The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

丑の日 

昨日は土用の丑の日でした。当然うなぎを食べる訳ですが・・・。


P1050546.2.jpg
そうです、生です。桶に泳いでいるのを買うという手もありましたが、さすがに目打ち&腹開き(関西ですので)をきれいにこなす自信はなし。


P1050551.2.jpg
地球外生物のような顔つき。炭火があればお店のように焼けるのですが、平日で時間も無かったので、ここは手抜き料理に徹しました。まずは、フライパンでタレと一緒に軽く煮付けます。


P1050553.2.jpg
そして、タレを塗りながらグリルで軽く焼き目をつけます。ちょっと火が強かったようで、妙な焦げ目が・・・。


P1050556.2.jpg
これにて、関西風とも関東風とも何ともいえない手抜き蒲焼の完成です。


P1050559.2.jpg
さすがに冷凍物よりモチモチとして美味かったですよ。もし時間があれば、蒸し器か圧力鍋で余分な脂を落とした方があっさりいただけそうですね。暑さに負けずに頑張って釣りまくるぞ~!


スポンサーサイト
[ 2007/07/31 00:01 ] 料理 | TB(0) | CM(9)

ようやく 

梅雨も明けてようやく夏本番です。ところが、サバがあちこちで湧いてしまい、カマスが好調との情報はほとんど入ってきません。私も、先月ムツの外道で偶発的に1匹釣ったのみです。例年ならすでにピークに差し掛かっているはずですが、今年はいかがなもんでしょうか。2週間ぶりに中紀の由良へ行ってきました。


 


海水浴帰りの車で渋滞する対向車線を尻目に、途中で休憩を挟みながら17時前に小さな波止へ到着。大きな太陽が照りつける中、サビキ師の竿にポツポツと豆アジが掛かっている。カマスの時合まで時間があるので、暇つぶしに隣の捨て石場の様子を窺うことにしよう。


 


アイスジグを近投し軽くシェイクしながら中層を巻いてみると、フグや木っ葉グレがワラワラとついてくる。でも容易にはフッキングしない。むきになって何度も誘っているうちに、ルアーをピックアップする時にテトラにぶつけてしまい、リップを折ってしまった。ウワー。


 


しばし意気消沈した後、定番のロッキースラッグを障害物の際に落とし込む。目を凝らしてルアーの動きを追っていると、ほどなくして黒い影がアタックしてきた。軽い引きをいなして抜き上げると見慣れた顔。1年365日、昼夜問わず相手にしてくれる優しいやつだ。


P1050522.2.jpg
しばらく小ガシラを釣って遊んでいたが、いつの間にやら日が傾いてきたので、先ほどの波止に戻ってみると、豆アジだけでなく20cm前後のサバも釣れ出している。左右をサビキ釣りの家族に挟まれながらロッキースラッグをキャスト。



この前までは結構簡単にワームで釣れていたのだが、今日はかなり反応が鈍い。いつもは愛想を振りまいてくれるサバも足下でUターン。コマセ師に囲まれてルアーを投げるのは、やはり分が悪いのか。修行僧のように黙々とルアーを投げて巻いてを繰り返すが、豆アジすらことごとく寸止め。ムキー。


 


それでもリフト&フォールやステイを駆使してサバを4匹キャッチ。写真は省略。しかしカマスはまだ回って来ないのか? 周りも帰り支度を始めたので、いったんコンビニで腹ごしらえをして、別の波止で釣ることにする。


 


念のためロッドを二本持って波止の先端へ向かうと、親子連れがサバだカマスだと騒いでいるのが聞こえた。えっ、こっちに回遊してるの? 急いでロッキースラッグをキャストし、カウント5ほどで巻き始めるとすぐにアタリ。と同時にラインを切られてしまった。まさしくカマスだ。


 


すぐさまシラスミノーを結んでキャストするとヒット。慎重に取り込むと待望のカマス。今の時期のレギュラーサイズか。それを見たヘッポコ嫁も、もう一本のロッドで一緒に釣り始める。



P1050525.2.jpg
ちょうど時合にぶつかったらしく、棒引きでも一投ごとにアタックしてくる。フッキングしたら、有無を言わさずゴリ巻きしてごぼう抜き。針を外すのももどかしい。ヘッポコもポロポロばらしながらも懸命に釣っている。


 


ところが、カマスは熱しやすく冷めやすいもの。結局10分ほどで時合は終わってしまった。ふたたび沈黙する海。メタルジグやバイブレーションを投げても、うんともすんとも言わない。まるでさっきの爆釣が幻だったかのようだ。


 


その後は磯やテトラをランガンしたが、お約束のサバがポロポロと釣れたのみで撃沈。ともかく、何とかカマスの時合に滑り込めて良かったです。






P1050530.2.jpg



日時:


2007年7月28日(土) 17:00~23:00


 


釣果(2人あわせて):


カマス 18~25cm  9


サバ  1820cm  6


ガシラ 1416cm  4


 


タックル:


ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000


ファメロVF-W68+エンブレムS2000iA


 


ヒットルアー:


シラスミノー、ジェイド、ロッキースラッグ、バークレー ガルプ! サンドワーム ベビーサーディン 2インチ ナチュラル

[ 2007/07/29 13:41 ] カマス | TB(0) | CM(8)

まだ旬じゃないけど 

いつもと違うスーパーに行くと、タチウオが叩き売られていました。刺身用と書かれていたのですが、今の時期はさすがに身が薄いし脂も乗っていないし・・・と躊躇したものの、安さに負けて思わず買ってしまいました。


P1050499.2.jpg
指4本といったところでしょうか。普段なら迷わず塩焼きにするサイズです。長いままだと扱いにくいので、とりあえずぶつ切りにしました。これを小さめの包丁で丁寧に3枚におろしていきます。


P1050503.2.jpg
うーん、やっぱり薄いなあ。刺身にするには心もとない。


 P1050509.2.jpg


見た目はそれなりですが、いざ食してみると、やはり身より皮の弾力が勝っているような気がしました。これはいかん。


P1050512.2.jpg
結局、翌日の雑炊のネタにしました。柳川風の卵とじも美味いですが、雑炊も癖が無くて結構イケますよ。

[ 2007/07/24 22:36 ] 料理 | TB(0) | CM(10)

街中フィッシング 

今回の釣行は、先輩宅の近くにある池でのエサ釣りです。食パンをエサに朝からのんびりと楽しんできました。



P1050463.2.jpg
こんな所です。前夜にかなり雨が降ったのですが、濁りはまったくありません。プランクトンをたっぷり含んだ緑色の水が、いかにも街中の池といった雰囲気を醸し出しています。


 


100円ショップで買ってきた竹竿に針と玉浮きを付けて準備完了。さあ何でも来い!



P1050479.2.jpg
いきなりミドリガメがヒット。重量感あり過ぎ。針にカエシが付いていないので、しばらくしたら外れたけど前途多難の予感。


 


一方、陸ではスズメが入れ食い。


P1050469.2.jpg
ここで先輩にファーストヒット。20cm弱のブルーギルをキャッチ。


 P1050489.2.jpg


モロコが湧いているのでアタリはかなり多いが、フッキングさせるのは難しい。普段の釣りとのギャップに戸惑ってしまう。


 


アジングタックルも携行していたので、思わずマイクロワームを試してみたが、まったく相手にされず。


P1050486.2.jpg
6時からラジオ体操が始まったので、一緒に体を動かしてリフレッシュ。



 


先輩に続けとばかりに根気よく粘っていると、玉浮きがグンッと沈んだ。反射的に合わせを入れると、ズゴゴゴと竿先が池に引き込まれそうになりラインブレイク。でっかいコイが掛かってしまったようだ。残念無念。


 


目の前では相変わらずスズメが入れ食い。



P1050471.2.jpg


そして6時半ごろ、ようやく私にも魚がヒット。20cmオーバーのギルがお目見え。小学生のころは、もっと簡単に釣れていたような気がするんだけどなあ。


P1050487.2.jpg
 


いつの間にやら先輩もニゴイをキャッチ。



P1050492.2.jpg
 


その後もポツポツとギルを追加し、降雨を機に納竿。全体的にすれていて、意外と難しかったです。己のプライドにかけてリベンジしたいところですね。


P1050494.2.jpg

[ 2007/07/21 17:39 ] その他の魚 | TB(0) | CM(7)

1ヵ月ぶり 

台風4号があちこちに爪痕を残したようですが、私の通っている釣り場周辺も、いくつか小規模な土砂崩れが発生していたようです。状況確認を兼ねて、1ヵ月ぶりに中紀由良の釣り場へ足を運んできました。




どす黒い雲の合間に見える青空に違和感を覚えながら、連休でやや混みあった高速道路を一路南へ。雨は完全に上がっているが、風はまだまだ強く道路沿いの竹林が大きく左右に揺れている。


 


18時前にムツが釣れていた波止に到着。以前と変わらぬ釣り場の雰囲気にほっとする。だが、海は茶色の濁流で一面埋め尽くされていて、かなり駄目っぽい雰囲気。他に避難できるポイントはないかと思案したが、どこも雨水が流れ込んで厳しいだろう。


 


仕方なく、北西風を避けることのできる内向きの一角に陣取り、定番のロッキースラッグをキャスト。少し離れた所に見える親子が、サビキで豆アジやサバをポツポツ上げているので、狙いようによってはワームでも釣れるはず。


 


上層から順にチェックしていくと、中層でひったくるようなアタリ。久しぶりの魚の引きに戸惑いながらも慎重に抜き上げると、お約束どおりサバ。1ヵ月たっても海の状況はそれほど変わっていないようだ。


P1050445.2.jpg
その後は極端なショートバイトに悩まされる。どうせ小アジだと知りつつも何とかフッキングさせようと頑張っていると、ようやく足下でヒット。あまりに小さいので問答無用でごぼう抜き。またまた最小記録更新か。



P1050447.2.jpg
その後もアジとサバをポツポツとキャッチ。強風に負けないようにメタルジグを遠投して沖の深層を攻めてみたが、悪コンディションのせいかまったく反応が無い。まあ、今日は仕方あるまい。


 


完全に日も暮れたことだし、最後に幽霊テトラで締めくくることに。所々に土砂崩れの見られる峠道を南へ下りポイントへ到着すると、やはりここも泥濁り。厳しいかなと思いつつ、常夜灯の下をロッキースラッグでチェックするが、やはり反応がいまいちだ。


 


濁りのきつさと光量の少なさを考え、メバダンゴをスローに引いてじっくりと誘うと、ここでもサバがヒット。やはり今年はサバの年か。もう少し大きくなれば楽しいのだけど。


P1050460.2.jpg
結局、ムツやカマスは留守のようなので、21時過ぎに納竿。久しぶりの釣りは貧果でしたが、魚の姿を見れただけでも良しとしましょう。





日時:


2007年7月15日(日) 18:00~21:00





釣果:


アジ710cm  6


サバ1620cm  6


 


タックル:


ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000


 


ヒットルアー:


ロッキースラッグ、メバダンゴ

[ 2007/07/16 10:16 ] サバ | TB(0) | CM(10)

サーチワード/破損 

当ブログにもアクセス解析機能を付けていますが、久しぶりにサーチワードをまとめてみました。つまり、どんな言葉で検索して当ブログに辿り着いたかを調べたということです。



<6月のサーチワード トップ10>


ママワーム


アジング


ガシラタックル


ガシラのさばき方


中紀 メバル


ロッキースラッグ


クラッピーグラブ


アジリンガー


自作ジグヘッド


アジング 仕掛け



まあ、順当なところでしょう。やはり、アジとガシラがキーになっています。



<少数意見>


テンガロンハット シーバス…この二語を組み合わせて何を検索する?


The Secand bait 和歌山…スペルが違いまっせ~


泉佐野 メイドカフェ…新大阪のマーメイドカフェなら記事にしたけど


†††††潟†††††…?????意味不明?????


中尾あきらの嫁…なぜ当ブログが引っ掛かった?



みなさんいろんな言葉で検索されるのですね。



ちなみに接待ゴ○フは散々でした。


P1050422.2.jpg
同行者に笑いを提供できただけ良しとしましょう。

[ 2007/07/10 21:44 ] その他 | TB(0) | CM(6)

魂を売った? 

 本気で魚料理ブログへ名称変更すべきか迷っている今日この頃。釣りに行けないストレスを料理で発散するつもりが、主客転倒というか本末転倒というか、料理がメインになりつつあります。



さて、今回はスズキです。最近あまり狙わなくなったとはいえ、その気になればルアーで釣れそうなものをわざわざ魚屋で仕入れてくるなんて…。魚屋に魂を売ってしまった元ルアーマンと呼ばれても仕方あるまい



P1050244.2.jpg
ちなみに、近所で売られているスズキには当たり外れがあります。たまに臭う固体が混じっているのですが(一体どこで獲ってくるのだろう?)、これが見た目ではほとんど判別できないので厄介で
す。



念のため、三枚におろした後、軽くつまみ食いしてみましたが、後味も臭くなく一安心。初夏のスズキはやっぱりあらいでしょ、ということでさっと作りました。



P1050247.2.jpg

見栄えがいまいちだったので、容器でごまかしています。余分な脂が洗い流されて、さっぱりとした食感になりました。


P1050308.2.jpg


翌日は、蒸しスズキ生姜あんかけ。ヘッポコ嫁が試行錯誤しながら作りました。圧力鍋で蒸したスズキはホクホクで、生姜味のあんとの相性は抜群。純和風料理もいいですね。

[ 2007/07/07 21:24 ] 料理 | TB(0) | CM(10)

釣りとの関係 

最近、週末釣行がままならない状態が続いていますが、それもこれもゴ○フが原因です。いわゆる接待ゴ○フのようなものを来週に控えているので、下手なりに練習場へ行ったりコースを回ったりしているのですが、スコア改善の兆しすら見えてきません。




私の望みはささやかなもので、いわゆるうまい人になりたいという訳ではなく、単に周りに迷惑を掛けないレベルまで持って行きたいということです。ああ、接待ゴ○フの代わりに接待フィッシングだったらどれだけ楽しいことか。


P1050415.2.jpg


以前ブログで書いたかも知れませんが、私はもともと左利きでロッドもすべて左投げなのですが、ゴ○フは右打ちの方がうまくなると言われて、一時期無理して頑張っていました。でも、どうも体の回転がしっくりこなくて、また左打ちに戻して悪戦苦闘しているところです。


 


特にドライバーやウッドといった長いクラブが大の苦手で、飛距離10mという冗談みたいなショットを連発することによって、シュールな笑いを提供しています。逆に、グリーンの手前から打つようなアプローチショットは、比較的簡単にピンそばに落とすことができます。いつもアジやメバルをチョイ投げで釣っているので、肘や手首の使い方がちょうど合っているのかも知れません。


P1050417.2.jpg
 
では、長いロッドでシーバスを狙っている人は、ドライバーを打つのが上手なのか? ドライバーを上達させたければ、シーバスを狙い続ければいいのか? 


 


何だか禅問答のようですが、まあそれぐらい苦しんでいるということです(涙)。

[ 2007/07/01 09:51 ] その他 | TB(0) | CM(8)
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。