The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

下準備? 

前回のブログに記していたとおり、来週の下準備のために木曜の晩から釣行することにした。仕事から帰ってきてすぐに海へ行くのはなかなか骨が折れるが、三連休の昼間の高速は必ず渋滞するので、夜中に出かけるのは正解かも知れない。今回は単独釣行だ。



23時に由良にある小さな漁港へ到着。ここは6月下旬までアジの数釣りが楽しめた場所だが、最近すっかり鳴りを潜めている。波風が無く釣り易そうだがかなり肌寒い。途中、峠道に設置したあった温度計には11度と表示されていたので、本年一番の寒さか。合羽の上下を着込み、じゃこまろをメバルタックルにセット。いきなり、タチウオ釣りの下準備という当初の目的を忘れている。


  


係留船と筏の間にルアーを打ち込み、軽くカウントダウンして巻き始めるとクンクンとアタリがきた。が、油断していたためフッキングできず。気を取り直して、今度は係留船のオープンエリア側にフルキャストする。


 


潮位はそれほど高くないが、底まで沈めた後ゆっくり足下まで引いてくる。そして、ルアーをステイさせるイメージ(要するに放置プレイ)で待っていたら、ガンと鋭いアタリが来たので、すかさず合わせるとヒット。ドッタンバタッンと暴れているがほとんど足下なので、口切れしないよう祈りながら強引に抜き上げるとかなりの良型。今シーズン最高の26cmのアジだ。これは旨そう。


 


ただ、これぐらいのサイズでも群れでいるはずと踏んで追加を狙うが後が続かない。早くも寒さが身に堪える。体を暖めるためにも、少しずつ移動してこまめに探ろう。



10mほど北へ移動して別の係留船のそばにロッキースラッグを打ち込むと、1投目からきた。やや小さ目のアジをキャッチ。さらに2投目にもヒット。変な引きだなと思い軽々と抜き上げるとカマスだった。


 


引き続き、船と筏の下に隠れている獲物を誘き出そうとキャストし続けたが、その後はウンともスンとも言わず。近くに居る餌師も退屈そうだ。時間も無いということで移動。


 


次に、保険としてのガシラ釣り場も下見しておくことにした。由良町から日高町にかけての小規模漁港に隣接するゴロタ浜や捨て石周りを、順に叩いて行こう。


 


冬の定番であるクラッピーグラブのテキサスリグで、ガシラの居そうな底の荒いポイントをズリズリと探っていく。ところどころで根掛かりするが、さすがにジグヘッドよりは釣り易い。


 


そうやって北から南へ目ぼしいポイントはないかと一通り探ってみたが、なんとボーズ。そんな馬鹿な・・・。小さくてもいいから、魚が釣れるという実績が欲しい。来週は大丈夫か?


 


まあ、本命のタチウオが釣れれば他魚の心配など無用だと思いながら車を走らせていると、遠くに灯かりが照りつけるテトラが目に入った。何かが居るはずだと直感する。


 


かなり足場の悪いテトラを数分歩いて目的ポイントに到着。会社の人を連れて行けるような楽な場所ではないが、とりあえず試してみよう。キャストポジションやクーラーの置き場を確認してから、ロッキースラッグを沖に向けて全力でキャストする。電灯が明るいので沈みテトラの状態が良く見える。ここまで明るいとメバルよりアジの方が多いなと思ったときに、ゴンと来た。が、油断していたのでまたまたバラシ。


 


深呼吸して気持ちを落ち着かせた後、同じ方向にキャスト。竿先を軽くシェイクしながら、テトラの際を擦るようにリーリングすると再びアタリが来た。一瞬メバルかと思ったが、白銀の魚影が見えたのでアジと分かる。テトラや海藻の間をギュンギュン走るので、寄せてくるのに結構手こずりそうだ。


 


おまけに、釣り上げてもどこへ置けばいいのだ。掛けたアジを走らせながらしばし考える。仕方ない。クーラーを開け、そこへごぼう抜きしたアジを直接落とし込むようにしよう。かなり大変だが、他にやり方は無さそうだ。


 


そして、釣り上げたアジを何とかクーラーへ落とし込み、えらからナイフを入れて絞めた。24cm前後か。クーラーも手もウロコだらけだが止むを得ない。温い海水で手を洗って再びキャストする。


 


するとすぐさまヒット。あたふたしながらテトラの間からアジを抜き上げ、クーラーへ落とし込む。何という手返しの悪さだ。1匹あたり4,5分要しているのではないか。まあ、釣れているのだから文句言わず楽しもう。


 


その後もアタリが続いたが、どうも一箇所しか反応しないと分かる。目の前に2つある沈みテトラの右寄りの深層をトレースしなければまったくヒットしないのだ。アジの居つき易い地形ということなのか。今晩は、たまたま当たりくじを引いてラッキーだ。


 


黄色だった月が徐々に黄土色に変わり、やがて赤黒くなって山の合間へと消えていく。足場の悪い釣り場で、良型のアジを上げながら月見するのも楽しい。


 


だが、3時まであと10分というところでアジのアタリがぱたりと止んで、ネンブツダイばかりがアタックしてくるようになった。これがいわゆる時合の終了というものだろう。結局ここでは7匹のアジをゲットした。


 


変な姿勢で釣り続けたせいか足腰が痛いが、タチウオを狙うべく日高港まで一気に南下することにした。そして、軽く1時間ほど仮眠をとって朝マズメに備える。



5時過ぎに車を降りると、結構な数の車が終結している。タックルをセットしながら、隣に居た安田大サーカスのクロちゃんに似たオヤジと軽く談笑する。最近はあんまりタチウオの姿を見ないよ。そう言いながら、クロちゃんは紀州釣りの団子の準備を始める。



とりあえず、ワームを投げてタチウオの反応をうかがう。寒さはいっそう厳しくなってきたが、海面は静かで釣り易い。遠くに見える電気浮きの状況もチェックするがアタリはないようだ。


 


東の空が徐々に白み始めてきたが、攻撃の手をゆるめずワーム以外にミノーやバイブレーションを投げまくる。さあ、景気付けに一発掛かってくれ。


 


・・・6時を過ぎても反応なし。おまけに両サイドから紀州釣りのヌカ団子の絨毯攻撃を受けて、厳しい状況になる。うーん、やはり釣れないか。来週は日高港を避けるべきか?それとも、アジングをメインに据えるべきか?


 


帰り際に軽い冗談のつもりで、比井や小浦で見えアオリや見えメバを狙ってみたがまったく相手にされず、逆にストレスを溜めてしまった。良型アジの釣果はあったものの、タチウオ釣り場の下見がほとんど出来ていない。来週は一体どうなるのか?


 P1010260.2.jpg


 


日時:


206年11月2日(木)~3日(金) 22:00~08:00


 


釣果:


アジ1826cm  9


カマス20cm  1


ネンブツダイ多数


 


タックル:



ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000


 


ヒットルアー:


フィナ(FINA) メバル専用ワームじゃこまろ2インチ 2インチ 9.ソリッドグリーン、ロッキースラッグ


[ 2006/11/03 20:10 ] アジ | TB(0) | CM(2)
こんちは、レキオス改めカマサーです

アジへの嗅覚はすばらしいものがありますね
やはり本命が釣れないと凹みますよね

しかし、自然相手なのでこんなもんでしょう
気楽に、釣れた魚を美味しく頂くことに
しましょう( ̄ー ̄)

[ 2006/11/05 16:34 ] [ 編集 ]
カマサーさん

タチが釣れなかったのは、アジング中毒者を増やすための神様の悪戯だと思っておきましょう(笑)。アジの方が奥様受けするかも知れないし。来週は気楽に釣ってきます。
[ 2006/11/05 21:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。