The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ようやく小物が 

前記事に引き続き、再びマレーシア釣行記です。土曜の朝から以前サヨリを目撃したポイントへ出撃してきました。

P1030937-2.jpg

まだ潮位が低かったので、この磯の先端から始めます。浮き釣り仕掛けで、餌はサヨリ釣りではおなじみのハンペン。

P1030936-2.jpg

軽くチョイ投げすると、いきなり小物が釣れました。

P1030934-2.jpg

その後も微妙に種類が異なる魚が単発で掛かります。

P1030932-2.jpg

浮きが勢いよく消し込むのは快感だけど。

P1030930-2.jpg

サヨリは何処へ?

P1030928-2.jpg

ここで早くも小物五目達成とは(笑)。いつの間にかかなり潮が満ちて来たので、磯の根元へ移動することに。水面に目を凝らすと、メッキらしき魚がチョロチョロと泳いでいる姿が見えます。だが、マイクロルアーのタックルボックスは持って来ず…。たまたまオモリ代わりにと持っていたマイクロメタルジグ(Halco Twisty 1.5g)を結び、ジャカジャカアクションで誘うと。

P1030942-2.jpg

なぜかサヨリが釣れました! 最初はダツかと思ったけど、下あごが長くて赤い正真正銘のサヨリ。この後もシャカリキになって攻め続けましたが、これにて打ち止め。だけど、思いがけずルアーで魚が釣れて良かった。

P1030948-2.jpg

家に帰って調べると、小型のルアーでサヨリが釣れることもあるようですね。次は夕マズメにメッキと合わせて狙いたいです。
スポンサーサイト
[ 2012/09/22 20:16 ] マレーシア釣行記 | TB(0) | CM(4)

ちょっとは前進か? 

シンガポールはいよいよ本格的な雨季に入ったようです。マレーシア東海岸も同様なので、残された時間はあとわずか!ということで、再び釣り場探索に出かけてきました。

今回は前回よりも南方面のポイントを物色していると、意外と水深のありそうな砂浜&地磯を発見。

P1030827-2.jpg

スコールの影響か水潮っぽいですが、遠くに何名か釣り師の姿が見えます。

P1030829-2.jpg

期待を込めつつ餌木を投げてみましたが、特に反応はなし。季節が良くないのか、もとからイカが居ないのか、それとも腕が悪いのか?

P1030840-2.jpg

次に、前回訪れた河口再び。ここで延べ竿で小物を狙います。実は、餌のアジの切り身を持ってくるはずが忘れ、途中のコンビニで買ったするめを餌代わりにするはずが、油断した隙に猿に全部取られ(驚)、結局足もとにいたハゼを捕まえてそれを餌にすることに。

P1030833-2.jpg

しばらくすると浮きがヒョコヒョコと動き始め、エイヤッと合わせると。

P1030830-2.jpg

正体はコトヒキの子供。実はマレーシア初の獲物だったりする(爆)。

P1030835-2.jpg

これに針を付けてフィッシュイーターを狙います。

P1030836-2.jpg

コイの吸い込み釣りを思い出す風景。たまに竿先の鈴が鳴りますが、いずれも単発。多分道糸にゴミや魚がぶつかっているだけでしょう。結局何も釣れず、藁しべ長者作戦は失敗。

P1030852-2.jpg

一泊後、翌日もあちらこちらで竿を出しますが、結局海は沈黙したままでした。

P1030863-2.jpg

最後のポイントは餌師がサヨリを釣っていたので、狙う価値ありかも? だんだんルアーから離れていくのが情けないですが、そろそろまともな釣果を得たいものです。
[ 2012/09/09 21:54 ] マレーシア釣行記 | TB(0) | CM(4)
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。