The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

男祭りファイナル@泉南 

皆さん、木曜の夕方に無事シンガポールに帰着しました。あっという間に終わった日本滞在ですが、とても楽しかったです。

実は中紀男祭りの後、火曜の夜から男祭りファイナルということで、くまジャケさん、ソニックさん、釣り男さんとで再び泉南へ出撃してきました。

20時過ぎにソニックさんとくまジャケさんと会い、いざポイントに入ると恐るべき爆風。これぞ男祭りですな。そんな中、早速くまジャケさんがランカー豆アジ(笑)をキャッチ。

P1000310-2.jpg

その後もハイペースでじゃんじゃん釣りまくる、くまジャケプロ。ソニックさんも負けじとそれに続きます。一方私は、持参したタックルではとても当たりを取れそうにないので、くまジャケさんのライトタックルをお借りしてようやく一匹。

P1000318-2.jpg

この後は少しずつタイミングが取れるようになり、マイタックルでも何とかキャッチできるようになりました。途中で釣り男さんも合流し、豆アジがあちこちで乱舞しています。カマスは居ないのかなーと思って、メタルジグやミノーも試してみますが、まったく音沙汰無し。で、ワームに戻すとやっぱり豆アジ。

そして22時頃に、車の中で寝ていた嫁が起き出し、一緒に釣ることになりました。「男」祭りのはずなのに(汗)。しばらくは爆風&渋い反応に苦戦していましたが、徐々に合わせのタイミング取れるようになってきました。ところがせっかく掛けても足元でばらしてばかり。見るに見かねたくまジャケさんが再びライトタックルを貸してくださり、やっとこさ一匹キャッチすることができました。

 P1000342-2.jpg

写りがいまいちだけど一応豆アジです。これで思い残すこと無くシンガポールへ帰れる? 

P1000359-2.jpg

もっと豆アジのファイトを楽しみたかったのですが、翌日の予定を考慮して私と嫁は22時半に納竿。爆風の中、ワイワイ楽しく釣ることができました。くまジャケさん、ソニックさん、釣り男さん、平日の忙しい時間にも関わらずお付き合いいただき、本当にありがとうございました。次はアウェイでのテナガエビ釣りですよ!(爆)
スポンサーサイト
[ 2011/09/17 13:17 ] アジ | TB(0) | CM(3)

男祭り本編@中紀 

さて、男祭り本編の日が来ました! 2年ぶりの中紀そして釣友との再会です。いてもたってもいられず、真夏を思わせるような暑さに驚きながら(シンガポールより確実に蒸し暑い)、ちょっと早い時間に現地入りしました。

ほとんど変わらない釣り場の雰囲気にひと安心し、まずはカマスの有無をチェック。特に回遊している様子はなく、また餌師の仕掛けを見る限り全員アジ狙いのようです。とりあえず極小グラブをセットし、足元に落としてスイムチェックを行っていると…。

P1000242-2.jpg

帰国後のファーストヒットはアナハゼ(爆)。実にnuemiらしくて良いのではないでしょうか。その後メッキを狙うべくスロープへ小移動。ここで釣り男さんと合流。過去の記憶を手繰り、細身のワームや小型ミノーで激しく誘うと、写真のような小メッキがぽろぽろと釣れ続きます。純真なアタックに心癒されるひと時。

P1000256-2.jpg

しばらくしてソニックさんが登場。メッキがウロウロしている旨を告げると、アジングタックルにワーム(ストレンジャー)をセット。

P1000260-2.jpg

いきなりメッキをキャッチ。仕事が早い。その後も断続的に釣れ続き、予想外の外道も。

P1000264-2.jpg

暴れたせいで鮮明でないけど、なぜかサバ。こんな内湾に回遊してくるとは。

P1000269-2.jpg

しばらく苦戦していた釣り男さんには豆アジがヒット。まとまりがないと言うか、展開が読めないところはさすが男祭り。その後、日が沈みメッキのアタリも遠のいたため、車でさらに南下。

馴染みの幽霊テトラでKoさんとFrom Aさんとも再会。外向きテトラ、明るい内向きと三々五々散らばり、いろんなルアーを投げます。でも、予想どおりキンギョの猛攻に苦しめられ続けたため、軽く休憩。

Koさん差し入れのコーヒーを飲みながら、しばし歓談。皆さんいろんな釣り場でいろんな仕掛けを使って釣りを楽しんでいる様子が伝わってきました。やっぱり日本は良いですねえ。

そして釣りを再開し、超絶スローでボトムを探っていると足下でカマスがヒット。メバームのピンクにて。

P1000278-2.jpg

さらに別の漁港へ移動し、常夜灯の下で一斉にキャスト。メタルバイブ(暴君)をリフト&フォールで動かしていると一投目からヒット。

P1000282-2.jpg

久々の本格的な引きに戸惑いながらも、時間をかけて慎重にキャッチ。真夏にしては上出来の23cmのガシラ。メタル系で根魚をキャッチするの実に嬉しいです。でも、最近あまりにも魚を釣っていないせいか、このぐらいの大きさなのに超大物と勘違いしてしまった(汗)。

他メンバーも豆アジやキンギョで賑わっていますが、やや型が小さいか。そんな中、釣り男さんに気になる魚が。

P1000294-2.jpg

小気味良い引きがウリのホウセキキントキ。誘い方にコツがあるのか、釣り男さんにだけ掛かります。かなり羨ましい…。私は待望の?キンギョをキャッチして五目達成。フラッシュがうまく焚けていないけど。

P1000286-2.jpg

そして遅ればせながら豆アジもキャッチして六目。

P1000302-2.jpg

夜も更けて1時を過ぎ、ここで釣り男さん、Koさんとお別れ。三人で北上します。ただ、次のポイントはあまり潮が動かずどんよりとした雰囲気。さらに小移動して3時半頃まで粘りましたが、目立った釣果は得られず。潮が動かない時間帯だったというのもありますが、やはり台風の影響が依然として残っているようです。

帰宅帰間が迫ってきたソニックさん、From Aさんと別れ、再度アナハゼやメッキを釣ったポイントを攻めることに。睡魔と闘いながら約一時間のドライブ。

そして朝マズメの一瞬に賭けましたが、5時過ぎから地元の餌師にタチウオとカマスが数匹ずつバタバタと釣れた以外は沈黙。傷心のままスロープに向かい、メッキと戯れて終ろうと思いきやメッキすら追ってこない…。

P1000306-2.jpg

ところが最後の最後になぜかカマス。トップ気味に動かしていたワンダーにガツンと来ました。ここで精根尽き果て納竿。いやー、長い戦いでした。

ソニックさん、釣り男さん、Koさん、From Aさん、お忙しいところ和歌山へ集合していただき、誠にありがとうございました。次の帰国はおそらく2,3年後になると思いますが、また楽しい釣りができることを期待しています。

と書きながらも、さらに男祭りファイナルへ続きます。
[ 2011/09/14 20:04 ] アジ | TB(0) | CM(6)

男祭り前夜祭@東京 

皆さんご無沙汰しています。9月3日に帰国以来、日本滞在中のnuemiです。

台風の影響で飛行機の出発が三時間遅れ、暴風雨域内の関空へ無事着陸できるか不安でしたが、何とか帰還し楽しく過ごしています。

さて、先週東京の義姉夫婦を訪問した際、当ブログにリンクしていただいているふぁんきいさんと、陸っぱりシーバスを狙いに出撃してきました。

何度かコメントやメールにて情報交換させていただいていましたが、お会いするのは初めて。錦糸町の釣具屋で集合し、挨拶もそこそこにふぁんきいさんの車に乗り込みポイントへGo! 釣りや仕事の話をしながらドライブを楽しんでいると、あっという間に到着しました。

CIMG4427-2.jpg

まだまだ日は高いものの、所々で潮がヨレているし河口なので増水の影響もあり、良い雰囲気です。近くにいた小学生らしきアングラーいわく、「昨日の16時半ごろにヒットしたけどバラした」とのこと。シーズンイン前で少々厳しいかもと予想していたので、実にうれしい誤算です。

早速タックルをお借りして実釣開始。さすがにシーバス用のミノー、バイブレーションはよく飛ぶ! 沖に向かってブン投げているだけでも気分爽快ですな。濁りがきついのでアピール系のカラーかつキビキビと動くルアーを中心にローテーションします。

ただ、体力が持続しないのが中年おやぢの難点(汗)。こまめに休息を取ります。

CIMG4431-2.jpg

これは休息ではなく、穴があいて浸水した長靴を脱ぎ、靴下を乾かすふぁんきいさんの後姿。少々おやぢの哀愁が漂っている? 私には新品のスパイクシューズを貸していただき、本当にありがとうございます。

CIMG4437-2.jpg

そして美しい夕日がビルの谷間に沈み始めた頃、近くのアングラーにヒット! 73cmぐらいの良型シーバスが揚がりました。ヒットルアーはナチュラルカラーのワンダー。完全に自分の攻め手と逆です。

そしてすぐさま別のアングラーにもヒット! これは70cm弱か。バイブレーションの早巻きで釣ったとのこと。ルアー選択やアクションの付け方に迷いが生じますが、確実にシーバスが回遊しているはず。シーバスだけでなくふぁんきいさんや私の活性も上がってきました。

日没直前に近くでさらに2本揚がりましたが、私たちにはアタリすらありません。鬼ローテでいろいろ投げますが、ちょっと気合が空回り気味か。

…やがて周囲に誰も居なくなり、とうとう20時半に納竿。中年おやぢ二人に勝利の女神が微笑む事はありませんでした。東京湾のスレシーバスは予想以上に手強かったです。

でも感心したのが、どの釣り人も言葉遣いが非常に丁寧で親切だったこと。リリース前提だからかも知れませんが、釣り方も詳しく教えてくれましたし、実に気持ち良く釣りを楽しめました。最後に分かれたアングラー二人は「お先に失礼します!」と体育会系バリの挨拶で去っていきましたし。ひょっとしてこれは、勝者の心の余裕が成せる業か?

ともかく、それほど悔しいとか残念という気持ちにはならず、また来たいなあと思わせられる釣行でした。

ふぁんきいさん、平日にも関わらずお相手いただき誠にありがとうございました。夕食の刺身や寿司も最高に旨かったですし、また機会を見つけて出撃しましょう。出張や一時帰国の際は連絡させてもらいます。

次は男祭り本編@中紀です。
[ 2011/09/12 14:41 ] その他の魚 | TB(0) | CM(6)
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。