The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

カツオのタタキをひと工夫 

本年も旬の味、初カツオを調達してきました。もう毎年恒例になっていますね。
P1070358-2.jpg

ただ、普通に調理しても面白くないので、ポン酢をひと工夫。テレビの料理番組で紹介されていたのを参考にしたのですが、ポン酢としょうが汁をゼラチンで固めました。
P1070367-2.jpg

これをマドラーでかき混ぜ、レモン汁とゆず胡椒を加えて味を調えれば出来上がり。薬味は玉ねぎとブロッコリースプラウト、青ねぎ、こんがり揚げたにんにくです。
P1070374-2.jpg

うん。切り身は水っぽくならないし、にんにくの香ばしさもいい味出してます。やっぱり手間をかけるとその分美味しくなりますねえ。来週から釣魚キープ解禁なので、アジやカマス料理も頑張ります。
スポンサーサイト
[ 2008/06/28 20:27 ] 料理 | TB(0) | CM(12)

釣り物が増えてきました 

忙しかった仕事も一段落し、天気もそれほど崩れそうになかったので、いつものごとくアジング検証&小物釣りに行ってきました。

今回は少し早く16時前に由良へ到着。サビキ師が数人居るだけで閑散としている。まだ時間が早いので、軽く外道を狙って遊ぶことに。メバームを沈み根の際へ落とし込み、ふわりふわりと動かしていると早速反応がある。
P1070312-2.jpg

ここ数日の雨の影響か若干濁りが入っているので、ルアーの動きが目で追い辛い。それでもフグの猛攻を避けながらガシラを数匹キャッチ。スクリューテールグラブにチェンジしさらに調子に乗って動かしていると、待望のブサイクがヒット。
P1070316-2.jpg

なぜか一仕事を終えたような気分になる。いやいや、本命狙いはこれからだ。まだ潮位は低いままだが、ロッキースラッグ&自作ジグヘッドのコンビでアジのチェイスを確認する。すると5投目ぐらいから細長い魚が数匹ついてくるようになった。アジに代わってようやくカマスが回り出したか。

ただ、どれだけアクションを変えても口を使ってくれない。思い切ってワンダー45にチェンジし、イレギュラーダートを入れながら巻いてみると、さらに激しく追ってくるのだがヒットに至らない。まだサイズが小さいので厳しいかなと思いながらガンガン巻いていると、ようやくゴツンとヒット。サイズの割りに結構引くと思いきや。
P1070318-2.jpg

なぜか良型のアジ。がっちりとフロントフックに掛かっている。時刻は17時ジャスト。今後の日中アジングの戦略に一石を投じる獲物か。今回もリリース期間中なので、泣く泣く海へ返す。その後も同様のアクションで攻め続けたが何も追ってこなくなったので、スクリューテールグラブに戻す。

そして5投目。表層をリズミカルに動かしていると横からひったくるようなアタリが。慎重に寄せてくると、アジを狙っていたつもりが本年初のカマス。まだ鉛筆サイズだが、面構えはなかなかのもの。その後もポツポツとカマスを追加する。
P1070325-2.jpg

ワーム以外にも、シラスミノー、ジェイド、ラパラCD-5なども試してみたが、アタックしてくるもののうまくフッキングしてくれない。もうしばらくは小さ目のルアーを使った方が良さそうだ。
P1070328-2.jpg

それでも粘りに粘って、ダイソーの100円メタルジグをジャカジャカ巻きして3匹連続キャッチ。塩焼きにしたら旨そうだが、これも魚体に触れないようにしてリリースする。例年に比べてシーズンインが遅れ気味のようだが、7月以降が楽しみ。

夕暮れ後は流れ込みの近くへ移動し、バグアンツでチヌを狙うことに。尋常でない数のボラが跳ねているのが気になるが、根気良く底を探っているといつもの相棒がヒット。やっぱりチヌは居ないのかなあ。
P1070335-2.jpg

雨が次第に強くなってきたので、前回大苦戦した常夜灯下のポイントで締めくくることにする。まずはスクリューテールグラブをキャストすると、難なく2投目でアジがヒット。ミートネールに変えても同様にヒット。

ただ、アタリの出方が厳寒期のようにモヤッとかモゾッとしている。これは電撃フッキングの練習に好都合。ルアーの動きに違和感が出た瞬間に合わせを入れると、グィーンとアジの心地良い引きが竿を通して伝わってくる。サイズも22cm前後に成長していて、ファイトもなかなか面白い。
P1070346-2.jpg

最後に一段と激しくなった雨の中、無名のワームを四方八方に投げていると、捨て石の際でベビーメバルがヒット。これにて期せずして五目釣り達成。あまりアジング検証になっていなかったような気がするが、いろいろ楽しめたということで21時に納竿。
P1070350-2.jpg

という訳で、3回連続で大雨の中の釣行となってしまい、雨男ぶりが見事証明されてしまいました(笑)。次回は7月4日か5日に出撃予定ですが、天気が持ち堪えてくれればアジもカマスもかなり有望です。


日時:
2008年6月21日(土)16:00 ~ 21:00

釣果:
アジ:  22cm前後 8匹
カマス: 20cm前後 6匹
その他、ガシラ、メバル、ベラ

タックル:
ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000
ファメロVF-W68+バイオマスター2000PGS

ヒットルアー:
オフト(OFT) スクリューテールグラブ1.5インチ GF809 グローパールホワイト、メバーム・チビ、ビバ(Viva) ミートネール 2.5inch #024 メロングリーングロー、無名ワーム、エコギア(ECOGER) カサゴ職人バグアンツ 2インチ 250(リアクションSPフロート(夜光))ラッキークラフト(LUCKY CRAFT) ワンダー45 FKペパーミントグリーン、ダイソーの100円メタルジグ
[ 2008/06/22 01:01 ] カマス | TB(0) | CM(13)

金目鯛でも食べましょう 

今週も所用により釣りに行けませんでしたので、久々に魚料理です。
P1070285-2.jpg

泉佐野の魚市場で良型の金目鯛を入手してきました。脂の乗った40cmオーバーです。良く見ると口元におかしな物が。
P1070288-2.jpg

延縄?で揚がったらしく、ねむり針が付いたままでした(汗)。慎重に針を外し、姿造りに仕上げようと試みたのですがなかなか・・・。
P1070305-2.jpg

面倒だから適当に切り身を置いてみましたという雰囲気が丸出し(爆)。そもそも大皿が無いので寿司用のゲタに置いてみました。これでもサイズが足らなくてはみ出ています。でも、味は説明するまでもなく最高。しっとりとした脂とモチモチした食感が病みつきになりそうです。
P1070281-2.jpg

これは別の日に小さ目の金目鯛で作った炊き込みご飯。しめじと薄揚げがキモです。鯛飯にも劣らない味わいでした。

アジングについては、応用編として日中アジングの記事をまとめている最中ですので、しばしお待ちを。
[ 2008/06/15 16:45 ] 料理 | TB(0) | CM(15)

渋いアジング検証 

最近、アジングというキーワードで訪問される方がさらに増えていますが、何とかその期待に応えるべく(?)、2週間ぶりに実践で検証してきました。

今にも雨が降り出しそうな曇天の中、16時半に以前日中アジングで爆釣したポイントへ到着。カマスが釣れ始めると餌師やルアーマンがずらりと並ぶはずなのだが、今日はほとんど人が居ない。今年はシーズンインが遅れ気味のようだ。とりあえずアジングタックルを準備する。

海の様子に注意を払いながら親水護岸を歩くが、潮が引ききっていて生命感が無い。足下から15mほど沖まで藻が生い茂り、水深は1m前後といったところか。無理やり遠投して藻の切れ目を狙うしかないだろう。メバミートジグヘッド1.5gにロッキースラッグのスモークを装着し、横風が収まるタイミングを見計らいながらキャスト。

沖もせいぜい水深は2mぐらいと予測し、着水後すぐにアクション開始。ルアーと見破られないよう、小さく鋭いシャクリやジャークを混ぜながら一気に巻く。そして、藻の切れ目付近で一瞬動きを止め、食わせるタイミングを入れてみる。なかなか骨の折れる作業だ。1,2投目は異常無し。

そして3投目。先ほどまでより若干長い目のポーズを入れてみると、ゴンッとヒット。藻に潜られないよう強引に寄せて掛かると、お馴染みの白銀色の魚体が見えた。慎重にゴボウ抜きして写真撮影。20cmは超えてそうだ。時刻は16時40分。曇天とは言え、明るい時間帯でのキャッチは嬉しい。
P1070235-2.jpg

写真では分かりにくいが、ジグヘッドが扁平なのでイレギュラーなアクションが入れやすい。
P1070239-2.jpg

次投もフォール時にアタリがあったが、油断していたせいでフッキング失敗。その後も早い動きで誘いをかけてみるが、まったく反応が無くなってしまった。群れが去ったのか、それとも高活性の固体が居ないのか。クールダウンの意味も込め、近くの捨て石場でしばし根魚と遊んでみる。
P1070242-2.jpg

ガシラは簡単にヒットしてくれるが、ベラやアナハゼは姿を見せず。狙うと逆に釣れないもの。その代わり、フグ達がワームを芋虫状態にしてくれる。

To:グランツさん ブサイクシリーズは意外と手ごわいです(爆)
To:レキオスさん ベラサンドへの道のりは険しいです(再爆)

ひとしきり遊んだ後、糸ヨレを解消するためにシラスジグをブン投げていると、見たこともない小魚がヒット。これは一体?
P1070261-2.jpg

いつの間にやら18時を過ぎ潮位もやや回復してきたので、再びアジングに勤しむことにする。自作ジグヘッドにロッキースラッグのクリアのコンビで、水面直下をスピーディーかつイレギュラーに誘っていると、目の前2mほどでガツンとひったくるようなアタリ。さっきのアジよりグイグイと走る。口切れに注意しながら慎重にキャッチ。
P1070254-2.jpg


P1070253-2.jpg

全然大きく見えないが、実際は22cmぐらいの良型。オールリリースキャンペーン期間中につきキープできないのが痛いが、このサイズが日中に釣れると満足だ。その後3匹連続ヒットで爆釣への期待が膨らんだが、再びアジからの反応が皆無となってしまった。まるでカマスの時合みたいだ。

そして、辺りが薄暗くなってきた19時前に、スクリューテールグラブで何とか1匹追加。夕マズメはどの魚を狙うにしてもベストタイムのはずだが、アジングの場合は激しい動きで誘っていたのをスローな動きへ転換する時間帯なので、私は意外と苦手だ。今後の課題ということで、しばし夕食を取りながら休憩。
P1070268-2.jpg

完全に日が落ちてからは、前回も訪れた常夜灯と捨て石の複合ポイントへ移動。ところが、イージーに釣れるという予想に反して大苦戦。1投目にメバームのピンクでキャッチしたまでは良かったが、その後はショートバイトが頻発。スクリューテールグラブのオレンジとホワイトで何とか1匹ずつ追加したものの、ティーリーフミノー、ロッキースラッグ、アジリンガー、メバダンゴ、カーリーテールグラブではフッキングできず。あるとあらゆるアクションを試したが、アジの方が1枚も2枚も上手だった。
P1070269-2.jpg

満を持して投入したミートネールで何とかキャッチしたと思いきや、お呼びでない珍客。ひょっとして、ショートバイトの正体はこれか? でも、単発でアジらしきライズも見えるしなあ。最後に波止に移ってシラスジグをキャストすると、いきなり1投目でアジがヒットしたが足下でバラシ。続投したかったが、突如として大雨が降り出してきたので止む無く納竿。

伸びかけてきた鼻を折られた格好で意気消沈。日中アジングも夜間アジングもまだまだ修行が必要のようです。


日時:
2008年6月7日(土)16:30 ~ 21:30

釣果:
アジ:  20~22cm 8匹
その他、ガシラ、キンギョ、謎の魚

タックル:
ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000

ヒットルアー:
ロッキースラッグ、オフト(OFT) スクリューテールグラブ1.5インチ GF809 グローパールホワイト、メバーム・チビ、ビバ(Viva) ミートネール 2.5inch #024 メロングリーングロー、シラスジグ
[ 2008/06/08 09:58 ] アジ | TB(0) | CM(21)

お手軽アジング(4)ワーム 

とうとう関西地方も梅雨入りしましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。今回は、前回すっ飛ばしてしまったルアーについて書きます。ルアーと言っても、ご存じのように最近の私はワームを中心にして(ほとんどワーム?)、アジングを組み立てていますので、その辺りはご容赦ください。

<基本はやはりジグヘッド+ワーム>
手軽に釣るなら、メバル・アジ用ジグヘッド(1.0g)と細身のワームの組み合わせが王道です。コンディションによっては、1.5g以上の重い目のジグヘッドの方が効果的な場面もありますが、基本的には1.0gの方が釣果は安定しています。

<ジグヘッドの種類>
市販のジグヘッドならメバル弾丸、メバル流弾丸をよく使いますが、口の小さなアジに掛かりやすい細身のものなら何でも良いのではないでしょうか。ロケットヘッドやメバミートジグヘッド(まだ売ってるのかなあ)なども好きです。

<自作ジグヘッド>
コスト面から、最近はジグヘッドを自作することが多いです。ダイワのフロートリグ対応フック、ガマカツのJIG29、デコイのJIG12などといったフックに、割りビシ大(1.0g)を装着し、瞬間接着剤を垂らせば出来上がり。時間があれば、浮き止め糸を使ってワームキーパーを付けてもいいでしょう。
P1070231-2.jpg

自作ジグヘッドは、市販のジグヘッドより根掛りが少ないような気がしますが、実際いかがでしょう? 形状による泳層の違いか、それとも大事にリトリーブするからなのか分かりませんが、不思議とあまりロストしないです。
P1070234-2.jpg


<肝心のワームは?>
私のよく使用するワームについては、過去の釣行記を読んでいただければ分かると思いますが、念のため挙げておきます。

P1070221-2.jpg

・ロッキースラッグ
かつてはnuemi=ロッキースラッグと言われていた?頼りになるワーム。長いテールを生かすシェイク&フォールで無類の強さを発揮。日中のアジングでも実績あり。

P1070224-2.jpg

・スクリューテールグラブ
最近再び出番が増えてきた古豪。やはりバカ売れしただけのことはあって、ただのスローリトリーブでもよく釣れる。パイロットルアーとしても秀逸。

P1070228-2.jpg

・ミートネール
厳寒期はほとんど出番がなかったが、バチ抜け時に圧倒的な強さを見せ付けたワーム。かなり長いが丸呑みされることも多い。

P1070225-2.jpg

・ママワームシラウオ
独特の粘着力があり針に刺すのは相当難しいが、いったん刺さればバイトでずれることはほとんどない。耐久性もあるし、手返しの良さが要求される場面では心強い。

P1070218-2.jpg

・ティーリーフミノー
ほとんどアクションしていないように見えるが、その控えめな動きがスレアジに効く。このカラーはコマセ付きのアジに効果的。

P1070214-2.jpg

・メバダンゴ
テールの団子がちょうど良い大きさの波動を生み出し、波風の強い荒れた日に大活躍。一通り攻め尽した後に投入しても面白い。

他には、メバーム、ストローテールグラブスリム、じゃこまろといったところでしょうか。もちろん、最後の手段として激臭系のサンドワーム、ベビーサーディン、アジリンガーもタックルボックスに忍ばせています。

<アクションは?>
どのワームを選択するかも大事ですが、それらをどのように動かすかも重要です(スレた日は特に)。表層早引き、中層ただ巻き、リフト&フォール、シェイク&フォール、ダートやスライドなどいろいろなアクションがありますが、慣れないうちは、中層ただ巻きとゆっくり目のリフト&フォールだけでいいかも知れません。

※リフト&フォール:ロッドを軽く振り上げ、その位置でロッドを止めておくと、ラインが張られたままワームがゆっくりと沈んでいく。しばらくしてラインを巻き取り、再び同じ動作を繰り返す。

なぜなら、アクションを入れることに意識が行ってしまうあまり、アタリを取ることに集中できなくなる恐れがあるからです。慣れてきたら、アクションの合間にアタリを取るタイミングを意図的に入れたり、アクションを入れながらもアタリが取れるようになります。
P1050048-2.jpg

いずれにせよ、明るい時間帯にワームの動きを確認しておきましょう。どのジグヘッドにどのワームを組み合わせ、どのようなロッドアクションでどんな動きをするかを一通り頭に入れておけば、夜間でもイマジネーションを膨らませながら楽しく釣ることができるのではないでしょうか。

<浅場対策>
同じ浅場でも底が砂地ならアジは居着きにくいですが、捨て石や藻などの障害物があれば意外とアジが群れているものです。そういった場所でも、居ないと決めつけずに、とりあえずワームを投げてみましょう。根掛かりの恐怖と隣り合わせですが、予想外に爆釣したりするものです。

まだ実験段階ですが、根掛かりを回避するために、自作ジグヘッドのオモリを瞬間接着剤を使わずに軽く止めておくというのも手です。たとえ捨て石の隙間に挟まっても、針とワームが生還することがままあります。もちろん、こまめにチェックしなくては、キャストの最中にオモリだけが飛んでいってしまうこともありますが(笑)。根が複雑な場所で一度試してみてください。

<一応はメタルジグも>
十数年前、初めてルアーでアジを釣ったのはメタルジグを使ってでした。確かヨーヅリのスピードジェムという金色の小型ジグを沖の停泊船の灯かり目がけて大遠投し、ひたすらカーブフォールさせて誘ったのですが、本命のカマスが一匹も釣れず小アジばかりが掛かってガッカリしたと記憶しています。

それ以来、メタルジグではあまりキャッチしていないので偉そうな事は書けませんが、爆釣ジグとシラスジグが私の中では比較的実績があります。

P1010632-2.jpg

<まとめ>
今回もダラダラと書き連ねてしまいましたが、私が言いたいのは「ここに書いていることにとらわれず、いろいろ試してみるのが一番」ということです(笑)。一昔前はルアーでアジなんて誰も狙っていなかった訳ですが、それが今やこれほどまでメソッドが確立されているのです。これからもどんどん進化していくのではないでしょうか。ルールやマナーを守りつつ、末永く楽しみたいものです。
[ 2008/06/05 23:10 ] お手軽アジング | TB(0) | CM(8)
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。