The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

釣りでも魚料理でもなし 

半年ほど前にオープンした大型ショッピングモールにて食材を物色していた時に、思わずバイトしてしまいました。
P1070894-2.jpg
行きつけの魚市場で普段見かけるモノよりかなり大型(760g)のワタリガニです。調子に乗って生きたまま持ち帰ったのですが、すべての足を取り去るまで暴れ続けたので、最後は汗だくになってしまいました。実はワタリガニの解体は初めてだったりして。
P1070898-2.jpg
このうち、足や胴体はキムチチゲに入れることに。写真は取り忘れたのですが、足から出るダシは香ばしいし、胴体は予想以上に身が詰まっていてかなり満足できました。締めの雑炊も最高。

翌日は右皿に取っておいたみそと卵でパスタ。トマトベースで、ニンニク、ブイヨン、白ワインを使って軽く味付けをすれば、あっという間に出来上がり。
P1070903-2.jpg
うーん、ただのミートソーススパにしか見えないのが悲しい。味は思っていたほどしつこくなくサッパリ系ででした。右側遠方は残っていたアジで作ったマリネ。野菜もしっかり摂らなくては。

台風が接近しているようですが、今週末は潮も悪くないですし、メッキ、アオリ、アジを確実にキャッチしたいところです。カマスやタチウオも狙いたいのですが、夕マズメはメッキに集中したいし…。秋は釣り物が多くて大変ですねえ。
スポンサーサイト
[ 2008/09/28 20:00 ] 料理 | TB(0) | CM(12)

久々に徹夜で 

前回の釣行は時間が短く、思うようにいきませんでした。今回はその時の鬱憤を晴らすべく、久々に徹夜で頑張ってみました。

仕事をほぼ定時で切り上げ、帰宅後すぐ風呂に入って身支度を整え出発。通勤渋滞に巻き込まれたが、予定通り21時前に由良へ到着。ちょうど満潮から下げ始める時間帯だ。まずは恒例のアジングポイントへ。ここ1ヵ月ほど訪れていなかったが、調子はどうだろうか。

手始めに、ニードルリアルフライでアジの有無をチェック。1投目からゴツゴツとアジのアタリがくる。でもサイズがかなり小さそうだ。
P1070811-2.jpg
予想どおり20cm弱のアジがヒット。その後も同じようなリリースサイズが連発。ワームを変えてもアクションを変えてもゴツゴツ、ゴツゴツ…。

サイズの伸びが期待できないので、1時間弱で切り上げてアオリ狙いに方向転換。車で5分ほど移動して、前回アオリをキャッチしたポイントへ。懲りずに再びベイトタックルで餌木を投げることにする。夜中なのに、バックラッシュは大丈夫か?

サミングを早い目に入れるよう心がけながら、ブレイクライン付近を攻める。そして軽いシャクリとフォールで反応をうかがってみるものの、海は静かなまま。次にちょっと沖へキャスト。フリーフォールで着底させた後、一度大きくしゃくってテンションフォールすると、グニューッとした感触が伝わってきた。この重みは意外と良型のようだ。竿が硬いので、身切れしないよう慎重に寄せてくる。
P1070821-2.jpg
胴長20cmほどのアオリをキャッチ。今回は、ちゃんとアクションを入れている時に釣れたので満足。その後は細かいアタリが数回あったが、さすがにオンボロのベイトタックルでは太刀打ち出来ず。日付が変わる直前に、一回り小型を何とか追加。
P1070828-2.jpg
ここで再度アジングにチャレンジすることに。さっきより湾奥で、常夜灯の明かりが筏で遮られたポイントを執拗に攻めていると、ようやく良型のアジがヒット。
P1070842-2.jpg
しばらく単発でヒットしていたが、2時を過ぎたあたりからまとまった群れが回ってきたようだ。ママワームシラウオ、スクリューテールグラブ、ロッキースラッグ、ミートネールをローテーションして、アジの目先を変えながら確実にキャッチ。時折リリースサイズが混じることもあるが、コンスタントにキープ数を伸ばす。
P1070843-2.jpg
もちろん今回も外道は予定どおり? いわゆるキンギョだけど、よく目にするネンブツダイやオオスジイシモチではなく、これはヨコスジイシモチのようだ。
P1070853-2.jpg
3時間近く攻め続けてさすがに反応が鈍ってきたので、地磯のポイントへ移動。潮位が低くなって丁度釣り易い時間帯だ。足下を洗う波に注意しながらニードルリアルフライを投げると、3投目にガツンとヒット。磯のアジは、基本的にいつも元気一杯。その後もキーパーとリリースサイズを交互に釣り上げる。
P1070858-2.jpg
少し空が白じんできたので、軽い気持ちでエギングタックルに持ち変えてみる。沈み根の横に餌木をキャストし、5秒ほどフォールさせてからチョンチョンと煽ってみると1投目からグニュッとヒット。さらにサイズがダウンしているのが気になるが、ありがたくキープさせてもらうことに。
P1070860-2.jpg
夜明けまで粘ったがこれ以外に反応が無かったので、最後にメッキを狙うべく流れ込みへ移動。最近の夕立やゲリラ豪雨の影響で、かなり水色が濁っている。まずはクリスタルポッパーで表層を探るものの、濁っていてルアーを認識できないのか、あらぬ所でポコポコとアタックしてくる。それでも何とか子メッキを1匹キャッチ。
P1070886-2.jpg
次にジェイドで中層を攻めると、ひたすらエソエソエソ。
P1070874-2.jpg
シラスミノーでもエソエソ。
P1070872-2.jpg
ところによって一時フグ。
P1070870-2.jpg
日が照り付けてきた7時に、徹夜フィッシングは終了。最後はバテバテでしたが、元気の良いターゲットを相手にかなり発散することができました。
P1070890-2.jpg
獲物はすべて両親と親戚宅へ進呈。我が家の冷凍庫にまだアジの切身が残っているので、自家消費するにはまずそれらを片付けなくては。


日時:
2008年09月22日(月)21:00 ~ 23日(火)07:00

釣果:
アオリイカ3匹、アジ40匹前後、その他メッキ、エソ、キンギョ、フグなど

タックル:
アルキー662ML+スコーピオンクイックファイヤー
ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000

ヒットルアー:
ヤマシタ(YAMASHITA) エギ王Q 2.5 OK2:オレンジ/金テープ、ニードルリアルフライ、オフト(OFT) スクリューテールグラブ1.5インチ GF809 グローパールホワイト、ロッキースラッグ、ビバ(Viva) ミートネール 2.5inch #021 シュリンプグロー、ママワームシラウオ、クリスタルポッパー、ジェイド、シラスミノー
[ 2008/09/23 16:55 ] アオリイカ | TB(0) | CM(9)

ベイトエギング 

前回のブログに掲載した、ベイトタックルによるエギングへの反響が予想以上に大きかったので一言。

あのー、道具が無いから仕方なくベイトで釣っているだけです(爆)。決して釣り易い訳ではありません。あまり物欲がないというか物臭な性格なので、あり合わせのモノで何とかしようと頑張っているのが真相です。

昨年は、ずっとスピニングタックルで釣っていましたが、リールは壊れるわ、竿は折れるわで、まるで呪われているかのようでした。幸いなことに、高価なエギング専用タックルでは無かったので、金銭的ダメージはそれほどではありませんでしたが。

完璧なタックルとカッコイイ装備で、颯爽とエギをしゃくっている人を見ると、確かにエエなーと思うことが多々ありますが、私にはあんなの似合わなそうだし…。
P1070760-2.jpg
ちなみにこのベイトタックル。リールは11年前、ロッドは15年前に購入したものです。リールはオープンウォーターでのライギョ・ナマズ用、ロッドは遠征時のバス用だったのですが、小さな2.5号の餌木でも意外と飛びますし、比較的釣り易い秋アオリなら何とか勝負になるのかなーと勝手に思っています。

ただ、ソルト仕様ではないので、リールのメンテを怠ると悲惨です。一度水洗いをせずに数ヵ月放置していたところ、ハンドルがまったく回らなくなっていました(爆)。

夏場にはこのタックルでタコジグも操りますので、ラインはファイヤーラインの18lbと極太です。横着せずにもう一回り細いラインにすれば、さらに餌木が操作し易くなるのかも知れません。

詳細は知らないのですが、ベイトタックルによるエギングは雑誌の広告にも登場し始めていますので、TPOに合わせてうまく使えばきっと武器となるのでしょう。最近のロッドは、感度も良くてアタリも取り易いでしょうし。

どなたか、ベイトタックルを使ってエギングを楽しんでいる方がいらっしゃれば、ぜひともインプレを聞かせていただきたいところです。
P1070771-2.jpg
話は変わって、東京出張の折に某大型釣具店でつい買ってしまいました。タチウオ&根魚用ですが、家の近所の釣具店の方が断然安かったりして(爆)。おのぼりさん気分での買い物は危険です。
[ 2008/09/14 16:06 ] アオリイカ | TB(0) | CM(9)

遠征ではなくホームにて 

前回のブログでは遠征すると書いていましたが、いろいろ事情が重なってしまい、月曜の昼間のみの釣行となりました。デーゲーム一本勝負というのは久しぶりなので、少々プレッシャーを感じながら、毎度おなじみの由良周辺で小物と遊ぶことにしました。

通勤渋滞が一段落した時間に出発したおかげでスイスイ南下。高速道路も割引が効き、ちょっと得した気分で11時前に到着。まずは、最近すっかりご無沙汰している日中アジングの検証を行うことにする。

9月と思えない暑さの中、自作ジグヘッド1.5gにママワームシラウオをセット。峠道を走っている時も気になっていたが、風の強さが半端ではない。おまけに西風と東風が交互に吹くようで、キャストのタイミングが取りにくそうだ。

とりあえずは何も考えずに正面へ弾丸キャスト。カウントダウンしている間に水色をチェックするが、最近夕立が多いせいか透明度が低い。さらに、先月まではイワシや小アジがわらわらと群れていたのに、今日はまったく姿が見えない。海の中も徐々に秋モードになって来たということか。

例のごとくジャークを多用し、たまに喰わせるタイミングを入れてみる。そうやって、アジやカマスのチェイスを確認してみるが、まったく追ってくる気配が無い。もっと低層で誘うべきと判断し、竿先を下げて小さく鋭く動かしていると、ゴンと底にへばりつくようなアタリ。いつもの外道か?
P1070738-2.jpg
藻に巻かれそうになりながらゴリゴリと巻いてくると、ブサイクシリーズ大本命のベラではなくガシラ。悪コンディション時には、いつも必ず慰めてくれる優しい奴だ。しかしながら、その後はママワームにはアタリはなし。

時間も限られているので、奥の手サンドワームを取り出す。そして、シモリの際に落とし込むと1投目から小物のアタリがくる。何でもいいからキャッチすべしと、力いっぱい合わせてみると、丸い物体が吹っ飛んできた。
P1070744-2.jpg
スレ掛かり気味だけど、一応ブサイク連続記録更新ということで(爆)。いつの間にか12時を過ぎていたので、駄目もとでアオリを狙うことに。いったん車に戻り、とても本気でやっているようには見えない、ベイトタックルと2.5号の餌木の組み合わせで、先ほどと同じポイントを叩く。

昨秋は足下のブレイクラインで良く釣れていたのを思い出し、その周辺を重点的に攻めてみるが、ライター以上携帯電話未満のサイズが隊列を組んで追いかけてくるのみ。うーん、今年はメッキも遅れ気味だし、アオリも成長していないのかなあ。

気持ちを切り替え、風が追い風になった瞬間に沖へ遠投。そして、ヨッコラショとクーラーボックスに腰掛けて餌木が着底するのを待っていると、何となくラインの動きが変。ひょっとして?と思いながらゆるゆる巻いてみると、はるか沖でブシューという音と黒い墨。ああ、また勝手にヒットしてしまった。

今シーズンの初アオリなので、ゆっくり寄せて慎重にごぼう抜き。昨年も小便メソッドでアオリをキャッチしたが、確か同じポイントだったはず。相変わらず腕は上達していないけど、結果的に釣れれば良しか。
P1070729-2.jpg
一通り攻め終えたので、昼食を摂りながら山道を南下し日高の幽霊テトラへ向かう。だが、いざ到着してみると、先ほどと比べ物にならないぐらいの突風が吹き荒れている。あらら、選択ミスか?
P1070736-2.jpg
写真では分かり辛いが、沖の方では白波が大量に飛び跳ねている。でも風は追い風気味なので、ポジション取りを間違わなければ何とかなるだろう。風向を見極めながら遠投する。そして先ほどと同じく、ジャークやシャクリの真似事で誘ってみると、またまたチビアオリの艦隊が迫ってくる。あと一ヵ月もたてば、成長して面白くなるだろうに。

テトラ帯を攻めた後に隣接する地磯もチェックしてみたが、やはり同じ展開。夕マズメになれば、それなりのサイズも接岸してくるのかも知れないが、今回は16時きっかりに納竿。貧果だったけど、お土産ができたということで一安心。はやく秋が深まって、食べ頃サイズが増えるのを祈るばかりです。

日時:
2008年09月08日(月)11:00 ~ 16:00

釣果:
アオリイカ、ガシラ、クサフグ各1匹

タックル:
アルキー662ML+スコーピオンクイックファイヤー
ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000

ヒットルアー:
ヤマシタ(YAMASHITA) エギ王Q 2.5 OK2:オレンジ/金テープ、ママワームシラウオ、バークレー ガルプ! サンドワーム 4インチ 化粧箱タイプ イワイソメ(NSW)
[ 2008/09/09 10:01 ] アオリイカ | TB(0) | CM(10)

アジパスタ再び 

冷凍庫の中に、以前釣ったアジのストックがまだ残っていたので、再び懲りずにパスタを作ってみました。
P1070696-2.jpg
前回は火を通して調理していたのですが、今回は生のままぶつ切りにして、ごま油で和えました。本当はオリーブオイルをからめ、にんにくを刻んで炒めたものをトッピングした方が風味が増しておいしいのでしょうが。手抜き料理の真骨頂ですな。あまり彩りは良くないのですが、ごまとねぎの風味が効いて意外とおいしいかったです。

こちら関西はぐずついた天気が続いていますが、皆さんの釣果はいかがでしょう? 私は、先週末はゴルフに時間を取られてしまい、海に出撃することができませんでした(涙)。やっぱり、潮風を浴びながら竿を振っている方が気持ちいいですね。

来週は月・火と休みが取れたので、ホームグランドの中紀から離れた所へ遠征してみようかなと計画中です。ご存じのとおり、これらの日は潮が全然動かないので、ある意味ギャンブルになるのですが(汗)。最近ますます好調のアジングも捨てがたいのですが、久々にのんびり餌釣りでも試そうかと思っています。
[ 2008/09/05 22:55 ] 料理 | TB(1) | CM(11)
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。