The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

爆風でした 

三連休はいかがお過ごしでしょうか。かなり海が荒れているとの予報でしたが、日曜の午後から時間が空いたので中紀へ軽く出撃してきました。

15時過ぎにいつもの波止へ到着。雨が断続的に降っているせいか、釣り人は思ったほど多くない。まだ明るくてタチウオの時合まで時間があるので、エギングで様子を見る。

水色はクリアだけど餌木を触ると冷たい。かなり水温が下がったようだ。先行していたエギンガーに話を聞いたが、まったくアタリはないとのこと。日中エギングの苦手な私にも当然アタリは来ない。先輩に製作してもらったオリジナルロッドを投入しているものの、このコンディションではいかんともしがたい。

そうこうしているうちに17時を過ぎて薄暗くなってきた。そろそろタチウオが回って来るかもと思い、エギングロッドのままワームにチェンジ。正面に投げて回遊を待つ。先週二匹釣って機嫌の良い嫁もスタンバイ。

ひたすらスローに巻いていると、17時半を過ぎてからようやくココッとアタリが出始めた。ところがフッキングまで至らないので、エンペで更にスローに誘うと一投目でヒット。

P1090312-3.jpg

指三本強のアベレージサイズ。一応これでエギングロッドに入魂完了か? この後も同様に超スローリトリーブで二匹目をキャッチしたが、やはり10分で時合は終了してしまい、おまけに雨も降ってきたので車に避難。

次に先週と同じく湾奥のアジングポイントへ。まずは生体反応を調べるということで、ベビーサーディンをセットしてちょい投げするといきなりヒット。再び良型アジ?

P1090314-3.jpg

と思ったものの、さすがに三週連続でアジというわけにはいかなかった…。この後は、厳かにジャックナカムラのツクツクムーブで常夜灯の効いた足もとを探る。すると頻繁に反応があって大忙し。フグに齧られるわタチウオにスパッと切られるわで、集魚効果の大きさを思い知らされる。スリットの入った長いテールが様々な魚を誘うようだ。

でもまったくフッキングできなかったので、泣く泣くムイムイにチェンジ。こちらは対照的に穏やかな動きで誘う感じ。底付近で粘り強く反応をうかがっていると、ようやくゴツンとアタリ。

P1090318-3.jpg

小さ目のガシラでホッと一息。ナカムラさんも喜んでいるかなあ…。20時を過ぎ、爆風と雨が激しくなってきたので納竿。あまりのシビアなコンディションに人も魚も活性が低かったですが、最低限の結果は出したといったところでしょうか。次はしっかりアジを釣りたいですね。
スポンサーサイト
[ 2014/11/03 14:26 ] タチウオ | TB(0) | CM(3)

予想に反して 

木枯らし一号の声も聞こえ、朝起きるのが辛くなってきたnuemiです(笑)。深夜に釣るのも楽しいですが、たまには比較的暖かい夕まずめに狙うのもいいかなと考え、土曜の午後に出撃してきました。

気合いが入り過ぎていたのか、定番の湾奥へ到着したのが13時前。嫁が禁断?のサビキを繰り出してアジを狙うものの、数時間やってもベラ一匹のみ。

P1090286-3.jpg

ワームやミノーでカマスを狙う私も、ベラとフグに遊ばれてばかり。その後も餌木にチェンジしたりとゆるゆる釣っていたら、いつの間にか辺りが薄暗くなってきた。地元の釣り師も徐々に集まってきたので、そろそろタチウオの時合か?

そして17時35分に、引き釣りのおじさんにタチウオがヒット。気持ちを落ち着かせながらワームをスローに巻いていると、足元付近でガツンときた。意外と抵抗するのでランティングに戸惑ったけど、指三本強のナイスサイズをキャッチ。

P1090295-3.jpg

そしてカマスタックルで果敢に挑んでいた嫁にもヒット。リーダーを切られるかもとヒヤヒヤしたが、何とかずり上げることができた。初タチウオに気を良くしたのか、すぐに二本目もヒット。今日は爆釣の日か?

P1090296-3.jpg

と思っていたら、あっという間に反応が無くなってしまった。わずか10分の出来事。水深が浅く、常夜灯も無いポイントなので、一瞬だけ群れが回遊してきたのだろう。地元釣り師が続々と帰るのを見て、私たちも撤収。

そして夕食後に軽くアジング。ソニックさんにいただいたラグゼコーストラインAJで先週と同じ最奥部を攻める。私には分不相応な高価なロッドだなと思いながらサンドワームをキャストし、フォールで反応をうかがっていると一投目でヒット。

P1090300-3.jpg

先週と同じく23cmでいきなり入魂完了。アタリは取りやすいしファイト感もなかなか。今晩こそ数釣りを!と思ったが、やはり後続の反応が無い。たまに水面直下でタチウオがギラッと光るのが見えるので、アジは底に沈んでいるのか?

P1090303-3.jpg

で、しつこく底ベタで誘っているとチャリコ。帰国してから二匹目。ロッドの感度の良さのおかげか、引きがアジと違うとすぐに分かった。ただ、長時間釣っているせいかどっと疲れが出てきて、おまけに気温が急激に下がってきたので21時前に納竿。

P1090307-3.jpg

やはりダラダラするより、まずめ時に集中して釣るのが大事でしょうね。アジは刺身、タチウオは刺身、カルパッチョ、天ぷらで美味しくいただきました。これから徐々にアジング主体にシフトして行こうかな。
[ 2014/10/26 20:55 ] タチウオ | TB(0) | CM(3)

濁り強し 

すでに寒さが身にしみて、早朝の釣りが厳しくなってきたnuemiです。週末に再び台風がやって来るということで、金曜の晩からいつもの中紀へ出撃してきました。

まずは生体反応を確認するということで、ライトタックルにサンドワームをセット。すると2投目でタチウオがヒット。

P1090251-3.jpg

3ポンドラインなのでヒヤヒヤしながらごぼう抜き。沖目に濁りが迫ってきているせいか、ベイトを含め足もとに集結しているようだ。釣り男さんと合流した後も、ミノーで近場を中心に攻めていると、再び目の前でヒット。

P1090253-3.jpg

バイトシーンが丸見えでなかなかエキサイティング。釣り男さんも同サイズをキャッチし、さあこれから!と思ったものの、濁りで波止全体が埋め尽くされてしまい、急に反応が無くなってしまった。

P1090254-3.jpg

スロープでのガシラも活性が低い。いつものテキサスリグでも苦戦。

P1090255-3.jpg

おまけにコチまで参上し、良く分からない雰囲気に。ここで釣り男さんと一緒に大きく移動。水深のある波止でライズを発見し、しつこくワームを投げていると。

P1090256-3.jpg

カマスがヒット。追っているベイトがかなり小さいが、ミノーやブレードをローテーションしてポロポロと追加。

P1090257-3.jpg

朝まずめまで粘り、なんとか4匹キャッチして終了。ライズやボイルが見えるのに釣れないというのは、ストレスが溜まりますねえ。また釣り男さんと対策を立てなくては…。
[ 2014/10/12 13:54 ] タチウオ | TB(0) | CM(3)

釣り男さんと男祭り 

台風が近づいていて不穏な空気が流れていますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、前回の男祭りでは合流できなかった釣り男さんと、中紀でノンビリと竿を出してきました。まずはアナゴを釣りたいなあと思い、反則技?でサンマの切り身を投入。すると釣れる釣れる!

P1090235-3.jpg

ゴンズイが(爆)。5匹を超えてから数え切れなくなり強制終了。その後釣り男さんと合流するものの、男祭りらしい爆風で思うように攻めることができず。

P1090238-3.jpg

そんな中、嫁がスロープでお約束のガシラをキャッチ。リリースサイズを釣るのは相変わらず上手い。

P1090240-3.jpg

そして釣り男さんがアナゴ(マアナゴじゃないけど)をキャッチ。

P1090242-3.jpg

私は臭いアジリンガーでキンギョを捕獲するのが精いっぱい。アジは居ないのか・・・。タチウオ狙いにチェンジ。マリアナミノーを投げると何度かコツコツと当たってくるが、うまくフッキングしない。そこで往年のエンペにチェンジし、超スローに巻いているとようやくガツンとヒット。

P1090245-3.jpg

その後もメタルジグなどに反応があるが、とにかく渋い。まったくフッキングできないまま時間が過ぎていく。

P1090248-3.jpg

夜中になって、嫁が久しぶりに23cmのキープサイズのガシラをキャッチ。一方で釣り男さんは、アナゴに続きアオリ二杯とヒラセイゴとタチウオをキャッチ。

P1090249-3.jpg

40cm弱でも磯の王者の風格。結局朝まで粘ってしまい、ヘロヘロになって納竿。

というわけで、男祭りらしい荒天のなか、ゆるりと楽しむことができました。釣り男さん、遠くまでお越しいただきありがとうございました。また行きましょう。
[ 2014/10/04 20:30 ] タチウオ | TB(0) | CM(4)

水温低下につき 

最近めっきり寒くなったなあと感じているnuemiです。

常夏の国で過ごした期間が長過ぎたせいか、朝晩の低気温は相当堪えます。このままでは、真冬には釣りはできなくなるかもということで、金曜の仕事後に無理やり中紀へ出撃してきました。

21時半ごろに先週と同じスロープに到着。ところが水は若干濁り気味で嫌な予感。スライダーグラブでしばらく攻めても反応はなく、いろいろワームを取り替えてみる。気温だけでなく水温も下がっているようだ。

しばらく試行錯誤した後、嫁が攻めていたスロープの切れ目の一角のみでアタリが来ることを発見。ショートバイトに悩まされながらも、何とかリリースサイズのガシラをキャッチ。

P1090196-3.jpg

次に常夜灯の照らす波止へ移動。アジングしようかなと水面に目を凝らしていると、ギラッとしたきらめきが…。即タチウオ狙いにチェンジ。メッキ用のミノーやメタルジグを手当たり次第に投げてみる。ところが海は沈黙したままで、時たまギラッと光るのみ。灯りが強過ぎて見切られているようだ。

それでもジェイドSWにだけ興味を示すことが分かり、ひたすらトゥイッチとジャークで誘い続けていると、最後の最後にやっとフッキング。

P1090199-3.jpg

指三本強の食べごろサイズ。その後も単発で反応があったがうまく乗せることができず、いったん車に戻って仮眠。そして翌朝はスロープに戻ってメッキを狙ってみると。

P1090201-3.jpg

チャリコにて終了(笑)。ちょいと寂しい釣果だったので、漁港の朝市でワニゴチとアオリを調達。

P1090205-3.jpg

やはり日本の魚は身が締まっていて美味しいですね。寒さを克服できれば、厳寒期でも食味を求めて竿を出すのですが。
[ 2014/09/20 20:49 ] タチウオ | TB(0) | CM(5)
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。