The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ちょいと遠征 

三連休は比較的穏やかな天気でしたね。今回は三重県へ軽く遠征に行ってきました。

P1100103-2.jpg

初日は旅館でゆったりと過ごして、日曜の朝から探索開始。

P1100078-2.jpg

前日に目星を付けていた内湾にて。すでに日が昇っていたのでアイスジグでちょこちょこと探っていると、かわいいサイズのメバルがご挨拶。

P1100115-2_20141124145843570.jpg

かなりの数のメバルが足もとに群れているものの、元気にアタックしてくるのは20cm未満のサイズのみ。

P1100124-2.jpg

ひとしきり遊んだ後、餌を買ってキスを狙うことに。

P1100138-2.jpg

砂浜はどこも遠浅で荒れ気味だったので、あえて水深のある漁港内をじっくりと探ってみます。北西風をまともに受けて、一人男祭り状態(笑)。

P1100136-2.jpg

こまめに巻いてはアタリを待ち、さらに巻いての繰り返し。実に忍耐を要する釣りですが、ガッチョを交えて何とか7匹キャッチ。

そして夕まずめは朝のポイントに戻り、ジグヘッドにゴカイを刺すという掟破りのリグ(笑)で釣っていると簡単にメバルがヒット。それを見ていた嫁も真似をして、1投目で三重県名物?の良型タケノコメバルをキャッチ。

P1100149-2.jpg

この一匹のみですぐに車へ退散する嫁。何と効率的な…。私は正統派のワームに戻してポロポロと小メバを追加。

P1100152-2.jpg

最後に別の漁港でラストスパート。常夜灯の効くワンドで竿を出してみるが、ジグ単でもFシステムでも小メバばかり。

P1090343-2.jpg

20匹以上釣ってタイムアウト。サイズはともかくこれだけ数をこなすと、フッキングの訓練になったかな? 次回は和歌山のホームグラウンドへ出撃予定です。
スポンサーサイト
[ 2014/11/24 15:10 ] メバル | TB(0) | CM(4)

明る過ぎですな 

毎回寒いとばかりこぼしているnuemiです(笑)。それでも海に足を運んでしまうのが釣り人の性。今回は金曜の晩から出撃してきました。

20時半ごろにいつもの中紀波止へ到着。風が影響しそうだったので、最初から最奥部で竿出し。私はタチウオ狙いでワームをチョイス。嫁はサビキ再び。

ところが雲ひとつない満月でやけに明るいせいか、海は恐ろしいほどに静か。おまけに真夜中にド干潮を迎えるので、底が丸見え状態。こりゃアジもタチウオも居ない訳だ。嫁は早々とテキサスリグのテクトロにチェンジして足もとを探る。

P1090319-3.jpg

そして手堅くガシラ×2をキャッチ。なぜかガシラに関してだけは仕事が早い。いまだアタリすら無いは私は、久しぶりにスロープを訪れてみることに。ここは普段から常夜灯が照りつけているので、満月だろうが照度はあまり変わらない(ような気がする)。

お馴染のスライダーグラブで段差を中心に攻めていると、しばらくしてクンクンと反応が。

P1090323-3.jpg

小さ目だけどようやくガシラをキャッチ。そして、ジャックナカムラのツクツクムーブにチェンジすると一投目から良型がヒット。

P1090325-3.jpg

さらに二投目も着水後にかすかなアタリが。すばやく合わせて寄せてみると何だかカマスっぽい。

P1090327-3.jpg

と思ったらまさかのシロギス。驚きの初物。よくフッキングしたものだ。ここで疲れが出てきたので、軽く仮眠をとることにする。

翌朝は5時前から再開。かなり冷え込んでいるせいか釣り人もまばら。タチウオの時合は短いので、気持ちを集中してキャストとリトリーブを繰り返す。すると、少し離れた所にいた引き釣り師にタチウオがヒット。こっちにも群れがやって来るかなあと思っていると、嫁のミノーにアタリが。でも乗らず無念。

そしてワインドにチェンジして一投目の私にも、フォール時にゴンと当たって来たものの乗らず。そのままアクションを止めずに足もとまで寄せると、急にテンションが抜けてラインブレイク。うーん、25ポンドのリーダーが鋭い歯で見事にやられてしまった。

時間が無いので、すばやくマリアナミノーにチェンジしてスローリトリーブで攻め続ける。するとしばらくして勢いのあるアタリが。よっしゃと思いながらグリグリ巻いてみるが、タチウオ特有のウネウネした引きが伝わってこない。???と思いながらごぼう抜きすると。

P1090329-3.jpg

予想外のサゴシ。こんな湾奥まで回遊してくるとは。先ほどラインを切ったのもタチウオではなくサゴシだったのかな。結局、この一匹でギブアップ。

P1090330-3.jpg

満月ばかりが原因ではないかも知れませんが、かなりタフな釣りでした。事前に潮位、天気、月齢はしっかり調べておかなくては。
[ 2014/11/08 16:17 ] その他の魚 | TB(0) | CM(4)

爆風でした 

三連休はいかがお過ごしでしょうか。かなり海が荒れているとの予報でしたが、日曜の午後から時間が空いたので中紀へ軽く出撃してきました。

15時過ぎにいつもの波止へ到着。雨が断続的に降っているせいか、釣り人は思ったほど多くない。まだ明るくてタチウオの時合まで時間があるので、エギングで様子を見る。

水色はクリアだけど餌木を触ると冷たい。かなり水温が下がったようだ。先行していたエギンガーに話を聞いたが、まったくアタリはないとのこと。日中エギングの苦手な私にも当然アタリは来ない。先輩に製作してもらったオリジナルロッドを投入しているものの、このコンディションではいかんともしがたい。

そうこうしているうちに17時を過ぎて薄暗くなってきた。そろそろタチウオが回って来るかもと思い、エギングロッドのままワームにチェンジ。正面に投げて回遊を待つ。先週二匹釣って機嫌の良い嫁もスタンバイ。

ひたすらスローに巻いていると、17時半を過ぎてからようやくココッとアタリが出始めた。ところがフッキングまで至らないので、エンペで更にスローに誘うと一投目でヒット。

P1090312-3.jpg

指三本強のアベレージサイズ。一応これでエギングロッドに入魂完了か? この後も同様に超スローリトリーブで二匹目をキャッチしたが、やはり10分で時合は終了してしまい、おまけに雨も降ってきたので車に避難。

次に先週と同じく湾奥のアジングポイントへ。まずは生体反応を調べるということで、ベビーサーディンをセットしてちょい投げするといきなりヒット。再び良型アジ?

P1090314-3.jpg

と思ったものの、さすがに三週連続でアジというわけにはいかなかった…。この後は、厳かにジャックナカムラのツクツクムーブで常夜灯の効いた足もとを探る。すると頻繁に反応があって大忙し。フグに齧られるわタチウオにスパッと切られるわで、集魚効果の大きさを思い知らされる。スリットの入った長いテールが様々な魚を誘うようだ。

でもまったくフッキングできなかったので、泣く泣くムイムイにチェンジ。こちらは対照的に穏やかな動きで誘う感じ。底付近で粘り強く反応をうかがっていると、ようやくゴツンとアタリ。

P1090318-3.jpg

小さ目のガシラでホッと一息。ナカムラさんも喜んでいるかなあ…。20時を過ぎ、爆風と雨が激しくなってきたので納竿。あまりのシビアなコンディションに人も魚も活性が低かったですが、最低限の結果は出したといったところでしょうか。次はしっかりアジを釣りたいですね。
[ 2014/11/03 14:26 ] タチウオ | TB(0) | CM(3)
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。