The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

仕入れに行ってきました 

最近すっかり板前状態のnuemiです(笑)。地震から一ヵ月経過しましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

この前たまたまローカルの人と魚料理の話をしていると、Jurong Fishery Portという卸売市場で安く鮮魚を入手できると教えてもらいました。ただ、教えた当人は早起きできないということだったので(汗)、嫁と二人で早朝から出撃してきました。

何とか三時に目覚め、車を走らせて30分ほどで入口ゲートに到着。入門手続が結構厳重で、普段携帯している身分証を渡して引き換えにVisitor Passを交付され中に入ります。残念ながら写真撮影不可だったので、ゲート外からちょこっと撮影。
CIMG3281-2.jpg
いざ中にはいると、とにかく人と魚で溢れていて、雰囲気に圧倒されそうになります。最初は素人がこんな所で買っていいのかと躊躇しましたが、通じない英語を駆使してなんとか買い物を済ませました。
CIMG3288-2.jpg
帰宅してもまだ五時半。ここで休むとかえってしんどいので、気合いを入れて一気にさばくことに。
CIMG3294-2.jpg
まずはサワラ。キロあたり8ドルとスーパーで買うよりも割安です。さばき始めてみると、新鮮さのあまり腹身が綺麗で感動。
CIMG3304-2.jpg
これを三枚におろし切り分けます。
CIMG3307-2.jpg
右から順番にきずし、西京焼き、ホイル焼き、つみれ用。下はタタキ。
CIMG3298-2.jpg
次にコウイカ。これも一匹3ドルと格安なのに十分生食できそうな鮮度です。刺身とフライへ。
CIMG3301-2.jpg
そして正体不明の魚。写真ではタイっぽいですが、ややずんぐりむっくりした体型が泉佐野の魚市場で買っていたニベに似ています。でも意外と高くて一匹17ドル。刺身と鍋物用。
CIMG3283-2.jpg
最後にアジ。七匹で4ドルと涙が出るような価格。ひょうが飯と干物にするべく下準備を進めます。

このように、最初のうちは面白がって写真を撮りながらさばいていましたが、そのうち疲れてきて意識朦朧状態に(汗)。結局すべての作業を完了するのに三時間半もかかってしまいました。
CIMG3333-2.jpg
昼はアジのひょうが飯とコウイカの刺身。やっぱり新鮮だと美味しい。しばらく海の幸を楽しむ日々が続きそうです。
まるで料理店の仕入れのようですね(笑)
nuemiシェフでも三時間半かかるとは・・・
ちょっと仕入れすぎですよ
ひょうが飯と刺身の後ろに見える味噌汁が良いですね
アラ汁でしょうか?
[ 2011/04/17 20:22 ] [ 編集 ]
シンガポール寿司職人のお料理ブログは絶好調になってきましたね(笑)
気になるのは、市場のアジがどこの漁場から来た物なのか…
近海でなら、シンガポールでアジング再開できますね
市場のセリ人を脅して聞き出して下さい(苦笑)
[ 2011/04/17 22:18 ] [ 編集 ]
釣り男さん
丁寧に仕事していたら時間が掛かってしまいました。あ、味噌汁はただの大根味噌汁ですよ。
釣れない憂さ晴らしに料理へと走る今日この頃(爆)。

ソニックさん
アジはおそらくインドネシアの小島から来ているのではないかと…。サワラの入荷量も非常に多かったですが、シンガポール近海では見かけませんね。船酔いを克服し沖で釣るのが得策か?
[ 2011/04/18 10:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。