OFT) スーパーグロースクリューテールグラブ 1.5インチ GF821 グローオレンジバークレー ガルプ! サンドワーム 4インチ アオイソメ・ゴカイタイプ ナチュラル

[ 2007/08/19 00:29 ] メッキ | TB(0) | CM(8)

今週も 

さあ週末。大潮だし釣果は約束されたようなもの。海が俺を待ってるぜ!


 


・・・また雨やんけ。木曜は御坊で床上浸水した所もあったらしい。台風が来ないかわりに、雨雲が毎週末狙い撃ちしてくる。最近クリアな潮で釣ったことないぞ。


 


いろいろ悩んだ末、とりあえずメッキの有無をチェックするために、高速を使って御坊まで南下。適度な濁りならかえって好都合だろう。


 


やってきました日高港。時刻は午後4時。チヌ師やサビキ釣りの家族が竿を出しているが、かなりまったりとした雰囲気。確かに今日は真夏の陽気だ。30度は確実に超えている。


 


メッキの着き場と思しきテトラへ向かう。やっぱり水潮。念のためと思い、ポッパーやメタルジグを投げてみたが、まったく反応がない。まだ時期が早いのかなあ。


 


その後、塩屋浜、煙樹カ浜、産湯海岸を経て、比井までひと通りチェックしたが10cm以下の子供が数回追っかけてきたのみ。うーん、やつらはどこに居るのだ?


 


ここで釣友のT氏からTELあり。今さっき広川ICを降りたとのこと。由良の漁港で落ち合おうと返事する。そして、漁港の駐車場で合流。かなり日が傾いてきたので、世間話もそこそこにスロープへと急ぐ。


 


まずシンキングのクリアポッパーをキャストすると、居ました居ました。背びれを水面に覗かせながら追ってくるぞ。さらにキャストを繰り返すと、バシャッとヒット。小さいが良く走る。


 IMGA0165


釣り上げると20cmには届かないサイズ。ここでタックルセットを完了したT氏も到着。2人で四方八方を引き倒す。


 


辺りは薄暗くなってきたが、まだまだメッキは好反応。ただ、ルアーが見えなくなってきたのか。見当違いの所でバシャと出てくる。うーん。もっと落ち着いて捕食してくれ。


 IMGA0174.jpg


何とかタイムアップ前に2匹目を追加。今日はこれぐらいで勘弁しといたろか。


 


本格的に暗くなってきたのでワームのテキサスリグを装着し、ブレイクラインを攻めてみる。程なくして小ガシラキャッチ。


 


たまたまT氏が、先週私が26cmのガシラを釣ったポイントの前にいたので、同じポイントを攻めるように提案する。同じ立ち位置で同じコースをトレースすると、・・・おっとホンマに掛かったぞ。横で見ていても、引きに重量感があるのが分かる。


 IMGA0179.jpg


あごを掴んでバスキャッチするとなかなかのサイズ。25cmぐらいか。やっぱりガシラが居付きやすい地形ってあるんだなあと実感。


 


ひととおり満足して、次はアオリ狙いだ。波止の沖向きに移動する。


 


しかし今日のコンディションは厳しい。波、風、濁りの三重苦の中でアオリの姿を見るのは至難の業。小一時間で切り上げ、最近定番となったアジングへと変更。


 


またまたやってきました例の地磯。しっかし、潮位が高いせいで途中が水没している。仕方なく、メバキャロをセットして遠投。そんな様子を尻目にT氏がジャブジャブと入水していく。さすがだ。


 


すると、すかさず良型のアジをキャッチされた。こりゃ私も渡るしかないな。でも、着替えはないしズボンは濡らしたくないし・・・。よし。意を決して靴と靴下とズボンと脱ぎ捨て、変質者のような格好で渡礁することにした。すぐ後ろの駐車場で家族連れがバーベキューを楽しんでいるが、夜だから気にしない気にしない。


 


海を渡りポイントに辿り着くとものすごい突風。雲の流れる速さが半端じゃない。1名分のポイントしかないので、いったんT氏にポイントを交代していただき、シモリ際を目掛けてキャスト。


 


カウント6程度でスローリトリーブを開始すると、さっそく穂先を押さえ込むようなアタリが。


軽く聞き合わせすると、ギュイーンとアジの引きが伝わってきた。1投目から釣れるなんて最高だ。しばしファイトを満喫してからズリ上げると美味しそうなサイズ。


 IMGA0182.jpg


再びT氏にポイントに入っていただき、その様子を見ていると・・・あら根掛かりだ。また私がポイントに入ってキャスト。


 


今度はやや上層を引いてみると、プルプルとアタリがきた。おいおい一投必中だぜと自惚れながら、抜き上げると丸い腹が・・・。久々のクサフグ。二人で大笑い。


 


だが、その後は2人とも根掛かりの嵐に見舞われ、1匹ずつのみで終了。最近のアジはスレるのが早いようだ。肩を落としながら、パンツ姿で岸へと戻った。


 


次の漁港では、ネンブツダイが挨拶してくれたのみ。これで変則五目釣り達成だっ!なんて全然嬉しくないぞ。まだまだ潮が高いのに、ここでも根掛かり多発。


 


最後の切り札にと、一気に箕島漁港まで北上しラストスパートをかけたが、まったく相手にされず。2週連続の貧果に終わってしまいました。ブログ存続の危機か?


 


 


日時:


2006年9月9日(土) 16:00~24:00



 


釣果:


メッキ18cm 2


アジ22cm 1


ガシラ1618cm 2


その他、クサフグやネンブツダイ


 


タックル:


マジスティック702UL+エンブレムS2000iA


ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000


 


ヒットルアー:


無名のシンキングポッパー、クラッピーグラブ、ネジワーム、サンドワーム、じゃこまろ

[ 2006/09/10 11:40 ] メッキ | TB(0) | CM(0)
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。