The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

再び卸売市場へ 

関西地方は梅雨明けですね。大阪はすでにシンガポールを上回る暑さのようで。さて、以前知り合いの日本人にアジの干物を進呈したところ、また作って!とのリクエストがあったので、例の卸売市場へ出撃してきました。

部屋からの眺めをパチリ。今回は2時に起床しましたが、写真のとおり街は意外と明るいです。

CIMG3983-2.jpg

3時過ぎに到着し、活気あふれる市場をグルグル歩き回りましたが、特に目新しい魚がいなかっため定番の魚を購入。

CIMG3993-2.jpg

まずは良型アジを11匹。写真では分かりにくいですがそれぞれ25cmほど。

CIMG4009-2.jpg

定番のコウイカ。刺身と干物用に3匹。

CIMG3996-2.jpg

タチウオ…と思いきや、眼や背びれが黄色いのでテンジクタチのようです。

CIMG4005-2.jpg

最後にサワラ。最近よく買っていたヒラサワラは鮮度がいまいちそうだったので、久しぶりにヨコシマサワラを購入。

今回も帰宅直後からさばき始めます。まずは干物から取りかかりますが、これだけで三時間以上。イカの薄皮をスピーディーに取り除く方法はないものか。

CIMG4012-2.jpg

網カゴが足りなかったのでこんなグダグダ状態に(汗)。またダイソーで買ってこなくては。

CIMG4015-2.jpg

昼食は刺身と炙り。見た目は美しいものの、ヨコシマサワラは脂の乗りが悪く、テンジクタチはパサパサしていてショック。コウイカは及第点といったところ。

夕食はKさん夫妻をご招待することになったので、ウンウン言いながら無い知恵を絞りメニューを再考。結局タチは竜田揚げ、サワラは竜田揚げとズケにすることに。

CIMG4031-2.jpg

おそるおそる箸を付けて実食。何となく昼食よりは改善したか? 素材が物足りないときは、濃い目の味でフォローするのが手堅い。

日本では真夏の鮮魚はいまいちというケースが多かったですが、ここシンガポールでも同じ。調理面で創意・工夫が必要なようです。
スポンサーサイト
[ 2011/07/12 08:45 ] 料理 | TB(0) | CM(7)

また海へ浮かんできました 

早いものでもう7月ですね。日本はそろそろ梅雨明けの頃でしょうか。私は多忙な中、週末に半休が取れたので2月に乗って意外と楽しかったクルーズ船に再び乗ってきました。

P1000029-2.jpg

夕方の出航前の風景。上方に見えるのはセントーサ島行きのロープウェイ。

P1000034-2.jpg

出航後、夕食は奮発してイタリアンレストランで。ウェイターの話では、つい数時間前まであのケミストリーの二人が乗っていたらしい。入れ違いで残念。

P1000044-2.jpg

そして朝起きると大海原と青空。しばし生ぬるい潮風に身を任せてリラックス。

今回のクルーズ船はマレーシアの沖合へ停泊し、そこから小型船に乗り換えて小島に渡ります。せいぜい15分程度ですが、船の苦手な私にとっては苦行。もちろん写真を撮る余裕など無し(汗)。

P1000053-2.jpg

何とか無事島に到着しました。早速皆が泳ぐ開けた砂浜とは逆方向の岩場へ。

P1000104-2.jpg

ザブザブと入水していくと、予想どおり好奇心旺盛な魚たちが出迎えてくれます。

P1000100-2.jpg

今回は防水カメラが大活躍。水中撮影は初めてですがなかなか難しい。

P1000143-2.jpg

餌がなくてもワラワラと集まってくるのが最高。さすがに手を出して捕まえようとすると遁走するけど。

P1000153-2.jpg

水深はせいぜい1~1.5m程度なので、素潜りで十分楽しめます。

P1000093-2.jpg

こうやってカメラ目線の魚と戯れたり、プカプカと水面に浮かんだりしてリフレッシュ。

P1000082-2_20110703152603.jpg

夕方には無事クルーズ船に戻ることができてホッ。久々に長時間泳いだせいか、その夜はぐっすり眠れました。

P1000179-2.jpg

帰港後のシンガポール入国手続では、クルーズメンバーの親切なインドネシア人のおじさんが、いろいろヘルプしてくれました。トゥリマカシ!

シンガポールに降り立ってから、早くも二年が経とうとしています。魚と一緒に泳ぐのもいいけど、久々に日本の海で釣りを楽しみたいですね。
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。