The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ティラピング雑感 

さあ、定番のティラピア釣りに戻りましょう(爆)。

最近ブログにはアップしていませんでしたが、土日にチョロチョロと竿を出していました。そこで雑感というか軽くまとめを。

P1080695-3.jpg

やはり黒ティラには、マジックで黒く塗ったフローティングミノーとディープダイバーが最強。

P1080694-3.jpg

必殺イライラメソッドで粘り強く誘い続けると、痺れを切らしてアタックしてきます。

P1080390-2.jpg

なぜか喉にフッキングする個体が意外と多い。

P1080376-2.jpg

もちろん巣穴をピンポイントで狙うのは必須。おかげでコントロールが良くなったかも。

P1080671-3.jpg

でも、スコール後の本流増水時は用水路の中に逃げ込んでいるため、穴撃ちのテクで狙う必要あり。

P1080713-3.jpg

コンクリにぶつけて何個かルアーをお釈迦にしてしまったけど、これはこれでテクニカルで楽しい。

P1080715-3.jpg

ふぁんきいさんにいただいたスプーンにもヒット。緑ティラが群れを成して追いかけてくるので、あとはどうフッキングまで持ち込むかが課題。

P1080707-3.jpg

緑は黒よりサイズは一回り小さいものの、かなりの距離をガツガツ追いかけてきます。

P1080669-3.jpg

なんだか最近は、徐々に黒ティラの反応が鈍くなってきて、緑ティラの方が元気になってきているような・・・。そろそろ産卵期も終盤かな?

P1080661-3.jpg

以上、誰の参考にもならないティラピング情報でした(爆)。いやいや、シンガポール在住の方、近所の川で試してみてください。
スポンサーサイト
[ 2014/05/25 21:23 ] シンガポール釣行紀 | TB(0) | CM(8)

旅先釣行&調理 

暑さがそろそろピークを迎えるシンガポールです。日本もかなり気温が上昇しているようですね。

さて、3月はまともに竿を出すことさえできなかった旅先釣行ですが、再び異国の地へ出向いてきました。今回は趣向を変えて秋アオリ攻略です。

P1080580-3.jpg

美しい景色の田舎道を走り抜けるのは爽快。

P1080503-3.jpg

こんな感じの源泉が吹き出る温泉地で寄り道しながらも釣り場を探索します。

P1080599-3.jpg

万年エギング初心者の私が見ても分かるような好ポイントを発見。

P1080607-3.jpg

予想どおり一投目から簡単に釣れました。その後も連続キャッチ。

P1080612-3.jpg

型は小さいものの、スローなアクションでも乗ってくれるのが嬉しい。おかげでヘッポコ嫁も初アオリをキャッチ。

P1080553-3.jpg

さらに丘を抜けて峠を越えて・・・。

P1080626-3.jpg

ここも穏やかで良い感じ。もちろん釣り人は皆無。

P1080624-3.jpg

おかげでカラーもアクションも関係なく釣れます。ボツボツ追加して夕食分をキープ。

P1080635-3.jpg

夕まずめは入り江でラストスパート。

P1080640-3.jpg

まずはニアキスで正体不明の魚をキャッチ。尾びれの形からするとアジ系のような…。

P1080644-3.jpg

と思っているうちに、正真正銘のアジがヒット。まさかこんな場所で釣れるとは。細身だけどマアジかな。

P1080649-3.jpg

そしてモーテルにて調理。新鮮過ぎて旨味は控えめだったものの、コリコリの歯応えを堪能。シンガポールでは味わえないかも。

P1080656-3.jpg

今回は、気温の低さに戸惑いながらも穏やかに釣りを楽しむことができました。淡水はライセンスの関係で狙えませんでしたが、いつか近いうちにチャレンジしたいですね。
[ 2014/05/16 21:38 ] 海外釣行記 | TB(0) | CM(4)
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。