The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ネタ不足につき 

最近、まともな釣果が得られていないわ、魚料理ばかりアップしてマンネリ気味だわで、かなり追い詰められた状況のnuemiです。


というわけで、久々の異国話シリーズ(補足編)。今まで紹介していなかった魚画像をアップ。


P1050154.2.jpg


グルーパーの一種。クエ子かハタ子といったところでしょうか。ゴロタ浜をズリズリ攻めていると、飽きない程度に釣れました。もう少し大きかったら煮付けにしたのですが。スーパーでも結構な値段で売っていました。


P1050155.2.jpg
これはセロマッカレル(≒サワラ)。大きさの割りにはビュンビュン走る楽しいやつです。何度か生で食べましたが、アニサキスがヒットしなくてホント良かった・・・。


他にもコチ、イシモチ、メッキの近似種を釣っていたものの、残念ながら画像は行方不明。思い出は時が経つにつれて美化されると言いますが、あのイージーな釣りが懐かしいです。週末の和歌山でも、これぐらい楽しく釣れればストレス発散できるのですが。

スポンサーサイト
[ 2007/05/30 23:20 ] 海外釣行記 | TB(0) | CM(9)

鯛料理二連発 

皆さん、行楽日和の土日はいかがお過ごしでしたか? nuemiは、再び自宅にこもって悶々としていました。釣りに行ってもあんまり釣れないから、あえて釣行を回避したのでは?という疑惑の声も上がっていますが、まあ、それに対してはノーコメントということで。


P1050123.2.jpg
前回のクロソイに引き続き、今回も魚料理でご勘弁ください。久しぶりに鯛を買ってきました。尺前後の真鯛を2匹。いつもは生で食べるのですが、今回は鯛めしとアクアパッツァを試してみました。


まずは土曜日の鯛めし by ヘッポコ嫁。鯛はうろこ、内臓、エラを取ってから軽くグリルで焼いておきます。そして、米と一緒にだし汁で15分ほど弱火で炊き、10分むらせば出来上がり。土鍋で作れば何となくそれっぽい雰囲気になるもんです。


P1050128.2.jpg
うん、これは実に日本的。あっさりとしていくらでも食べれそう。料亭で最後の〆に食べるような味と言ったら誉めすぎか。


日曜日はアクアパッツァ by nuemi。鯛の表面に塩を振りかけ、腹の中に乾燥パセリ、タイム、バジルを詰め、オリーブオイルで両面をさっと焼きます。それから、プチトマト、あさりをぶち込み、白ワインをドバッと注ぎ込みます。2,3分後、ブイヨンを溶かした水を加えて煮立てれば完了。あっと、緑色の葉っぱは、自家製オレガノ、ミント、イタリアンパセリです。香り付けに最後に加えました。


P1050129.2.jpg
ブイヨンの威力恐るべし。適当に具材を放り込んだだけなのに、まるでレストランの料理みたいな味になりました。これからも他の白身魚で何度も作ってみたいですね。


ああ・・・、それでもやっぱり釣りに行きたい。来週こそ!会社の先輩と釣行する予定です。


 

[ 2007/05/27 21:45 ] 料理 | TB(1) | CM(9)

釣れないなら買おう 

たまたま会社で携帯を見たら、1件メールが入っていました。


 


「刺身用クロソイを買った。至急帰宅してさばけ(一部意訳)。」


 


ということで、山積みの仕事を放置したまま家路を急ぐことにしました。



P1050089.2.jpg
陸からではあまり釣れなさそうな真っ黒なクロソイ。どんな角度で撮っても、真っ黒になってしまいます。疲れた体に鞭打ち必死の思いで3枚におろす。



P1050093.2.jpg
包丁を入れているときは何となくパサパサしているような気がしたのですが、いざ食べてみるといい感じに脂が乗っていました。心持ち、ガシラの身より甘味があるような。これで350円はお得です。



z030118.2.jpg
4,5年前の画像。ホントはこんなのが釣りたいのですが。

[ 2007/05/23 00:02 ] 料理 | TB(0) | CM(9)

いよいよヤバい 

やっと週末が来たぞ。先週末は、家に引きこもったままだったので、今日こそしっかり釣ってストレスを発散しなくては。


 


まだ明るい16時半に由良へ到着。潮位がまだ低いので、各ポイントの地形チェックに専念する。水温が上がってきたせいか、どこも藻がかなり茂ってきたようだ。家族釣れのサビキ師の姿も見られるが、5cm以下の極豆アジがぽつぽつ釣れている。


 


しかし、気温がかなり低くおまけに風も強い。何だか嫌な予感。いろいろ迷った挙句、18時からアオリを狙うことに。まるで季節風のように吹き付ける強風の影響を、最小限に抑えることのできるポイントを選択。


 


GWにはいくつか墨跡が見られたが、今日はほとんど消えている。まあ、釣り人が減ったからだろうと都合の良い解釈をしてキャスト開始。


 


藻の切れ目や深場をあれこれ探っていると、10投目ほどでグニューと反応が伝わってきた。よっしゃアオリかと色めき立ったが、何と他の釣り師がロストしたとおぼしきエギをキャッチ。なぜかちょっとばかりテンションが上がる。


 


拾い物には福があるということで、早速付け替えて投げてみたが、3投目にはるか彼方へ飛んで行ってしまった。きっとこうなる運命のエギだったのだろう。また誰かに釣ってもらってくれ。結局アオリはボーズ。


 


夕食を挟んで、最近ガシラが好調な湾奥のゴロタ浜へ移動。この前入手したクラッピーグラブのクローフィッシュカラーをセットする。だいぶ潮が満ちてきたので、足下まで寄ってきているかも知れない。丁寧に探りを入れる。


 


満天の星空にカジカガエルの鳴き声が響く。今晩の星は特に美しい。あべこべの表現だが、まるでプラネタリウムのようだ。ところが、意に反してまったく海からは反応が無い。定番のイエローに変えてからも同様。


 


仕方なく黄色い灯りの照らす漁港でアジングすることに。前回はメバルしか釣れなかったアジリンガーを自作ジグヘッドにセット。漁船と筏に囲まれたスポットに打ち込む。


 


少々カウントダウンしてゆっくり引いてくると、コツンとあたりが来た。これは小さいなと思いながら寄せてくると、銀色の魚が大して抵抗もせず寄ってくる。小アジかと思いきや口元には鋭い歯。


P1050096.2.jpg
あらら、久々のムツだ。もう1匹追加したが、肝心のアジは釣れない。今晩はムツリンガーか。


 


次にミートネールを使ってみると、3投目にリリースサイズの青メバをキャッチ。しかしながら、今年はなかなか20cmオーバーが釣れない。



P1050104.2.jpg
この後、馴染みのスロープに移動。再びクラッピーグラブのイエローのテキサスリグで攻めてみると、コンコンとあたりがあった。反射的にロッドを振り上げると、何と合わせ切れ。調子が良くない時はこんなもんだろう。


 


時間も少なくなってきたので、各ポイントをランガンしてガシラやメバルの機嫌を伺ってみるが、北西からや東に向きを変えた強風は相変わらず。とにかく魚全体の活性が低い。


 


最後に、幽霊テトラでロッキースラッグをキャスト。1投目から小さなあたりがコツコツとくる。この際何でもいいから釣ってやれという気分で、根気良くフッキングのチャンスを窺っていたら、ようやく足下でフッキング。でもあまりにも引きが弱い。嫌な予感が・・・。



P1050107.2.jpg
やっぱりキンギョ(ネンブツダイ?)だった。もう海の中は初夏なのか。人が衣替えをするように、海の中もちょうど釣り物が入れ替わる時期なのだろう。これからしばらく苦戦しそうな予感。
このままでは、本当に魚料理ブログに特化してしまいそうだ。


 


日時:


2007年5月12日(土)18:00~24:00


 


釣果:


メバル         18cm    1


ムツ    1416cm   2


キンギョ        14cm    1


 


タックル:


ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000


ファメロVF-W68+エンブレムS2000iA


 


ヒットルアー:


アジリンガー、ミートネール、ロッキースラッグ

[ 2007/05/20 10:32 ] メバル | TB(0) | CM(5)

ブイヤベース風 

少し前の話になりますが、ヘッポコ嫁がブイヤベース風のスープを作りました。トマトベースに、釣ってきたガシラとメバルに加え、ホタテ、イカ、ジャガイモなどを放り込み、グツグツ煮れば出来上がり。自宅栽培のイタリアンパセリで華を添えています。



P1020022.3.jpg
写真はきれいに撮れましたが、肝心のメバルとガシラは行方不明。味はそれぞれの具材の旨みが出ていて、なかなか美味でした。




ちなみに「ブイヤベース風」と書いていますが、正式なブイヤベースはマルセイユのブイヤベース憲章(La Charte de la bouillabaisse marseillaise)に沿って作らなければならないそうです。海老や貝類は入れてはならないとか、最低4種類以上の魚を入れるとか、いろいろ定められています。


 


土日はひたすらパソコンのキーを叩き続けていたので、何となく左手が痺れているような気が・・・。早く週末に、身も心もリフレッシュしたいものです。

[ 2007/05/15 21:52 ] 料理 | TB(1) | CM(8)

異国から届きました 


昨日、怪しげなブツが届きました。



P1050069.5.jpg
えっ、キャロルさんて一体誰?



P1050073.3.jpg
スライダー社からでした。以前紹介したネットオーダーシステムでワームを注文していたのですが、すっかり忘れていました。



P1050079.3.jpg
古新聞に包まれたクラッピーグラブが6パック。



P1050081.3.jpg
いつもは製品カタログが同封されているのですが、今回は無し。
おまけにサンプルもえらく少ない。ひょっとして経営不振か? その代わり「ありがとさんっ」となぐり書き。



P1050075.3.jpg
定番のイエローのほか、クローフィッシュカラーを初めて注文しました。イワガニ色っぽくて何となく釣れそうな予感。




P1050083.3.jpg
せっかくの土曜日ですが、パソコンに向かって延々と仕事(のようなもの)をやってます。
海が俺を呼んでいるのに。う~~~。

[ 2007/05/12 22:11 ] ルアー紹介 | TB(0) | CM(7)

サクラで慰め 


ジャンクな小窓に書いていましたが、食卓が寂しかったので泉佐野の魚市場でサクラマスを買ってきました。


P1050054.3.jpg
私にとっては、普段はなかなかお目にかかることが出来ない貴重な魚。畏怖の気持ちを込めつつ、丁寧にうろこを取り除き、優しく三枚におろす。


P1050060.3.jpg
頭や腹身は味噌鍋に入れて食べましたが、丁度良い具合に脂が乗っていて旨かったです。そして、背身の柵をルイベ用に冷凍。



寄生虫(サナダ虫?)が気になるのでネットで調べたところ、24時間冷凍すれば大丈夫とか、4日以上必要だとか、いろいろ書かれていました。待ちきれないので、とりあえず24時間冷凍してから適度な大きさにカット。




P1050067.3.jpg
モタモタしたせいで
ルイベで食べるつもりが完全に解凍されてしまいました。それでも食感はもちもちとして味は上品。たまにはこんな贅沢もいいですね。


[ 2007/05/08 22:55 ] 料理 | TB(0) | CM(6)

返り討ちですな 

「コッケコッコーーー!!!」


「んー、もう朝かぁ。ってまだ4時やんけ。」


 


木曜の晩は嫁の実家に泊まっていました。心地良い疲れとともにぐっすり寝るはずだったのですが、就寝前に耳栓を着けるのを忘れてしまい、近所のシャモが大音量で連呼する鳴き声のせいで薄暗いうちに覚醒。その後はなぜだか目が冴えてしまい、ダラダラと布団の中で転がっていました。


 


やや体が重いような気がするけど、ツールバー右の「ジャンクな小窓」で八目釣りを敢行すると書いてしまったので、気合を入れて釣り場へと向かうことに。


 


大渋滞が予想される高速を避け、地道で南へと走る。GWだけに地道も車だらけ。いつもの倍の時間がかかってしまった。


 


15時前に日高町の漁港へ到着。内向きの波止は家族連れが鈴なり。私はテトラ帯からサーフを狙う。タックルをセットし、おもむろに石ゴカイを取り出す。


 


ブログのサブタイトルに「中紀でのルアーフィッシング」と書いてあるじゃないかって? たまには趣向を変えて餌釣りも許してくだされ。これなら八目釣りも可能かも。



P1050025.3.jpg
天秤仕掛けを沖へ大遠投。時期的にはやや早いが、2年ぶりにキスを狙う。盛夏には比較的簡単に釣ることができるポイントだが果たして今日はどうか。


 


魚信をうかがいながら足下までズルズル引きずって来ると、クンクンと小さなあたり。難なく抜き上げると、あまり歓迎できない珍客。



P1050023.3.jpg
その後も2時間ほど粘るものの、竿先はピクリともしない。周りも釣れていないようだ。水深のあるポイントを求めて北上する。




バーベキューを楽しむ家族の近くで竿出し。やや根が張っているのでこまめに近投して探りを入れていると、ようやく本命がヒット。



P1050030.3.jpg
早期にしてはまずまずの20cm。キス天が頭をよぎる。ところが、この後は再び沈黙してしまい、納竿間際にまたまた外道。



P1050034.3.jpg
19時を過ぎたものの、いまだ三目だ。いつものライトルアーフィッシングに戻そう。定番となった由良の漁港へと急ぐ。


 


前回のブログで取り上げたアジリンガーをチョイス。うわっ、やっぱり臭い。息を止めながら自作ジグヘッドに装着する。そして筏のシェード部に打ち込むと一投目からヒット。



P1050039.3.jpg
アジではなくてリリースサイズのメバル。結局この日は、メバリンガーだった。次にミートネールを試すことに。捨て石の沈んだポイントでスローリトリーブを続けていると、ピックアップ寸前にヒット。



P1050041.3.jpg
極小ガシラがご挨拶。GWで釣り人が多いせいか、あまりにも激シブでいろいろアクションを加えて誘ったものの良型は不発。メバリンガー、ミートネルともにインプレ記載は非常に困難。次回に期待ということで、ゴロタのガシラポイントへ移動する。


 


バグアンツのテキサスリグでキープサイズを狙っていると、20分経過後にようやく沖目でヒット。ゴリゴリ巻きながら抜き上げると23cmのガシラ。ここでは毎回これぐらいのサイズが揃う。



P1050047.3.jpg
その後、自分の中では“鉄板”と考えていたアジングポイントで竿出しするものの、まさかのアタリなしのボーズ。かなりショック。


 


刻一刻と時間は過ぎていくが、まだ五目だ。更なる奥の手、タコジグを取り出して波止のヘチ際を上下に誘う。まだ水温が低いかなーと思ったがやはり無反応。次第に風が強くなってきてエギングは厳しそうだし、どうしようか・・・。


 


最終手段、バイオな箕島へレッツGO! あそこなら、アジ以外にキビレ、ソゲ、クロソイが釣れる・・・かも。夜中になっても混み気味の国道を北へひた走る。


 


慌しくポイントへ到着。以前、ジャンクな小窓で書いたように、ウ○コが点在している危険地帯なので、足下に注意を払いながらタックルをセット。もう同じウ○コは踏まない、いや同じ轍は踏まないぞ。


 


残り時間はわずか。ロッキースラッグでオープンエリアを攻めると、二投目でコツンとあたり。白銀色の魚体が汚水の中を走るのが見えた。慎重に抜き上げると20cm弱のバイオアジ。何だか臭いがいつもと違う。



P1050048.3.jpg
素早くリリースして、アジリンガーへチェンジ。臭い海に臭いワーム。毒を持って毒を制すだ。単発のライズが発生している漁船の際を丹念に探る。ところが、波動の大きさがお気に召さなかったのか、アジは反応してくれない。


 


最後に排水口周りで残り二目の追加を狙って頑張ったものの、バイオな海は非情だった。睡眠不足も相まって1時半にギブアップ。


 


リベンジに燃えていたものの、返り討ちに遭ってしまい意気消沈。GW中で釣り人が多かったからとか、魚も連休中だった?からとか、いろいろ言い訳を考えて自分を慰めている夜長。自然相手だとうまくいかないものです。


 


 


日時:


2007年5月4日(金)~5日(土) 15:00~01:30


 


釣果: 


ガシラ   1423cm  2


メバル          18cm    1


アジ          19cm   1


キス             20cm    1


ガッチョ      13cm    1


キタマクラ?  12cm    1


 


タックル:


ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000


ファメロVF-W68+エンブレムS2000iA


 


ヒットルアー:


石ゴカイ(ルアーじゃないけど)、アジリンガー、ミートネール、エコギア(ECOGER) カサゴ職人バグアンツ 2インチ 250(リアクションSPフロート(夜光))、ロッキースラッグ

[ 2007/05/05 22:25 ] ガシラ | TB(0) | CM(6)

リベンジ準備 

吐き気に襲われ、後半はまともに竿を振ることができなかった前回の釣行ですが、リベンジに備えて気になったルアーを購入してきました。


P1020023.3.jpg
まずはミートネール。この前釣ったメバルをさばいた際、胃から小さなイソメらしきものが出てきましたが、まさにこのような抹茶オレ?のような色でした。魚の前に私が思わずリアクションバイト。やや長い目ですが、ナチュラルな動きでアジやメバルを誘ってくれそうです。


その横はアジリンガー。何だかマーズのアローンと似ているような気もしますが、細かいことは気にしないでおきましょう。特筆すべきはその臭い。猛烈に臭う! ガルプのサンドワームやベビーサーディンのような酸っぱい臭さとは明らかに異質の激臭。例えるならば、腐ったピーナッツのような悪臭か。集魚効果は絶大!(のはず)


後は体調を万全に整えてXデーを待つのみです。

[ 2007/05/02 10:16 ] ルアー紹介 | TB(0) | CM(4)
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。