The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

異国の地で2 

この前の思い出話の続きです。





徐々に本領を発揮し始めた中年Aは、アパート近くにある湖での釣りに飽き足らなくなり、はるか彼方のメキシコ湾まで遠征しようと思い立った。本来はソルトウォーター用のタックルを揃えるべきだが、如何せん趣味につぎ込むお金が無い。仕方ない、ベイトリールとバスロッドはそのまま流用し、海用のルアーを買い足すことにしよう。


 


例の釣り具屋に走り、安いミノーやワームを調達して一応は準備完了。何事も大雑把なUSAなので、人だけでなく魚もちゃらんぽらんなら、私の投げるルアーにも反応してくれそうだが・・・。念のため本屋で釣り雑誌を立ち読みすると、ストライパーやスヌークなどの大物が釣れるというポイントが載っていたので、地図を見ながらひたすら乾いたフリーウェイを南下して行くことにした。


 

スポンサーサイト
[ 2006/09/01 22:17 ] 海外釣行記 | TB(0) | CM(2)

ルアー紹介でも・・・3 

今晩は、小物狙い用のハードルアーをちょっとばっかし紹介します。


 


ラグゼミノー


IMGA0112
いきなり何だこのミノーは?と言われてしまいそうだが、10年近く活躍し続けている老兵。無駄に激しいウォブリングがホイルベースのボディと相まって、日中に抜群の集魚効果を発揮する。飛距離に不満があったのでリップに糸オモリを巻いてみたら、さらに暴れるようになった。太目のボディーゆえフッキングに難ありだが、カマスやメッキの有無をチェックするのに重宝する。先日は、キビナゴらしきベイトを追っているタチウオがヒットしたし、ゴロタ浜ではガシラも好反応を示す。要はどの魚にとっても魅力的なルアーということでしょう。


 


シラスミノー


IMGA0109
次は一転しておとなしいミノーを紹介。まだ半年ほどしか使用していないが、やる気のなさそうな緩慢な動きが、スレたメバルやカマスにちょうど良い。意外と沈下スピードが速いので、辛抱してカウントダウンすれば根回りに居ついた大型メバルもヒットするかも。でも、根掛りが怖くて結局ワームにチェンジしてしまうのだろうな。


 


ラトリンラップ


IMGA0110
私にとって、夜明け前のカマス釣りに欠かせない逸品。3時ごろから四方八方に投げまくり、ジャラジャラとラトル音を鳴らして、カマスを目覚めさせる。基本的に日が昇ればお役御免だが、濁りのきつい日などミノーで反応が悪い日は残業してもらう。リフト&フォールなどを駆使してメバルも狙っているが、いまだ成果なし。


 


シラスジグ


IMGA0113
シルバーとゴールドを持っているが、常夜灯の色に合わせて使い分ける。灯かりが白系ならシルバーで、オレンジ系ならゴールドで。過去の経験からいくと、オレンジ系の灯かりにはやる気マンマンの魚が集まるようで、フォールのみでカマス、アジ、ムツ、ガシラ、カニ?を釣りまくった日がある。もちろん、水面を滑らせてメッキをお祭り状態にすることも可能。


 


週末は雨の影響が残りそうですね。キビレ狙いを軸に釣行しようかと思案中です。

[ 2006/09/01 00:34 ] ルアー紹介 | TB(1) | CM(1)
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。