The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!
月別アーカイブ  [ 2006年09月 ] 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今週も 

さあ週末。大潮だし釣果は約束されたようなもの。海が俺を待ってるぜ!


 


・・・また雨やんけ。木曜は御坊で床上浸水した所もあったらしい。台風が来ないかわりに、雨雲が毎週末狙い撃ちしてくる。最近クリアな潮で釣ったことないぞ。


 


いろいろ悩んだ末、とりあえずメッキの有無をチェックするために、高速を使って御坊まで南下。適度な濁りならかえって好都合だろう。


 


やってきました日高港。時刻は午後4時。チヌ師やサビキ釣りの家族が竿を出しているが、かなりまったりとした雰囲気。確かに今日は真夏の陽気だ。30度は確実に超えている。


 


メッキの着き場と思しきテトラへ向かう。やっぱり水潮。念のためと思い、ポッパーやメタルジグを投げてみたが、まったく反応がない。まだ時期が早いのかなあ。


 


その後、塩屋浜、煙樹カ浜、産湯海岸を経て、比井までひと通りチェックしたが10cm以下の子供が数回追っかけてきたのみ。うーん、やつらはどこに居るのだ?


 


ここで釣友のT氏からTELあり。今さっき広川ICを降りたとのこと。由良の漁港で落ち合おうと返事する。そして、漁港の駐車場で合流。かなり日が傾いてきたので、世間話もそこそこにスロープへと急ぐ。


 


まずシンキングのクリアポッパーをキャストすると、居ました居ました。背びれを水面に覗かせながら追ってくるぞ。さらにキャストを繰り返すと、バシャッとヒット。小さいが良く走る。


 IMGA0165


釣り上げると20cmには届かないサイズ。ここでタックルセットを完了したT氏も到着。2人で四方八方を引き倒す。


 


辺りは薄暗くなってきたが、まだまだメッキは好反応。ただ、ルアーが見えなくなってきたのか。見当違いの所でバシャと出てくる。うーん。もっと落ち着いて捕食してくれ。


 IMGA0174.jpg


何とかタイムアップ前に2匹目を追加。今日はこれぐらいで勘弁しといたろか。


 


本格的に暗くなってきたのでワームのテキサスリグを装着し、ブレイクラインを攻めてみる。程なくして小ガシラキャッチ。


 


たまたまT氏が、先週私が26cmのガシラを釣ったポイントの前にいたので、同じポイントを攻めるように提案する。同じ立ち位置で同じコースをトレースすると、・・・おっとホンマに掛かったぞ。横で見ていても、引きに重量感があるのが分かる。


 IMGA0179.jpg


あごを掴んでバスキャッチするとなかなかのサイズ。25cmぐらいか。やっぱりガシラが居付きやすい地形ってあるんだなあと実感。


 


ひととおり満足して、次はアオリ狙いだ。波止の沖向きに移動する。


 


しかし今日のコンディションは厳しい。波、風、濁りの三重苦の中でアオリの姿を見るのは至難の業。小一時間で切り上げ、最近定番となったアジングへと変更。


 


またまたやってきました例の地磯。しっかし、潮位が高いせいで途中が水没している。仕方なく、メバキャロをセットして遠投。そんな様子を尻目にT氏がジャブジャブと入水していく。さすがだ。


 


すると、すかさず良型のアジをキャッチされた。こりゃ私も渡るしかないな。でも、着替えはないしズボンは濡らしたくないし・・・。よし。意を決して靴と靴下とズボンと脱ぎ捨て、変質者のような格好で渡礁することにした。すぐ後ろの駐車場で家族連れがバーベキューを楽しんでいるが、夜だから気にしない気にしない。


 


海を渡りポイントに辿り着くとものすごい突風。雲の流れる速さが半端じゃない。1名分のポイントしかないので、いったんT氏にポイントを交代していただき、シモリ際を目掛けてキャスト。


 


カウント6程度でスローリトリーブを開始すると、さっそく穂先を押さえ込むようなアタリが。


軽く聞き合わせすると、ギュイーンとアジの引きが伝わってきた。1投目から釣れるなんて最高だ。しばしファイトを満喫してからズリ上げると美味しそうなサイズ。


 IMGA0182.jpg


再びT氏にポイントに入っていただき、その様子を見ていると・・・あら根掛かりだ。また私がポイントに入ってキャスト。


 


今度はやや上層を引いてみると、プルプルとアタリがきた。おいおい一投必中だぜと自惚れながら、抜き上げると丸い腹が・・・。久々のクサフグ。二人で大笑い。


 


だが、その後は2人とも根掛かりの嵐に見舞われ、1匹ずつのみで終了。最近のアジはスレるのが早いようだ。肩を落としながら、パンツ姿で岸へと戻った。


 


次の漁港では、ネンブツダイが挨拶してくれたのみ。これで変則五目釣り達成だっ!なんて全然嬉しくないぞ。まだまだ潮が高いのに、ここでも根掛かり多発。


 


最後の切り札にと、一気に箕島漁港まで北上しラストスパートをかけたが、まったく相手にされず。2週連続の貧果に終わってしまいました。ブログ存続の危機か?


 


 


日時:


2006年9月9日(土) 16:00~24:00



 


釣果:


メッキ18cm 2


アジ22cm 1


ガシラ1618cm 2


その他、クサフグやネンブツダイ


 


タックル:


マジスティック702UL+エンブレムS2000iA


ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000


 


ヒットルアー:


無名のシンキングポッパー、クラッピーグラブ、ネジワーム、サンドワーム、じゃこまろ

スポンサーサイト
[ 2006/09/10 11:40 ] メッキ | TB(0) | CM(0)
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。