The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スローリトリーブ 

先週はボーズに終わったエギングですが、リベンジを期すべく再度同じ場所へ出撃してきました。

16時過ぎに現地入りし、駐車場からひたすら砂浜を西へ歩きます。今日は朝から大雨が降っていたものの、昼前には上がって今は曇り空。水潮になっているのが気になりますが、気温が低いと快適に釣りが楽しめます。
P1090356-2.jpg
岬のような地形になっているポイントへ到着。干潮は17時半なので、それまでに一度山場が来るはず。へなちょこベイトタックルでアオリーQを遠投しては、ガンガンとしゃくって誘いを入れます。潮を読むのが苦手な私でも、何となく複雑な流れになっているのが分かります。ここで来なければどこでくる?

30分ほど経った時、カウントダウン後に思いっきりしゃくると、悲劇は起きました。
P1090365-2.jpg
バキッッ!!!という威勢のいい音とともに真っ二つ(涙)。15年以上使っていたので仕方ないでしょう。ここでスピニングタックルにチェンジ。餌木も2.5号にサイズダウンして、スローに誘ってみることにします。根を感じるようにトロトロと巻いていると、10分ぐらいしてグニューというアタリが来ました。
P1090359-2.jpg
無事食べ頃サイズのアオリをキャッチ。地元釣り師らが、スローリトリーブで誘う理由が少し分かったような気がしました。常に水が泥濁りのため、激しくしゃくっても見えないのだと思います。じっくり見せつけるようにスローに引いた方が、かえってアピール力が強いのではないでしょうか。

というふうに、もっともらしい理由を書いてみましたが、その後はパタリと反応が途絶えました。一度だけ、底にへばりつくような引きでタコかも?と期待させるのもありましたが、その正体はご覧のとおり。
P1090369-2.jpg
アメフラシ? 日本のものより派手ですね。かなりタコっぽい引きでした。

そうこうしているうちに日暮れ時。時合いは干潮直前と夕マズメと読んでいたので、気合いを入れてゆるゆると巻きます。すると、カウントダウン直後の巻き始めにゴツンとヒット。先ほどより重量感があるので、慎重にランティング。
P1090372-2.jpg
毎年中紀で釣っている秋アオリと同じぐらいのサイズか。チャンス到来とばかりに集中的に攻めたてますが、とにかくフッキングが決まりません。スローリトリーブの最中にコンコンとかグニューとアタリがくるものの、合わせを入れてもスカばっかり。

日本でアジングをしている時に、なかなかフッキング出来ずアアーとかウウッワッと奇声を発していましたが、まさかシンガポールでも同じ感覚を味わうことになるとは(爆)。今後の課題ですね。

結局、19時半まで粘って終了。2杯に終わりましたが、少しコツが掴めてきたような気がします。次回はもっと効率良く釣りたいものです。

[ 2009/09/20 10:47 ] シンガポール釣行紀 | TB(0) | CM(13)
快釣ですね
さらにチーム マーライオンもどんどん(?)増えて

釣果も倍増でいきましょう

アオリですが、日本よりエギにスレていないのでしょうね
ならば、ノジングなんていかがでしょ
エギの下部カンナを無くしてボトムズル引きとか

投げ釣りならガルプ出動ですね
[ 2009/09/20 01:42 ] [ 編集 ]
最近はすっかりエギングレポートになってますね~
バンバン釣れて食べ方に困るようなら
アオリの天ぷらがおすすめです
ニューロッドも期待していますね(笑)
[ 2009/09/20 09:21 ] [ 編集 ]
ソニックさん
ノジング調べましたが、確かにこの釣法は効果的だと思います。ボトムずる引きは根掛かりがこわいので(日本製の餌木はこちらでも高価)、ノジングで爆釣といきたいものですね。チーム「マーライオン」はまもなく結成予定(笑)。

釣り男さん
調理器具が揃っていたら天ぷらも試したいのですが、まだ仮住まいなのでとりあえずボイルで食べてます。いつかサクッと揚げたいですね。ただし、今のポイントは水質があまり良くないので(汗)、末永く食べ続けるためには新規開拓が必須です。
[ 2009/09/20 09:59 ] [ 編集 ]
さすがですね~。狙い通りのキャッチですね。
それにしてもアメフラシですか、、、何ともいえない
カラーリングですね。ちょっとそれが釣れてきたら
引きますね、、、
[ 2009/09/20 17:48 ] [ 編集 ]
ロッド、逝ってしまいましたねぇ…(涙)
さん基地なら中に詰め物入れて、使いそうですが(笑)

釣り場のゴミなんて、日本と比べて如何でしょうか?
[ 2009/09/20 19:28 ] [ 編集 ]
しまじろうさん
アメフラシはシンガポールで一番の大物でした(爆)。
まだ手探り状態ですが、しばらくはスローリトリーブ主体の攻めで、アオリを狙ってみたいと思います。

さん基地さん
ロッドは大往生だったので良しとしましょう(笑)。
ゴミですが、他所から漂流してくる瓶や缶はともかく、釣り関係のゴミはほとんど見ません。何せ釣り人が少ないもので(汗)。
[ 2009/09/20 21:55 ] [ 編集 ]
nuemiさん、どもです。。
ロッド殉職は残念でしたね。
ちなみにシンガポールにも
釣具メーカーはあるのですかね?

まぁ、あっても買わないとは、
思いますが(^~^;
[ 2009/09/22 06:53 ] [ 編集 ]
mako2さん
ロッドは殉職後に三階級特進しました(爆)。
シンガポールには釣具メーカーは無いと思います。台湾や中国のメーカーの製品を輸入するのが中心ではないでしょうか。日本製ルアーも多少ありますが高いですねえ。
[ 2009/09/23 08:08 ] [ 編集 ]
ロッドは残念でしたが、15年以上なら大往生!?

そうそう、エギングの体験メソッドですが・・
上からかぶさってくるイカは横抱きなので、少し時間を置いてから合わせると良いです

画像のイカもカンナがゲソの外側に掛かっているので、横抱きだと思われます

一度お試しあれww


ただし! 結構かじられます(爆)



[ 2009/09/23 15:20 ] [ 編集 ]
おひさしぶりです。
アオリイカは同じなのにアメフラシ気持わるいっす~。

僕はエギング未経験ですが、そんなに日本と違うんですか??
[ 2009/09/23 16:43 ] [ 編集 ]
レキオスさん
なるほど。底をゴリゴリ擦りながら餌木を引いていたので、上からかぶさってきていたのでしょうね。忍耐力が必要ですが、少し時間を置いてから合わせてみます。
多少齧られてもへっちゃらです(笑)。

たけひこさん
アメフラシは無駄にカラフルですね。他にも得体の知れない外道が掛かる可能性があるので、夜釣りの際は気を付けます。泥濁りの中でのエギングは初めてなので、やっぱり日本と勝手が違ってやりにくいですね。
[ 2009/09/24 00:32 ] [ 編集 ]
2杯もすばらしいですね!

先日アラブで激安エギ(1ヶ150円ぐらい)GETしました。横にあった日本製は高価なのでスルーしました(笑 近いうちぜひご一緒に!
[ 2009/09/28 20:08 ] [ 編集 ]
Mitchさん
アタリの多さの割に数が出なかったので反省しきりです。このポイントは水質が良くないものの、アオリは濃いのでトレーニングには最適です。また週末にでも出撃しましょう。
[ 2009/09/28 21:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。