The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

テトラの魅力 


海には様々な形状のテトラが並べられている。休憩がてらにテトラ見物というのも意外と味わい深いもの。


 


IMGA0157


こんな複雑に積んでいると釣りにくくてしょうがないじゃないかと憤ったこともあったが、そもそも釣りのために積まれている訳じゃないから見当違いのクレームだ。


 


IMGA0315.jpg


海の中はどうなっているのだろうか。一度潜って確かめなくては。開けた海とは異なった脅威の食物連鎖が繰り広げられているかも知れない。何事も現場ありき。




IMGA0155


一昨年、貝塚人工島の沖向きテトラでワームで穴釣りを楽しんでいたとき、ガンガンッ!という衝撃とともにルアーを持っていかれてしまった。わずか1秒の出来事。あれはアコウだったのか? それともカンダイ? まったくなす術が無かったが、これもテトラの魅力の一つだ。


 


「逃がした魚は大きい」とあちこちで声高に叫んでいるが、誰も信用してくれない。正確には「大きい魚だから逃げられてしまった」なんだけど、釣り人以外にはなかなかこの論理は理解し辛いようだ。そんな経験ないですか?

[ 2006/09/27 23:49 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。