The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アジ再検証&キンバリーリベンジ 

今週末も、アジの再検証とキンバリー君の性能評価のために中紀由良へ釣りに行ってきました。

18時前に水深のある埋立地へ到着。餌木や小型ミノーを投げる人、さびきを上下する人など結構な混雑。さっそく例のキンバリー君タコベイトバージョンをセットする。干潮からの上げに入ったところだが、それなりに水深はあるみたい。沖へ大遠投したり、ヘチ際に落とし込んだりして誘いをかけるが特に異常なし。ガシラにはかなり効きそうなんだけどなあ。

周りでは豆アジがポツポツ揚がっているのみ。例年ならそろそろカマスがシーズンインしそうだがまだ早いか。まったりとした雰囲気の中、1時間ほど粘ったもののいつの間にか日が暮れ始めてきたので、先週訪れたアジのポイントへ移動することにする。コンビニで買ったおにぎりを頬張りながら、海沿いの道をゆるゆると北上。

タックルをセットし直し、19時過ぎからアジングを開始。先週好調だったミートネールを最初から使うのは芸がないので、意表を突いてワンダー45mmをキャストしてみる。ワームより太いが、物好きなアジがアタックして来るかも知れないし、メバルが居るかも知れないし。そして筏の際をスローに引くと1投目からヒット。よっしゃ狙い通り。
P1070069-2.jpg

ところが、抜き上げてみると見事背中にフッキングしていた…。その後数投したがまったくアタリすらなし。偶然通りすがりのアジに引っ掛かったということなのだろう。さっそく自作ジグヘッド&ミートネールの黄金コンビへ変える。そして、沖向きへ遠投して中層を棒引きすると、これまた1投目からヒット。今度はちゃんと口へフッキング。
P1070077-2.jpg

でも、何となくアタリ方が先週と異なる。あまりアグレッシブでないというか、おそるおそる食ってきているというか。とりあえず3匹キャッチした後、メバームへチェンジ。先週はピンクでそれなりの結果を出したが、今晩はグリーンを試してみよう。波風の強さは先週より控え目で、潮位は少し高め。

筏の際へ打ち込み、カウント5で巻き始めるとこれまた1投目からヒット。サイズは大きくないが元気に走りまわる。引き続き同じスポットに打ち込んでフォールすると5割の確率でアジが反応してくれるが、手前に流れ藻が固まっているらしく、良型を掛けるとことごとく潜られバラしてしまう。

潔くよく諦めて再び沖向きを攻めてみるが、ぱたりとアタリが途絶えてしまった。戦況打開のためにサンスン、ストローテールグラブ、ロッキースラッグ、メバダンゴも試したが今週もまったく相手にされず。ここで、家を出る前に180円の特価で購入したスクリューテールグラブのホワイトノーグローを使ってみることに。

ショートバイトに悩まされた先週の苦い思い出が甦る中、再び沖向きへ遠投してスロー気味に巻いていると、やはり1投目からコンコンとアタリが来る。でも思ったより明快なアタリ方だ。そして3投目。4秒にリール1回転ぐらいの超スローでリーリングし、アタリがあってもすぐに合わせを入れず、ゆっくりと巻き合わせ気味に竿を煽るとようやくフッキング。
P1070080-2.jpg

まるで真冬のアジングのようだが、こういう神経戦もたまには面白い。コツを掴んだのか、その後はコンスタントに釣れるようになった。オレンジとホワイトの違いがあるとはいえ、今晩はスクリューテールの独壇場と言っていいだろう。喰い方も丸呑みが多い。180円特価ワームの逆襲だ。
P1070083-2.jpg

しばし夢中で釣っていたが、満潮が23時ごろなので少しずつ足場の捨て石が波で洗われ始めた。スパイクシューズに穴が開いているので無理は出来ない。おまけに良型をかけても足元の根に突っ込まれバラすことが多くなってきたので、合計16匹で切り上げ。念のためメバルをチェックすべく、波止へ移動する。

常夜灯との位置の関係上、ちょうどヘチ際が暗くなっているので、3mほどチョイ投げしてテクトロ気味に誘う。すると力ないアタリとともに小メバがヒット。
P1070091-2.jpg

手早くリリースし同じコースを再度引いてみると、今度はゴンッという明確なアタリとともに、底へ走り始めた。おっと、2匹目の方が大きいのか。藻やロープに巻かれないよう、慎重に誘導しながら浮かせて寄せると、この場所にしては上出来の21cm。
P1070095-2.jpg

先週は結構辛口のコメントを書いたが、やはりスクリューテールは強いなあと実感。アジとメバルはこの辺で置いておき、最後にキンバリー君でガシラを釣って締めくくろう。車に戻り小さな漁港のスロープへ移動する。残り30分程度か。

ここはスロープ一体に牡蠣殻が点在していて、ガシラの魚影が濃いポイントだ。しかし根掛かりが不安なので、はるか沖のスロープの切れ目と砂地の境目を中心に探ることにする。水深はそれほどないので、ナス型オモリ1号をセットしてキャスト。ビューンと豪快に飛んで行く。

カウントを数えるまもなく、あっという間に着底。そして昼間確認したタコベイトの動きを思い出しながら、軽めのリフト&フォールで誘いをかける。終了までに一発逆転はないのか・・・。

すると、私の思いが通じたのか10投目ほどのフォール時にゴツンという感触が手元に伝わってきた。電撃合わせを入れ、呼吸を整えながら慎重に寄せてくると、水面をバチャバチャ暴れる音が聞こえてきた。これはガシラじゃないぞ。
P1070103-2.jpg

というわけで、本年2匹目のワニゴチ(爆)。和歌山ではこんなのが釣れましたよ、レキオスさん! あまり胸張って言えないけど(笑)。レパートリーが増えるという意味では評価されるか。
P1070097-2.jpg

ばっちり上顎にフッキング。魚の癖にまつげがラブリー。

ここで体力の限界に達し納竿。アジの検証は振り出しに戻った感がありますが、キンバリー君で予想外の外道が釣れたし、なかなか楽しかったです。
P1070117-2.jpg


日時:
2008年04月26日(土) 18:00 ~ 22:30

釣果:
アジ:  17~20cm 16匹
メバル: 14~21cm 2匹
ワニゴチ: 27cm 1匹

タックル:
ファメロVF-W68+バイオマスター2000PGS
ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000

ヒットルアー:
ビバ(Viva) ミートネール 2.5inch #024 メロングリーングロー、メバーム・チビ、オフト(OFT) スクリューテールグラブ1.5インチ GF809 グローパールホワイト、キンバリー君(タコベイトバージョン)
スポンサーサイト
[ 2008/04/27 17:27 ] アジ | TB(0) | CM(11)

先日のアジングについて 

先日のアジングでは、ローテーションでいろいろ考えさせられることが多かったです。で、以下のように簡単にまとめてみました。あくまでも、その時点のインプレということで軽く読み流してください。   
    

ワーム名

カラー

コメント

評価

ミートネール

ウォーターメロン

 中層~下層をスローに引くとひったくるようなアタリが多く出たし、ほぼ確実にフッキングに持ち込めた。カラーやフォルムがイソメを彷彿とさせるからか?

メバーム

ピンク

ミートネールより頻度は落ちたが、アタリがあれば確実にフッキング。ピンクの有効なシチュエーションは未だに分からないが結果オーライ。

スクリューテールグラブ

オレンジ

フッキングに持ち込めないショートバイトが頻発。やたらストレスを溜め込む。明るいカラーゆえ見破られていた?

クラッピーパンフィッシュグラブ

クリア

ブルブル系の代表選手だが、アジを釣ったのはこの時が初めて。小アジを釣るにはやや太目なのが難点。

2 

ロッキースラッグ

クリア+銀ラメ

常夜灯の下でシェイク&フォールを駆使したが、今回はアタリすらなし。日中のアジングでは最強無敵だったが。

 1

コバチ

黒+銀ラメ

これもアタリすらなし。黒ラメは大物に効くという噂だが、未だ真価を発揮せず。


メバダンゴチャートリュース荒れ気味の日に強いはずだが、今回は相手にされず。

ただ、ワームの種類やカラーだけでなく、潮位も考慮せねばなりません。 実際、潮止まり前にパタっとアタリがなくなったですし。 ワームの種類云々ではなく、単なる時合の問題だったのか?

と、ここまで書き散らしながら結論らしい結論はないのですが(爆)、今週末も出撃してデータ収集に励みたいと思います。

P1070066-2.jpg
メバルはジェノベーゼソースでパスタに化けました。アサリとのコンビネーションもバッチリでしたよ。

[ 2008/04/24 22:41 ] アジ | TB(0) | CM(9)

風が強すぎ 

リンクさせていただいている「なんか釣るぞう」のレキオスさんから頼もしい助っ人が送られてきました。
P1070026-2.jpg

キンバリー君詰め合わせです。経緯はブログに譲りますが、特にタコベイトバージョンがガシラに効きそうな気がします。さっそく二週間ぶりに中紀へ出撃することにしました。

高速道路を運転していても車が左右に揺れていたのでまずいかなと思っていたが、いざ現地に到着すると真冬のような強風。沖向きテトラに登って様子を見ようとしたものの、そのまま海へ吹き飛ばされそうになる。慎重にテトラを降り風が遮蔽されるポイントを確保。

キンバリー君を使いたいところが、根がかなり複雑なのでロストがこわい。ひとまずメバルタックルにメバームとソアレのジグヘッドのコンビをセットし、テトラ際を丹念にトレースする。時刻は18時を過ぎたところ。潮が下げ始める時間帯なので期待が持てそう。

風は一向に収まる気配がないので、低い姿勢になってライナーでキャスト。海中からの反応に神経を集中させる。常夜灯も点灯し、いい雰囲気になってきたかなーと思っていると足下でククッとヒット。プルプルとした引きは腐れ縁のアジ。
P1070039-2.jpg

このサイズのアジなら群れで居るはずと、同じ場所をスローリトリーブで攻めると断続的にアタリが来る。藻の中に潜り込まれたりして苦戦したものの4匹キャッチ。メバルじゃないけどお土産には丁度良い。とりあえずキープということで、クーラーボックスの中に入れてあったビニール袋に放り込む。

ところが突如風向きが変わり、目を離した隙にガサガサッという音とともにビニール袋が宙を舞い、はるか沖へと飛ばされて行ってしまった。ああ獲物たちが…。それ以降はアタリすら無くなってしまった。心機一転、由良へ移動しよう。

車で20分ほど北上し、湾奥の船溜まりへ到着。数年前までガシラをよく狙っていたが、最近足が遠のいていた。ここは風もほとんどなく快適。そして例のキンバリー君タコベイトバージョンの登場。スナップにナス型オモリを付け、ヘチ際を上下して誘いをかける。

本来はもっと水深のある釣り場で、激しく誘うのがベターだろうが、今日の天気なら致し方あるまい。係留船のロープを避けながらフワリフワリと優しくアクションを入れる。ところが予想に反してアタリがない。雨水が流れ込む場所なので、木金の雨の影響で水温が下がってしまったのかなあ。

一通りテクトロでヘチ際を探り終えたが、ガシラはお留守のよう。念のためメバルも狙うことに。再びメバームのピンクをセットし、筏の陰に打ち込んでみると3投目でゴンとヒット。底に向かってゴリゴリと走るので一瞬ガシラかと思ったが、いざ抜き上げてみると21cmのメバル。強い波風を嫌ってここまで逃げ込んできたと推測。
P1070031-2.jpg

これに気を良くし、同じように障害物周りをタイトにチェックしていくが、再び沈黙が続く。やっぱり今晩は渋いなあ、と思っていたら沖目でアジが釣れた。でも、これも後がない。すれているだけなのか、それとも単独で泳いでいるのか?

かなり潮位が下がってきたので、少し移動して捨て石周りを攻めることにする。戦列復帰したバイオマスター1000とネオバーサルの組み合わせで、斜め左前からの強風を受けながらロッキースラッグをキャスト。やはりフロロは糸フケが少なくて快適だ。

10投しても反応が得られないので、片っ端からローテーションしていくことにする。カブラジグ、シラスミノー、ママワームシラウオと試してみるが音沙汰なし。月は雲から出たり入ったりでメバルには厳しい状況か。波もだんだん高くなってきたので、波動系のワームで強引に誘うことにする。

スライダー社のパンフィシュグラブを自作ジグヘッドに装着し、捨て石の際へキャスト。外道でガシラが来ることが多いが、大荒れの時に頼りになるワームだ。カウント3ほどでゆっくり巻き始めるといきなりヒット。狙い通りの展開にニヤついたが、何となく魚の引きも波動系。
P1070050-2.jpg

アジやん…。今までストレート系でばかり釣っていたので、ちょっとばっかりカルチャーショック。その後もポツポツとアタリがあったがボリュームのあるボディのせいかフッキングが決まらない。

ここで、前回調子の良かったミートネールにチェンジ。沖にせり出した捨て石まで歩き、遠投して中層から下層をスローに攻めてみると、群れに当たったらしく連発でヒットするようになった。クーラーやナイフを陸側へ置いてきてしまったが、今更戻るのも面倒なので、釣ったアジのえらぶたから親指を入れ素手で締めることにする。
P1070056-2.jpg

哀れ、私の手で昇天し足下に放置されたアジ達。

しばし連釣を楽しんだ後、他のワームも試してみることに。ロッキースラッグ、スクリューテールグラブ、サンスン、メバダンゴ、マゴバチと回してみたが、やはりミートネールの食いが抜群に良かった。カラーが良いのか、それともシルエットが良いのか悩むところ。

ちなみにスクリューテールグラブのオレンジも1投ごとに反応があったものの、ショートバイトが頻発。キャッチ率は大きく下回った。他はほとんど反応なし。このあたりは次回のブログで改めて書きたいと思うが、とにかくローテーションの重要性を考えさせられることになった。
P1070062-2.jpg

24時前に完全に潮が止まってしまったので、納竿。サイズに不満は残るものの、悪コンディションの中、それなりに楽しむことができました。キンバリー君のリベンジは次回!

日時:
2008年04月19日(土) 18:00 ~ 24:00

釣果:
アジ:  17~20cm 18匹
メバル: 21cm 1匹

タックル:
ファメロVF-W68+バイオマスター2000PGS
ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000

ヒットルアー:
メバーム・チビ、ビバ(Viva) ミートネール 2.5inch #024 メロングリーングローオフト(OFT) スクリューテールグラブ1.5インチ GF809 グローパールホワイト、ロッキースラッグ、パンフィッシュグラブ
[ 2008/04/20 17:28 ] アジ | TB(0) | CM(10)

毎度の魚料理ですが 

久しぶりに泉佐野の魚市場で鮮魚を物色してきました。
P1060994-2.jpg

良型のニベです。イシモチとはえらぶたの斑点の有無、尾びれの形状、体色の濃さが微妙に異なります。以前、小型のイシモチを料理した際は、脂の乗りがいまいちかなーと思ったのですが、このニベはボリューム感もあって期待できそう。
P1060999-2.jpg

特にひねりもなく刺身にしました。あまりきれいに盛り付けなかったので、アップ画像でごまかしたりして。
P1070005-2.jpg

これは翌日の画像。酢で締めてみました(締めニベ?)。締めさばほど見た目は美しくないですが、ご飯に合うおつな味でしたよ。昨日今日と雨が続いていますが、週末は2週間ぶりに和歌山へ出撃する予定です。
[ 2008/04/17 22:49 ] 料理 | TB(0) | CM(6)

戻ってきました 

前々回の釣りで、名誉の負傷?を負って修理に出されていたバイオマスター1000が、ようやく戻ってきました。
P1070014-2.jpg

真っ二つに折れたアームがきれいになっています。これで7年目も無事に乗り切れそう。

この前のアジングでは、ファイヤーラインクリスタルを巻いたバイオマスターMg2000PGSで挑んだのですが、スレアジ相手にかなり苦戦しました。積極的に合わせを入れようとしても入らず、乗せて喰わせても乗り切らずにバラしたりと、ストレスばかりが溜まってしまったので、これは頼もしい戦力の復帰です。

小型~中型のアジを狙う場合は、やはりフロロラインの方が使い勝手がいいなーと感じるのは私だけでしょうか。もちろん、ロッドやジグヘッドとの相性もあるのですが、操作性というかダイレクト感がまるで違うような気がします。
P1070011-2.jpg

アーム以外にも、無償で部品交換してもらった箇所があるようで。シマノさんありがとう。でもここに書いてあるとおり、一度全体的にオーバーホールに出した方が良さそうですね。

今週末は再び所用で釣行できませんが、来週末は夕マズメに満潮からの下げを迎えるので、今度こそアジを爆釣してきます。
[ 2008/04/10 23:04 ] その他 | TB(0) | CM(13)

お祝いの代わり 

皆さま大変ご無沙汰です。しばらく釣りにも行けず、ブログをいじることもできず悶々としていたnuemiです。今回は花見がてら、明るい時間から和歌山へ出動してきました。

土曜の朝。いつもは寝坊気味だが今朝は6時起床。手早く雑用を済ませ9時前に出発。地道を走って、まずは根来寺へ到着。丁度満開でいい感じ。
P1060943-2.jpg

昼食を挟んで次は道成寺へ。ここは早くも散り始めていたが、しばし散策を楽しむ。そして15時以降は釣りモード。せっかく南下したということで火力発電所近くの漁港を覗いてみる。沖向きテトラにはエギンガーが数人みられたが、特に異状なし。

次に国道を北上し、前回釣行で小アジを爆釣した波止へ向かう。潮位的にも夕マズメはかなり期待が持てそうだ。ところが、いざ到着してみると工事につき立入禁止との看板が。あまりのショックにしばし放心状態。

暗くなるまでフテ寝しようかとも思ったが、姪の家へ釣った魚を送ると約束していたことを思い出す。再び南下して日高町の捨て石ポイントへ。根魚大好きっ子なので確実にガシラを押えておこう。無名ワームのテキサスリグで捨て石とブレイクラインの境目を探る。

青空を眺めながらシンプルなスローリトリーブで誘っていると、10投目ほどでゴツッとヒット。碧色の海をゴリゴリ走る姿が良く見える。余裕のやり取りで小ガシラをキャッチ。やっぱり明るい時間帯に釣れるのは楽しい。その後もリリースサイズをポツポツ拾い釣りする。
P1060949-2.jpg

いつの間にやら17時半を過ぎ少し薄暗くなってきたので、ブレイクラインの上部を重点的に攻めることに。軽いシェイクとステイを交えてアピールしていると、ガツンと竿をひったくるようなアタリが。一気に藻に潜られてしまったが、ファイヤーラインの強さを信じ無理やり引きずり出すと、藻と一緒になってあがってきた。
P1060957-2.jpg

煮付けには十分な24cm。この直後に20cmジャストも追加し、ここでは合計6匹キャッチ。完全に日が沈んだので、再び北上して由良のメバルポイントへ急ぐ。21時にソニックさんと泉南で待ち合わせしているので、残された時間はあと一時間ほどか。大急ぎで黄色い灯かりの照らす波止で竿を出す。

小さなライズが見える中、ロッキースラッグで誘いをかけるが反応なし。ママワームシラウオに変えても沈黙。うーん、これで釣れないなんてよほど渋いのか・・・。しばしローテーションを繰り返す。おそらくアジだろうけど、とりあえず1匹は釣っておかなくては。

試行錯誤の結果、1.0gジグヘッド+ミートネールで表層を引く時のみ反応が出ることがわかった。パターンが掴めればこっちのもの。その後は怒涛のアタリラッシュに嬉しい悲鳴。この際メバルは置いといて、アジングに集中する。
P1060959-2.jpg

ただ、活性が低いせいかフッキングが相当難しい。1投ごとに2,3回アタリが出るが、とにかく上顎に掛からずバラシ連発。私の腕前ではアジング=フロロが基本。バイオマスター1000が修理から戻ってきていれば・・・。おそらく20匹以上バラシただろう。
P1060967-2.jpg

最後に頭にフッキングしたアジをキャッチして何とか8匹キープ。ここで和歌山とはお別れ。サンドイッチを頬張りながら、渋滞気味の国道を一気に北上。泉南へと急ぐ。事前に予想出来たとはいえ、やはり花見帰りの車が多いようだ。

待ち合わせ時間を大幅に過ぎてしまったが、22時前にソニックさんと同僚の方と合流(大変遅くなって申し訳ありませんでした)。久々に訪れた漁港のあまりの変貌ぶりに驚きながらも、沖向きテトラでしばし竿出しする。ソニックさんの竿に反応があったものの、潮止まりが近づきちょっとどんよりとした雰囲気。さっそく移動。

次に車で10分ほど走り、磯や捨て石の連なるポイントへ。干潮で藻がしな垂れているのが暗闇でも分かる。おまけに夜光虫もあちこちで青白く光っているが、1.5gジグヘッド+ママワームシラウオのコンビで無理やり遠投していると、砂地と藻場の境目付近でコツッとヒット。もしかしてメバル?と思いながら慎重に寄せてくると、3カ月ぶりのメバル。20cm弱だがやっぱり嬉しい。
P1060969-2.jpg

近辺の有望ポイントについてソニックさんに話をうかがいながらキャストを繰り返すが、これ以降は不明瞭なアタリが一回あったのみ。時間ものこり僅かなので、最後に白色灯の照らす漁港で締めることに。お二人の車に誘導されながらさらに北上する。

さすがに休日の晩だからかルアーマンが多い。おまけに、普段あまり釣らないようなロケーションなので攻めあぐねていたら、いきなり足下でヒット。ベビーサイズだが再びメバルをキャッチ。
P1060970-2.jpg

波止の先端付近へ移動しアジも狙ってみるが、潮が完全に止まってしまったせいかアタリが小さい。竿先に全神経を集中させるものの、まったく歯が立たない。ソニックさんも同僚の方もショートバイトに苦戦されている様子。

眠い目をこすりつつ頑張り続けたが、疲労困憊で1時半に納竿。いやー、よく歩きよく投げよく遊んだぁ。
P1060981-2.jpg

ソニックさん、お忙しいところ再びお付き合いいただき、ありがとうございました。いろいろ泉南付近のポイントについても教えていただけましたので、今後の参考にさせていただきます。同僚の方も遅い時間までありがとうございました。またみんなで一緒に釣りに行きましょう。
P1060988-2.jpg

そんなに大した釣果ではなかったけど、とりあえず小学校入学祝いということで、全獲物をクール宅急便で姪の家へ配送。



日時:
2008年04月05日(土) 16:30 ~ 06日(日) 01:30

釣果:
ガシラ: 18~24cm 6匹
アジ:  16~18cm 8匹
メバル: 17~19cm 2匹

タックル:
ファメロVF-W68+バイオマスター2000PGS

ヒットルアー:
無名ワーム、クラッピーグラブ、ビバ(Viva) ミートネール 2.5inch #024 メロングリーングローマリア(Maria) ママワーム シラウオ 1.5 S/BK(ブラック)
[ 2008/04/06 13:15 ] ガシラ | TB(0) | CM(12)
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。