The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ご無沙汰しています 

仕事やら野暮用やらに時間を取られ、すっかり海から足が遠のいていたnuemiです。本ブログを使って私の生存確認を行っている人がいるようですが(爆)、異国の地でちゃんと生きてますよ。

さて、満潮が21時なので久しぶりに夜釣りに出掛けてきました。だいぶ前に小さなアオリをキャッチした例の場所です。20時半ごろに現地入りしましたが、バーベキューや夕涼みで結構な人出です。シンガポール人は夜更かし好き?
P1100294-2.jpg
まずは小さ目の餌木をチョイスし、漆黒の海へキャスト。かなり潮が満ちていて釣り易そうだ。ところが、カウントダウンするとすぐに藻に掛かってしまう。前回釣れた時と異なり、かなり藻が生い茂っているようだ。
P1100304-2.jpg
一時間ほど粘ったが反応がなかったので、灯りに照らされた内湾の方へ移動。こちらはさらに人でごった返している。日本の時みたいに静かに一人で釣りに集中するのは難しい。餌木のほかにアジング用のワームも繰り出してみたのの、今回もシンガポールの海は情け容赦なかった。すっかり慣れたとはいえボーズは痛い。
P1100306-2.jpg
仕方なく(予想どおり?)魚料理で紙面を埋める羽目に(涙)。翌日に、今まで何度か買ったことのあるタイもどきで、鍋を作ることにしました。薄切りは久しぶりだったので、出来栄えはまあまあといったところか。
P1100311-2.jpg
突撃!nuemi家の夕ご飯(爆)。土鍋が無いので変圧器を介した電気鍋を使用。あまり風情は無いですが、やはり日本人の口には日本料理が一番と実感。
P1100318-2.jpg
そろそろ禁断のエビ釣り園に足を伸ばそうか…。結構難しいらしいので油断は禁物ですが、魚類じゃなく甲殻類でもいいからキャッチしたいところです。
[ 2010/04/25 21:36 ] シンガポール釣行紀 | TB(0) | CM(6)
仕事やら仕事やら仕事やら・・・に追われまくっているソニックです
(ちなみに釣り男さんも・・・)
過労死して人知れず・・・なんてことにならないように頑張ります(泣)

しかし釣れないもんですねシンガポール

エビも良いですが、ウワサのGT釣堀も探索して下さいね

あまりの釣れなさに魚屋の生簀へルアー投げないで下さいよ(笑)
[ 2010/04/25 22:44 ] [ 編集 ]
やっぱり味ぽんですね!
日本では違うのを使ったりしますが海外では
味ぽん最高ですね
[ 2010/04/26 10:21 ] [ 編集 ]
雰囲気(色?)が夏っぽいのですが…鍋なんですね(笑)

海老はストッキングで釣るのでしょうか?
[ 2010/04/26 15:23 ] [ 編集 ]
ソニックさん
お忙しそうですね。釣りやってナンボの人生ですから、何とかうまく乗りきって釣行してください。
中紀のような静かな釣り場があればいいのですが、シンガポールはどこも騒々しいのが難点です。スーパーの生簀はいつも魅力的で、思わずルアーを投げたくなりますよ(笑)。

しまじろうさん
鍋は味ぽんで決まりです! どれだけ暑くても、日本の鍋の味は忘れられないですね。次はガルーパで水炊き…いやいや釣りを頑張らなくては(汗)。

さん基地さん
やっぱり土鍋でなくては雰囲気は伝わりませんね。でもタイもどきの味はなかなかイケますよ。
海老はちゃんと竿と糸と針を使って釣るのですが、ストッキングは反則?
[ 2010/04/26 21:02 ] [ 編集 ]
早出やら残業やら休日出勤で過労死寸前の釣り男です(笑)

パッと見は普通の日本の食卓に見えますね
変圧器さえ無ければ・・・
禁断のエビ釣り園というのがかなり気になります
思いっきり期待していますよ
[ 2010/04/26 21:04 ] [ 編集 ]
釣り男さん
お仕事大変そうですねえ。何とか時間を見つけて私の分まで中紀で釣って来てください。シンガポールは時間があっても魚が相手にしてくれないので(涙)。エビはどうかな~。
[ 2010/04/30 23:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。