The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

さすがに厳しかった・・・ 

恒例の隔週釣行。2,3日前から冷たい雨が断続的に降っていて、あまり魚の活性は高く無さそうでしたが、運試し&力試しのつもりで由良へ出撃してきました。

今回は仕事が少々遅くなったので21時半に現地入り。3回連続で雨中での釣りになってしまったのは、日頃の行いがよろしくないからか? いつものホームグラウンドより、かなり北上した所にある波止に初めてトライしてみる。だが、北風を正面から受けるのでキャストもままならない。雰囲気は決して悪くないので、穏やかな時に再度挑戦ということですぐに移動。

前回に良型メバルを釣った捨て石場にて、まずは自作ジグヘッドとメバダンゴのコンビでブレイクライン付近を狙う。風は山に遮られてそれほど強くない。少しずつ移動しながら30分ほど攻め続けたが、海は完全に沈黙。買ったばかりのカブラも同様。

次にメバキャロを使って遠投し、沖向きをスローかつ広範囲に探ってみる。ワームもミートネール、ロッキースラッグ、自作ワームとローテーションしてみたが、まったくかすりもしない。これは相当危険な雰囲気だ。

近くの漁港の常夜灯の下で釣っている時に、男祭りで競演したソニックさんからメールが来て、ネットによると海水温が相当下がっているとのこと。これで活性の低さの理由が分かったが、どこに魚が居てどう攻めるべきか見当がつかない。

とりあえず深場に落ちているだろうということで、再びメバキャロを使って沖の低層を攻めてみるが、やはり反応は無し。そうこうしているうちに日付が変わってしまった。ボーズが頭をよぎり始めたので、ガシラ狙いでスロープへ移動。テキサスリグで、牡蠣殻の多い底をゆっくりゴリゴリと引いてみる。

すると、10投ほどでガツンと威勢のいいアタリが。反射的に合わせを入れると、なぜか白い魚体がジャンプ一番。???と思いながら巻いてみると、想定外のヒラセイゴが釣れてしまった。ボースは回避したが複雑な気分になる。
P1080693-2.jpg
その後もスリット部や段差をしつこく探ってみると、ようやく本命のガシラがヒット。ご覧のとおりのリリースサイズだが、何だか妙に嬉しくなってしまった。
P1080698-2.jpg
その後もあちこちの漁港をランガンしてみたものの、どこも想像を絶する活性の低さ。試行錯誤しながら、朝マズメにようやくリリースサイズのメバルが断続にヒット。メバダンゴ以外にソニックさんにいただいたワームカットでもキャッチ。
P1080706-2.jpg
アジもポツポツ釣れたが、とにかくサイズが小さい。一回だけ20cmオーバーらしき良型もヒットさせたが、お約束の足下ポロリ。写真はじゃこまろで釣れた血まみれのアジ(汗)。
P1080692-2.jpg
これも小物だが、テトラ際で動かしていたワンダーにガシラがヒット。うーん、どの魚も前回釣行より大幅にサイズダウンしてしまっている。こういう日にも良型を釣ることができれば、本物の釣り師?と呼んでもらえるのだろうが。
P1080702-2.jpg
結局、朝日が照らし始めた6時半に納竿。キープゼロだったので、阿尾漁港の朝市でグレとチャリコを調達。ついでに御坊の宝の湯でひと風呂浴びて帰宅。釣果が芳しくないと、ドッと疲れが出ることを実感した釣行でした。


日時:
2009年2月27日(金)21:30 ~ 28日(土)06:30

釣果:
メバル16~18cm 3匹
ヒラセイゴ22cm 1匹
ガシラ15cm前後 2匹
豆アジ 3匹


タックル:
オリジナルロッド(ブランク:ST.CROIX 3S70ULM2)+バイオマスターMg2000PGS

ヒットルアー:
メバダンゴ、クラッピーグラブ、ラッキークラフト(LUCKY CRAFT) ワンダー45 FKペパーミントグリーン、ワームカット、フィナ(FINA) メバル専用ワームじゃこまろ FS300 1.5インチ 10.クリアー
スポンサーサイト
[ 2009/02/28 16:10 ] メバル | TB(0) | CM(11)

メバルあれこれ 

緊縮財政のもと、小物にさえ思うように手が出ない今日この頃ですが、久しぶりに近所の釣具店で面白そうなものを買ってきました。
P1080676-2.jpg
カブラフックとシンカー。がまかつとオーシャンルーラー(釣研)という異なるメーカーなので、本来この2つを組み合わせて使うことは意図されてはいないでしょうが、何となく見た目のフィット感が気に入ってしまいました。来週の釣行では、ワーム以外でもメバルを釣ってみたいですね。

ちなみに先週釣ったメバルは、ご覧のような料理になりました。
P1080684-2.jpg
グラタンと卵スープ。一見豪華そうですが、ヤマイモ、ジャガイモ、しめじ、エビを使ったヘルシー料理です。お味の方は・・・。
P1080685-2.jpg
ヘルシー過ぎて、ちょっとパンチが足りないような。まだまだ改良の余地ありです。
[ 2009/02/21 11:36 ] ルアー紹介 | TB(0) | CM(10)

嵐を呼ぶ男祭り 

待ちに待った本年第一発目の男祭り。13日の金曜日ということで、何やらただならぬ雰囲気が漂っていたが、予想通りの暴風波浪警報発令中。ジェイソン上等、大荒れ上等。どっからでもかかって来いや!

とは言ってみたものの、いざ現地入りすると想像を絶する突風と大波。ゴロタ場でヒラセイゴを狙ってみたが、ワームもミノーも厚い白波に跳ね返される。冬場の荒れには比較的強い由良だが、南東風を伴なうウネリはちょっと厳しい。

隣の漁港に移動し、22時前に釣り男さん、ソニックさんと合流。すでにアジ、メバル、ガシラを数匹ずつキャッチされているので、気のせいか表情に余裕があるような。ただ、この場所もかなり波が高いので、いつものメソッドで攻めることができない。釣り男さんはジグヘッドリグで捨て石周りを、ソニックさんはヘチ際をダウンショットで丹念に探っている。

とにかく最初の一匹が欲しかったので、挨拶もそこそこに小移動。テトラ帯とスロープの境い目が比較的波が穏やかそうに見えたので、自作ジグヘッドとメバダンゴのコンビでスローに攻める。だが、ここでもラインが風に押されて思うように操作できない。途中の峠の気温は常識外れの18度を示していたが、蒸し暑さのせいか冷や汗なのか、背中を変な汗が伝わる。

約10分。もう出ないかなと諦めかけた時に、軽い生体反応が手元に伝わってきた。?と思いながら再度同じ場所にキャストし、穂先を水面すれすれまで下げて巻き始めるとゴンッとヒット。沈みテトラに潜られないよう強引に寄せてくると、水面をバチャバチャと暴れる音が聞こえてきた。
P1080649-2.jpg
22cmほどの青メバをキャッチ。あまりにもお腹が大きいので写真を撮ってリリース。とりあえずボーズを回避して一安心。しばしソニックさんと談笑する。仕事や景気の話をしたり、やっぱり男祭りはただでは済まないなあと語り合っている間にも、雨風はますます激しさを増してくる。

しばらくして釣り男さんと合流したものの、もはや手の付けようの無い海況に。念のため、別の釣り場にも足を運んでみたが、三人で顔を見合わせ沈黙・・・。ああ、やっぱり男祭りは男祭りか。23時を前にギブアップ宣言。残念ながらここで解散となった。

だが、せっかく中紀まで来てこのまま帰るのはもったいないので、さらに別の漁港をチェックしてみることに。5分ほど車を走らせて到着すると、ちょうど南東風が山に遮られ波も小さくなっている。これなら勝負になると踏み、最奥部の船溜まりに狙いを定める。潮はどんよりと澱んでいるが、常夜灯の光量が丁度いい感じ。

先ほどと同じくメバダンゴをキャスト。ヘチ際をフォールさせると、目論見どおり一投目からアタリ。キビキビとした引きを楽しみ慎重に抜き上げると、何とかキープサイズの20cmオーバー。やはり外海は荒れ過ぎているので、ここまで逃げ込んできていたのか。
P1080653-2.jpg
このサイズなら群れで居るはずと思い同じコースをトレースしてみると二投目もヒット。同じようなファイトで同じようなサイズをキャッチ。
P1080655-2.jpg
三投目も当たってきたが惜しくもバラシ。その後も手を変え品を変え攻め続けたが、急に雨が強まってきたので車へ非難。夜半から雨風が強くなるとの予報どおり、台風並みの荒れ模様になってきた。仕方なくモヤモヤした気分のまま、窮屈な車内でウトウトする。

そうこうしているうちに4時を迎えると、いきなり雨も風もピタリと止んだ。引き続き南向きの釣り場はウネリが入っているので、北向きの漁港へ大きく移動。そして筏の下やヘチ際を執拗に攻め続けると、微妙なサイズのメバルがヒット。うーん、20cmは無さそうだ。さらに同じサイズを1匹追加。
P1080659-2.jpg
いつの間にか空が白じんできたので、最初に訪れたポイントへ戻り、ラストスパート。沖に設置されたトーフ石の際を、最近ご無沙汰していたメバキャロにミートネールを組み合わせて攻める。トーフ石の角を擦るようにリトリーブしていると、グニュッとした違和感が。何だかよく分からないまま巻いているとメバルが掛かっていた。
P1080663-2.jpg
未だ遠投リグでのアタリの取り方は上達しないが、結果オーライ。数はあまり出なかったが、悪いコンディションなりの釣りが出来たので、これにて納竿。
P1080669-2.jpg
釣り男さん、ソニックさん、大荒れの天気の中お付き合いいただきありがとうございました。やっぱりジェイソンは強敵でしたね(笑)。次は大安か友引の日に男祭りを開催しましょう(爆)。


日時:
2009年2月13日(金)21:00~23:30、14日(土)04:00~07:00

釣果:
メバル18~22cm 6匹

タックル:
オリジナルロッド(ブランク:ST.CROIX 3S70ULM2)+バイオマスターMg2000PGS

ヒットルアー:
メバダンゴ、ビバ(Viva) ミートネール 2.5inch #021 シュリンプグロー
[ 2009/02/14 13:33 ] メバル | TB(0) | CM(12)

ヨコワ三昧 

釣行記の少なさを料理記事で無理やりカバーしている感のある、最近のThe Second Biteです。
P1080529-2.jpg
いつもの泉佐野の魚市場をウロウロしていたところ、久しぶりにヨコワを発見しました。旬を外れているというのもありますが、50cm超で2,300円と圧倒的に安かったので何も考えずに購入。まずはキムチ鍋用の切身とつくね。
P1080532-2.jpg
そして脂の乗った腹身をステーキに。一見サバの味噌煮っぽいですが、おろし醤油で食べると最高。ここまでは常識の範囲内。
P1080567-2.jpg
そしてそして…。
P1080543-2.jpg
これはひょっとして?
P1080550-2.jpg
ヨコワバーガーキタ~~~! ブリサンド以来の迷料理です。中落ちやカマの肉をかき集め、勢いで作ってしまいました。

ネットで調べたところ、マグロバーガーは境港で名物になっているようで。照り焼き風の甘辛い味付けが特徴らしいのですが、私はアメリカっぽく塩コショウとケチャップで仕上げました。

週末は雨の予報ですが、気温は高そうですね。仕事が忙しいのが気になりますが、金曜の晩から出撃予定です。
[ 2009/02/11 01:11 ] 料理 | TB(0) | CM(8)

創作ではありませんが 

先週釣れたアジとメバルは、結局ちらし寿司になりました。全然創作とちゃうやんけー、とのブーイングが聞こえてきそうですが、私にとっては初めての試みなのでどうぞお許しを。

干ししいたけや高野豆腐の代わりに、冷蔵庫に眠っていたあさりの佃煮を酢飯に混ぜ込み、その上に錦糸卵とみじん切りにした大葉を敷き詰めます。そして、一口大に切ったアジ、メバル、貝柱とイクラを散りばめて出来上がり。
P1080622-2.jpg
冷凍イクラがくずれ気味ですが(汗)、酢飯に味が馴染んでちょうど良かったりして。あさりの佃煮の甘辛さも、いいアクセントになっています。もちろんメバルのモチモチした食感も申し分なし。
P1080633-2.jpg
オーブントースターで焼いたメバルの卵をトッピング。意外と豪華なちらし寿司になりました。さてさて次はどうしようかな?

[ 2009/02/03 22:06 ] 料理 | TB(0) | CM(14)
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。