The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

サブタイトル修正 


先週、ブログのサブタイトルを修正しました。「中紀でのルアーフィッシング」から「中紀でのルアーフィッシング&魚料理」へ。右欄のカテゴリーを見てのとおり、これほどまでに料理のエントリーが増えてしまうと、釣りブログだ!と主張するのが憚られてしまいます。


 


実際は「魚料理&ルアーフィッシング少々」じゃないの?と更なる指摘を受けそうですが、さすがに自分の心の中では釣りが主体のブログなので、これだけはご勘弁を。まあ、強く反論できないのが辛いところですが・・・。今後も懲りずにお付き合いください。


 


という訳で、今日も魚料理です。ウロコが硬くて大きいグレをやっつけましょう。まずは、いつもあちこちに飛び散って迷惑がられるウロコ取りからです。今回は以前に紹介したすき引きというテクで一網打尽を狙います。



P1060156.2.jpg
写真のようにウロコと皮の間に包丁を差し込み、上下に揺すって横に動かすと、ご覧のようにウロコが束になって剥がれていきます。これを何度か繰り返すとあら不思議、黒いグレが白くなりました。



P1060158.2.jpg
多少時間はかかるものの、嫌なウロコが飛び散らず奥さんも大満足。本来は、身が柔らかくウロコが細かい魚(ヒラメ、アマダイなど)に使う技ですが、意外と他の魚にも応用できるのではないでしょうか。


 


そして、半身は刺身、残る半身は霜降り造りにすることに。熱湯を表面にぶっかけ、すぐに氷水に浸ければ身がシャンと締まります。あとは、適当に切って皿に盛り付ければ完成。



P1060160.2.jpg
真鯛の姿造りの華々しさに比べると、地味過ぎるというか裏街道というか。でも寒グレの味は最高。霜降り造りは、噛めば噛むほど味わいが深く、癖になりそうな旨さです。





ちなみに土曜のアジは、海鮮丼と唐揚げにして美味しくいただきました。後輩も喜んでいましたよ。


 


[ 2007/11/28 21:42 ] その他 | TB(0) | CM(9)
ど~も。nuemiさん。

グレの刺身。
時々食べますヨ。
癖があるっていって食べない人もいますが、
私は結構好きですね。

で、つけタレは、やはり「わさび醤油」が一番なんですかね?
[ 2007/11/28 21:25 ] [ 編集 ]
こんにちは~
サブタイトル変更ですか~!!
これほどまでに魚とその鮮度にこだわった魚料理サイトはないですよね~
サブサブタイトルに
「究極に素材確保から魚の鮮度にこだわった魚料理サイト」ってのは駄目でしょうか?(笑)

それと、外道もどんどん調理して欲しいです。
こればかりは、やはり釣り人に与えれた特権ですもんね~
PSメジナは旨いですよね~
 あっしは季節を問わずデカければ食べちゃいます
 不味い時期って本当に不味いのかな~
[ 2007/11/29 04:55 ] [ 編集 ]
うろこ取りの技術、凄いっすねぇ!
これなら、皮付きで食べる場合、奇麗に出来ますね。
身が柔らかい魚でも、潰れないから良いですね。
う、腕があればの話ですが…(苦笑)
[ 2007/11/29 18:29 ] [ 編集 ]
そのやんさん
グレの場合、刺身はわさび醤油で、霜降り造りは紅葉おろしが合うのではないでしょうか。ちなみにみそ汁も良い出汁が取れて美味いですよ。

FUNKYおやぢさん
「究極に素材確保から魚の鮮度にこだわった魚料理サイト」って格好良いですね。でもやはり「釣り」という言葉も入れておきたい(笑)。これからは外道料理もアップしたいと思います。夏のメジナは猫またぎと聞きますが、実際どうなのでしょうね?

さん基地さん
すき引きは慣れれば簡単ですよ。身が柔らかい魚でも潰れないですし、ハマチやカンパチといった青物にも良いらしいです。ぜひチャレンジしてください。
[ 2007/11/29 20:38 ] [ 編集 ]
「すき引き」ってすごい技ですね!
白いグレがなんか笑えます。
ウロコが飛び散らないのは良さそうですが、
私がやると身も一緒に取れそうなのでムリですね・・・
[ 2007/11/29 20:41 ] [ 編集 ]
釣り男さん
確かに白いグレは衝撃的でした(笑)。必要は発明の母と言いますが、部屋中にウロコが飛び散っては嫁に嫌がられていたので、ホントすき引きは重宝します。
邪道かも知れませんが、切れの良くない包丁を使えば、身を切ることなくウロコが取れるかも知れません。
[ 2007/11/29 21:14 ] [ 編集 ]
自分も良く、苦労して調理して文句言われた口です(笑)
市販の飛び散らないウロコ取りを使用。
それでも若干飛び散るので、小さなメバル等は洗い桶に塩水をはり、その中で取ります。
水中なら、飛び散らないですよぉ!(爆)
小さな魚、限定でしょうか?(笑泣)
[ 2007/11/29 21:35 ] [ 編集 ]
サブタイトル変えたんですね(笑

いい感じです(^^♪

それにしてもグレの捌きはお見事(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ
流石です!職人技です!

ウチのジャガーも絶賛してました。
最近、このブログの魚料理を参考にしているみたいです^_^;
[ 2007/11/30 17:44 ] [ 編集 ]
さん基地さん
水の中でウロコを取るって理にかなってますよね。大きい桶を買えば大物もOK?

グランツさん
いやはや、奥様にも見ていただいているとは嬉しいですね~。まだまだ素人料理の域を出ていませんが、これからも精進いたします。
[ 2007/11/30 21:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。