The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最終旅先釣行 

日本は夏本番といったところでしょうか。大阪はシンガポールより最高気温が高く蒸し暑そうですね。

P1090847-3.jpg

さて、いよいよ帰国日も迫ってきたので、最後の追い込み釣り旅行に出かけてきました。

P1090842-3.jpg

まずはこんな感じの穏やかな湾内にて竿を出すことに。ただ、どこを攻めればいいのか見当がつかないので、とりあえずメタルジグを遠投してジャカジャカ巻いていると、五投目で40cm前後のバラクーダがヒット。でも、惜しくもランティング寸前にバラシ。

P1090061-3.jpg

その後は手堅く底を狙い、最初の獲物はエソ。それから小一時間試したものの、あまり魚の気配が感じられないので外洋に面したリーフへ移動。

P1090074-3.jpg

怪しげな雲が忍び寄るなか、ここでもメタルジグを遠投して意識的に根周りを攻めるとゴツンとアタリが。嫌な予感を感じながらも寄せてくると…。

P1090073-3.jpg

お約束の巨ベラ。しかも余裕の尺超え(汗)。懲りずにさらにタイトに攻め続けていると再びアタリ。先ほどと異なり何度も根に潜り込もうとする。ガルーパ?と思いながら何とか引きずり出してみると…。

P1090077-4.jpg

綺麗なオジサンだ(笑)。泣き尺サイズの割にはかなり引いて楽しい。近くにいた子どもたちが欲しそうにしていたので進呈することに。

P1090078-3.jpg

バーベキュー用にオジサンをさばく子ども。この後は太めのベラと小さめのオジサンを一匹ずつ追加して終了。

P1090085-3.jpg

このオジサン美味しいから食って行けよ!って、それは俺の釣った魚だから(爆)。一口つまんでみると、上品で癖の無い味でした。

P1090093-3.jpg

そして二日目。潮の下げ初めに現地入りし、ポッパーを中心に回遊魚を狙うことに。断続的にダツやメッキがあたってくるもののフッキングせず、そろそろルアーを変えようかなと思った矢先にヒット。

P1090103-3.jpg

キビキビと走り回るのを慎重にいなして、良型のメッキをキャッチ。青いからカスミアジかな。

P1090108-3.jpg

さらにヨーズリのミノーをトゥイッチしてタイの仲間をキャッチ。

P1090115-3.jpg

途中から合流した嫁も、メタルジグで別のタイの仲間をキャッチ。

P1090118-3.jpg

ソニックさんにいただいたクルクルでカマスベラも。私はオジサンやカマスベラをポロポロと追加してこの日は終了。メッキ以外の小魚も全体的に良く走るので意外と楽しめました。

P1090133-3.jpg

そして最終日。穏やかな天気のもと、気合を入れて朝から竿を出します。

P1090130-3.jpg

まず嫁が、メタルジグにて一年前に餌で釣ったのと同じ熱帯魚をキャッチ。ところが、前日と異なりいくらルアーを早引きしても青物の気配がまったく感じられないため、底物狙いへチェンジ。

P1090137-3.jpg

黒のニアキスをトロトロと巻いていると、ようやくガルーパがお目見え。ボーズ回避で一安心。

P1090140-3.jpg

そしてガシラっぽいやつもヒット。今回の釣行は初物が多いですなあ。

P1090143-3.jpg

ついでにラパラCD-7で別種のガルーパをキャッチ。残り時間が少なくなってきたので、初日に攻めた湾内を再びチェックすることに。

P1090151-3.jpg

干潮前後で水深は浅いものの、マングローブ帯がどうも怪しい…。そこでポッパーを際へ打ち込み、意図的にスローな動きかつ大きなポップ音を立てて誘っていると、10分ほどでバシュッとヒット。

P1090150-3.jpg

背びれが赤く胸びれが黄色いので、マングローブジャックではなくオキフエダイか。それほど大きくはないけど、狙いどおりに出た一匹に納得。実はこれが一番嬉しかったりして(笑)。この後も、オープンエリアで何度か良型がバコッと出たものの乗らずタイムアップ。

P1090762-3.jpg

結局、二人合わせて十三目の賑やかな釣行でした。さあ、次はシンガポールで追い込みか、久しぶりの日本か?
スポンサーサイト
[ 2014/07/31 13:29 ] 海外釣行記 | TB(0) | CM(6)

ティラピア追い込み 

日本は台風や大雨で大変そうですが、いかがお過ごしでしょうか。シンガポールでは、ティラピア狙いも追い込みに入って来ました。

P1080782-3.jpg

最近頻繁にスコールが降るため、穴撃ちの機会が増えています。スピニングタックルで軽いフローティングミノーを投げ込むのは慣れるまで大変。

P1080784-3.jpg

でも、きちんと奥に入れると必ずガツンとくるので楽しい。

P1090024-3.jpg

緑ティラもガツガツ追いかけてきます。金色のミノーで釣ったのは初めて。サイトフィッシングは魚との駆け引きがダイレクトなのが醍醐味ですな。

そして晴れた日はオープンエリアにて。最近は地形が変わったせいで、家のすぐ目の前がポイントになっています。

P1090011-3.jpg

ちょっと水深があるのでディープダイバーが中心ですが、反応が鈍い場合はふぁんきいさんのスプーンが威力を発揮。

P1090038-3.jpg

藻やごみに引っ掛けずにスローに巻くと、興味を示してくれます。おまけにプラグよりスレにくいような気が。

P1090036-3.jpg

狙いようによっては黒ティラも。ただ、巣穴でのリフト&フォールなのでちょいとテクが必要かも。あ、本来のスプーンの使用法ではありませんね(苦笑)。

まだあまり詳しく書けませんが、シンガポールでの釣りもいよいよ終盤です。残りの期間を悔いなく過ごさなくては。
[ 2014/07/13 19:44 ] シンガポール釣行紀 | TB(0) | CM(4)
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。