The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タコならやっぱり 

土曜の獲物のタコ。公約どおり、これでたこ焼きを作ることにしました。
P1070576-2.jpg
まずは軽くゆでます。イカと違い胴体の身は少ないのですが、足が太く食べ応えがありますね。
P1070579-2.jpg
小さくきざんで準備万端。邪道かも知れませんが、あり合わせのエビやコーンも入れることに。
P1070581-2.jpg
一年ぶりに焼くので、最初はボコボコで散々な出来でしたが、次第にうまく丸まってきました。
P1070585-2.jpg
外はぱりぱり、中はふんわり。青のりを切らしていたのは痛かったですが、味はなかなかイケましたよ。

今週末も中紀へ出撃予定です。タコはもちろん、チヌやアジ、カマス、タチウオと、狙いを絞るのに苦労しそうですね。サンドワームでキスやアナゴも密かに狙ってみようかとも思っています。
スポンサーサイト
[ 2008/07/31 21:05 ] 料理 | TB(0) | CM(7)

第1回中紀男祭り 

最近とてつもなく暑い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。昨日は、以前から計画を進めていた、ソニックさんと釣り男さんとの中紀男祭りを開催しました。

現地集合ということなので、私は15時過ぎから前回と同じ場所で日中アジングの検証開始。ところが暑いのなんの。ルアーを投げては巻いてという作業を行っているだけで、体中から汗が噴き出してくる。おまけに赤潮もわいて決して良いコンディションではないが、ロッキースラッグをリズミカルに動かしていると、お約束のベラがヒット。何とかボーズ回避成功。
P1070528-2.jpg
16時過ぎに釣り男さんと合流。二人で自己紹介や世間話をしながら探り続けるが、相変わらず澱んだ海からは反応が無い。普段は夜間や朝マズメを中心に釣られている釣り男さんも、ちょっとしんどそう。うーん、これでは日中アジングの検証にならないなあ。

それでも、スクリューテールグラブにチェンジし低層をスピーディーに攻め続けていると、藻際でガツンとヒット。またベラ?と思いながら、ビュンビュンと走る魚体をいなしていると、アジらしき姿が近づいてきた。でも色がちょっと派手だぞ。
P1070531-2.jpg
・・・あらら。アジではなくシオ(子カンパチ)。どおりでガンガン潜るわけだ。暑さにやられてバテ気味だったが、ちょっとテンションが上がってきた。メバームに変えてからも同様に攻め続けていると、今度はガシラ。
P1070534-2.jpg
かなり日が落ちてきたので、カマス狙いのミノーを引いてみるが、今日はまったくチェイスが見られない。地元の常連さんの話では、昨日はルアーでも餌でもカマスが爆釣したらしいが。昨日までは調子が良かったのに、というのはよくある話だ。

18時を過ぎると常連さん達が続々と帰り支度を始めたので、我々も見切りをつけてもう一つのカマスポイントへ移動。他に釣り人がいなくて貸切状態だったがカマスもお留守。それでも19時過ぎに、釣り男さんが捨て石の際でガシラをキャッチ。
P1070535-2.jpg
ここでソニックさんが合流。軽く挨拶を交わした後、最初に釣っていたポイントに戻り、三人並んで竿出しする。横風がどんどん強くなっているのが気になるが、リグを小まめに変えて探っていたソニックさんにガシラがヒット。今日はガシラ祭りか? 私は表層でアジを掛けたが、抜き揚げる寸前にバラシ。

そして21時に、前回ソニックさんがアジを連発されたポイントへ移動。潮があまり動かないので厳しいかと思っていたが、いきなり釣り男さんがキャッチ。マーズのアローンにて。
P1070540-2.jpg
私はストレンジャーでキャッチ。今日もアジは溜まっているようだ。
P1070549-2.jpg
捨て石際を探っていたソニックさんはガシラ祭りの続き(笑)。
P1070546-2.jpg
ミートネールやメバームでもアタリが来るが乗らない。ストレンジャーに戻すと再びヒット。
P1070556-2.jpg
エエ格好しようと気合を入れすぎてバラシを連発する私を尻目に、ソニックさんと釣り男さんは次第に本領発揮。遠投して沖のボトムに張り付いたアジを狙い打ちして、コンスタントに数を伸ばされる。
P1070542-2.jpg
時間が経つにつれ次第にアジの反応が鈍くなってきたが、三人で世間話を交えながらノンビリとアジングを堪能。各自予定があったので、22時半にいったん解散。ソニックさんはお家へ。釣り男さんは南の釣り場へ。私は疲労困憊だったので軽く仮眠ZZZ・・・。

目を開けると23時を過ぎている。眠い目をこすりながら釣り男さんがガシラを釣った波止へ戻り、昔ながらのベイトタックルにタコジグをセット。嫁の命令?を思い出し、たこ焼きの具を狙うことに。根気良くヘチ際で上下させる。

単純作業なので再び眠気に襲われたきたが、しばらくするとグニュッと藻に絡まったような感覚が伝わってきた。???と思いながら強引に巻き上げてくると、海面からプッシューという音が。足場が高かったものの、意を決してゴボウ抜き。
P1070568-2.jpg
いつ見てもかわいくないけど、夏のタコは最高。カマスは空振りでアジも数が伸びなかったけど、最後の最後でノルマを達成して納竿。
P1070571-2.jpg
釣り男さんに良型を一匹もらいました。多謝!

釣り男さん、ソニックさん、お忙しいところわざわざ中紀まで足を運んでいただき、本当にありがとうございました。日中は暑いわ、思うように釣れないわでどうなることかと思いましたが、最後にアジの姿を見ることができて良かったです。同じ年代同士、釣り以外にもいろいろお話できて楽しかったですし。また男祭りやりましょう。


日時:
2008年7月26日(土)15:00 ~ 23:30

釣果:
ア ジ: 20cm前後  4匹
シ オ: 22cm 1匹
ガシラ: 23cm 1匹
タ コ:    1匹
ベ ラ: 18cm 1匹

タックル:
ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000
スコーピオンクイックファイヤー+アルキー662ML

ヒットルアー:
ロッキースラッグ、オフト(OFT) スクリューテールグラブ1.5インチ GF809 グローパールホワイト、メバーム・チビ、ストレンジャー、ヨーヅリのタコジグ
[ 2008/07/27 07:32 ] アジ | TB(0) | CM(14)

みかんモノレール 

三連休の初日は、避暑を兼ねて海ではなく山へ足を伸ばしてきました。

県境を越えて奈良県へ入り、私の生まれ故郷のそばを通過してとある山へ。
P1070489-2.jpg
モノレールの線路。もともとは山で収穫されたみかんを運ぶために設置されたのでしょうが、これを改造したものに乗って登っていきます。
P1070481-2.jpg
運転手のおじさんの頭が入っていますが(汗)。実は小さい頃はコレに乗りたくて仕方がなかったのです(爆)。
P1070487-2.jpg
標高が高く天気も良くて気分は最高。
P1070484-2.jpg
ガタゴト揺られて約5分。上からの眺めは美しかったです。
P1070492-2.jpg

とまあ、これだけではただのモノレールマニアの日記で終わってしまうので、帰る途中で小さな養殖釣り場にて軽く竿を出してみました。
P1070493-2.jpg
太い竹竿、玉浮きに餌はイクラという定番のタックル。20匹ほど目の前で放流されたので、魚が居るのは確実(笑)。
P1070495-2.jpg
最初は勝手が分からず苦戦しましたが、何とか1匹キャッチ。たかが養殖ニジマスと侮ること無かれ。浮き下や流すラインを間違えば、まったく口を使ってくれません。
P1070497-2.jpg
とまあ、偉そうなことを書きましたが、ヘッポコ嫁は私の苦労も知らず、簡単に1投目から釣っていました(汗)。
P1070508-2.jpg
結局、1時間ちょっとで12匹お持ち帰り。どう料理すべきか迷いましたが、「俺は燻製になりたいんだー!」というニジマス達の声を無視して、6匹はただの干物となる運命に(爆)。残りはムニエルか香草焼きにする予定です。
[ 2008/07/20 09:11 ] その他 | TB(0) | CM(17)

カツオ違いですが 

この前は初カツオをタタキにして食しましたが、今回はスマガツオ300円という値札を見て思わずバイトしてしまいました。でも持ち帰ってよく見ると・・・。
P1070448-2.jpg

これはハガツオですな。ちゃんと確認せずに買ってしまった私も私ですが(汗)。細身で脂も少なそうだったので、三枚におろし軽く表面をあぶってサラダに入れました。
P1070451-2.jpg

野菜でカモフラージュ作戦は大成功(笑)。フルーツビネガー入りドレッシングを使ったのでさっぱりとした口当たりです。

そして泉南の夏と言えばアナゴ。しばしば天ぷらにして食べるのですが、今回は無理やり「アナゴ・ナス・オクラ天ぶっかけうどん」に仕立て上げました。見た目はどうしようもなく貧弱なのですが、味は大丈夫なのか?
P1070459-2.jpg

予想以上の旨さに満足。レモン、しょうが、大根おろしが、個性の強い具をうまくまとめているような気がします。

料理はともかく日中アジングの特集記事はどうなった!というクレームがそろそろ届きそうですね(爆)。しかしながら、まだご紹介できるような域にまで達していません。「釣れた」ではなく「釣った」という形で数が出れば、説得力の伴なった記事が書けるのですが。一応、ストラクチャーとロッドアクションを中心にまとめる予定です。
[ 2008/07/12 21:11 ] 料理 | TB(0) | CM(13)

前哨戦ということで 

さて、今回は久々にソニックさんとの釣行です。本当は釣り男さんを交えて中紀男祭り?を開催する予定でしたが、なかなか三人の都合を合わせることができなかったので、とりあえず前哨戦ということで二人でアジとカマスの様子を見に行ってきました。

15時前に前回も訪れた由良の波止へ到着。潮位が低く、どんよりとした雰囲気は相変わらずだ。私はメタルジグ、ソニックさんはワームで早速チェックを開始。ダイソーの100円メタルジグを早巻きしてみるが、カマスのチェイスは無し。まだ時間が早過ぎるのかなあと思っていると、ソニックさんがいきなり良型アジをキャッチ。
P1070390-2.jpg

ボトムをスローに攻めていたらヒットしたとのこと。禁断の激臭ベビーサーディンを使っているとはいえ、この時間帯に引きずり出すのはさすが。ならばと、私も激臭サンドワームを取り出して自作ジグヘッドに装着。やや濁りが入っているものの点々とシモリが見えるので、その付近をしつこく探っていると見事にヒット。
P1070392-2.jpg

確かに前回釣行では、「待望のブサイクがヒット」と喜んで書いていたけど。その後も、ひたすらベラベラベラ。一方でソニックさんは、何度かチヌらしき大物をばらしたみたいだ。同じ場所で釣っているのに、こうも差が出るとは。

そうこうしているうちに16時を過ぎ、ようやくカマスが回遊してきた。木屑類のゴミが浮遊していてフックの多いプラグは扱い辛いので、メバームを中層でダートさせているとガツンとヒット。まだサイズは小さいが獰猛さは親譲り。ようやくキープ解禁となったので、ありがたくクーラーへ収納させてもらう。
P1070395-2.jpg

ソニックさんもワームでヒットさせているが、ラインブレイクが続出。同じ2.5lbを使っているというものの、ナイロンとフロロで差が出てしまうようだ。それでも意地の一匹。
P1070398-2.jpg

ところが、あっという間にカマスの群れは消え、足下に群れていた小魚も居なくなってしまった。ならばと、大遠投してベラ覚悟でボトムをスローに引いていたらようやく私にもアジがヒット。光量が少なく濁りも多い目だったので、激しいアクションを入れない方が良さそうだ。
P1070399-2.jpg

ソニックさんは捨て石周辺で小ガシラを連発。しかし、ベラに口を使わせずにガシラのみを掛けるのは実に不思議。根本的に私とロッドアクションが異なるのだろうか。
P1070401-2.jpg

期待に胸を膨らませていた夕マズメは、まったく潮が動かずに不発。やむなく別の波止に移動してみたが、すでに時合を過ぎており、シラスミノーのスローリトリーブで何とか一匹カマスをキャッチしたのみ。
P1070405-2.jpg

日没後はアジング釣り場へ移動。街路灯が消えているのを気にしながら竿を出してみるものの、一面が豆アジで埋め尽くされていて意気消沈。それでも、私が別の釣り場のことを思案している間にソニックさんがキャッチ。周りのサビキ師が釣っているのもこんなサイズばかりのようだ。
P1070410-2.jpg

次に、前回も訪れた漁港に隣接した狭いポイントでアジの有無をチェック。定番のミートネールをキャストすると、早速一投目のフォール時から反応がある。ところが、手の打ちようがないぐらいのショートバイト。スクリューテールグラブに変えても状況は変わらない。そんな中、気配を殺しながらキャストしていたソニックさんにヒット。
P1070412-2.jpg

ワームはマーズのストレンジャー。どうも他のワームではフッキングまで至らないようだ。ご好意にあずかり、私もストレンジャーを使わせていただくと一投目からヒット。二人で釣っていると、その日の当たりルアーに辿り着くまでの時間が格段に短縮される。
P1070421-2.jpg

その後も二人でバタバタとまとめ釣りしたが、元来狭い場所なのですぐに反応が鈍くなってしまった。それでもソニックさんは、ニュータックルで電撃フッキングを入れまくり10匹以上釣ったようだ。私は簡刺しワームにチェンジして2匹追加。
P1070426-2.jpg

キープ分は何とか確保できたので、その後はプラグやメタルジグも一通り試してみたが、超ショートバイトのみでほとんど相手にされず。ハード系でコンスタントにアジが釣れるようになれば、もっと楽しくなるだろうに。

いつの間にやら時刻は22時半。ひとしきり満足したが、泉南あたりも覗いてみようという話になり、国道を北上。ところが、峠の途中で警察に呼びとめられた。少し物々しい雰囲気。何事かと思いきや、事故で道が塞がり復旧までに1時間以上かかるとのこと。ああ・・・。

雨男が二人揃うと、マイナス×マイナスでプラスになって晴れたとか冗談を言っていた直後にこの災難。ちなみに十数年この峠を行き来しているが、通行止に遭遇するの初めて。ものすごい確率(爆)。やっぱりマイナスはマイナスか? 

迂回したせいで大きく時間をロスしてしまったが、24時ごろに街路灯が照らす大きな漁港へ到着。潮が澱んでいて先行者も苦戦している様子。おまけに、水深があり透明度の低いポイントはもっとも苦手なシチュエーションだ。

ソニックさんはさすが場慣れしているらしく、淡々とワームをキャストし底をスローに攻めている。そして、潮が動き始めた直後にアジをキャッチ。
P1070428-2.jpg

私が超ショートバイトに苦戦している中、さらにヘチ際でメバルもヒット。うーん、しばらく釣りに行ってないという言葉が信じられないぐらいシャープな合わせの動作だ。
P1070430-2.jpg

これは同じやり方では太刀打ちできないと判断し、爆釣JIGで岸壁ジギングもどきを行うことに。底まで沈め、アクションを入れずにスローに巻き上げていると、1投目からかすかな反応。ゆるりと合わせを入れると、まるでゴミのような感触。
P1070435-2.jpg

その体でルアーに喰らいつくとは上等。変な模様だけど一応メバルのようだ。最小記録&メタルジグでの初メバル(汗)。二人とも脱力感に抗うことができずこれにて納竿。
P1070437-2.jpg


ソニックさん、お忙しいところ車まで出していただきありがとうございました。予想以上にコンディションが厳しく、思うように釣果を伸ばすことができませんでしたが、いろいろヒントになることが多く楽しい釣行でした。次は三人での男祭りに期待!


日時:
2008年7月5日(土)15:00 ~ 6日(日)01:30

釣果:
アジ:  20cm前後 7匹
カマス: 20cm前後 5匹
その他、ベラ、メバル

タックル:
ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000

ヒットルアー:
メバーム・チビ、ロッキースラッグ、オフト(OFT) スクリューテールグラブ1.5インチ GF809 グローパールホワイト、ストレンジャー、簡刺しワーム、シラスミノー、Jazz(ジャズ) 爆釣JIG メバルチューン センターバランス 3g 002(ブルーイワシ)
[ 2008/07/06 19:14 ] カマス | TB(0) | CM(12)
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。