The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リベンジ持ち越し 

「先輩、リベンジに行けますか。」「まだ風邪が完治しない。おまけに月曜から出張なので無理は禁物だ。」「分かりました。先輩の無念、必ずや私が晴らしてみせます。」「頼む。」


 


という訳で、忘年会の喧騒をよそに金曜の晩から単独釣行してきました。


 


今回は、先輩の敵討ち、2006年の釣り納め、ニューロッドのチェックという3つのテーマがある。体調は決して万全ではないがベストを尽くそう。


 


無風曇天の下、22時半に馴染みの由良の漁港へ到着。予想に反して濁りはまったく無し。おまけに干潮間際らしく底の状態が丸見えだ。若干の不安を感じつつ、嫁から一足先のクリスマスプレゼントとして贈られたファメロVF-W68を手に取る。


 


例のごとく、メバル弾丸1.0gにロッキースラッグのセットをチョイスし軽くキャスト。心地よい感触とともに沖へ飛んでいく。飛距離も方向性も問題無し。


 


筏の際をスローに巻いていると、早速手元にアタリが伝わってきた。感度良好。軽くフッキングさせ、グリグリ巻いて寄せてくる。が、惜しくも足下でバラシ。白銀色の魚体が見えたからアジだろう。もっと優しくファイトすべきだったか。


 


2投目もアジがヒットし近くまで寄せてきたものの、抜き上げ時にポロリ。うーん、今まで使っていたネオバーサルより飛距離やアタリの取り易さははるかに上だが、ブランク自体に張りがあるせいかアジが口切れを起こしてしまう。


 


結局、このポイントではアジを2キャッチ6バラシと、随分ストレスを溜め込む結果となった。いつもとは逆の比率だ。メバルを掛けた時は結果が異なるだろうが、アジについては根本的にファイト方法を変えなくてはならないのかも知れない。気分一新、次のポイントへ向かおう。


 


ところが、しばし車を走らせ目当ての波止へ入ろうとしたものの、何と工事中で立入禁止。困ったなあ・・・。熟考の末、峠を越えて一気に日高まで南下することに。


 


エンジンを唸らせ峠を上り始めると、何匹もタヌキが車道に飛び出してくる。今晩はかなり多いぞ。自然とハンドルさばきが慎重になる。ところが、峠を下りきったところで左右左と3匹同時に飛び出してきた! わー駄目だ、ごめんなさいーと思ったものの、急ブレーキをかけて何とかセーフ。おかげで目が覚めた。


 


次の釣り場は、今までに何度か紹介したことのある幽霊テトラ。詳しい説明は省略するが、このテトラの根元に斎場がある。いつもはひっそりと静まり返っているが、今晩は灯かりが・・・。いわゆる危険日だ。私に霊感は無いはずが、こういう日に斎場の前を通ってポイントへ入るのは躊躇する。勇気を持って撤退。


 


すでに3時を過ぎ手詰まり感ありありだが、釣果度外視で新規開拓に走る。さらに南下すると、常夜灯の照りつけるテトラと地磯の複合ポイントを発見。期待に胸を膨らませ、じゃこまろのグリーンをキャスト。


 


すると1投目からコツコツとアタリがくる。何とか魚の顔を拝もうと、粘りに粘ったが結局釣れたのはネンブツダイ。まだ水温が高いようだ。イコール、メバルの確率がグンと低くなったということなので気持ちが萎えた。やけくそ気味に一気に北上だ。


 


5時前に由良の北部にある漁港へ辿り着く。ここで一発逆転を狙うことに。港内は常夜灯が多数設置され無駄に明るい。ここまで明るいとポイントが絞りきれないが、何とかアジを1匹キャッチ。ロッドはいつの間にかネオバーサルに変わっていた。


 


眠気と疲れにしばらく意識朦朧としていたが、漁船が慌しく沖へ向かい始めたので我に帰るとすでに6時。最後の最後に沖向きテトラでメバルを狙って終わろう。


 


ロッキースラッグをテトラと平行に遠投し軽くカウントダウンすると、フォール中にクンッとアタリがきた。よっしゃ、今度こそメバルやと思い慎重に寄せてくると、またもやアジ。もう勘弁してください。


 


水深が浅く、沈み根が満載で、常夜灯の影響もない。こういうポイントを選んでいるのにアジばかり釣れてしまうと手の打ちようがない。メバルは何処へ? 由良湾全体がアジで埋め尽くされているのか?


 


結局、7時前まで中型のアジアジアジアジ。不完全燃焼につき、リベンジその他諸々は来年へ持ち越しとなりました。年初の初釣りにご期待を。


 


 P1010396.2.jpg






日時:


2006年12月15(金)~16日(土) 22:30~07:00


 


釣果:


アジ1720cm  10



タックル:


ファメロVF-W68 & ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000


  


ヒットルアー:


フィナ(FINA) メバル専用ワームじゃこまろ2インチ 2インチ 9.ソリッドグリーン、ロッキースラッグ、エコギア(ECOGER) サンスン 3インチ 067(ナチュラル)





番外編:


釣った訳じゃないけどタヌキ12匹と遭遇(多過ぎだって)

[ 2006/12/16 22:25 ] アジ | TB(0) | CM(8)

釣り納め、お疲れさまでした

タヌキは轢かなくてなによりでした

来年も怪我、事故の無い釣りを楽しみましょう!


私も明日は釣り納めかもしれません
31日~1月3日まで休みなのですが仕事納めの30日の夜から、帰省した嫁の実家(宮崎)まで一晩中ランガン
しまくり! 体調にもよりますが・・
[ 2006/12/16 23:05 ] [ 編集 ]
レキオスさん

宮崎までランガンは楽しみですね。サーフではヒラメ?それともオオニベ? 奥さんのご実家に持ち込めば一躍ヒーローになれるかも。安全第一で頑張って下さい。
[ 2006/12/17 16:58 ] [ 編集 ]
こんにちは
徹夜釣行ですね~
相変わらずタフネスガイです。メバルもいいですが美味しいアジの方があっし的には興味があります。
あっしは今年はアジつらなかったなぁ~
タフネスぶりもみならわないといけませんo(^-^)o
[ 2006/12/19 11:31 ] [ 編集 ]
こんばんは。nuemiさんも徹夜されるんですね。
メバルは1月になれば、もっと簡単につれるとおもいます。?たぶん。アジはどうしても口が柔らかいですからね。ある程度はドラグで逃がせるんでしょうけど。
僕は、昨夜の釣行で幽霊?らしき声を聞いています。誰もいるわけないのになあと思いつつ、気にしないふりしてました。女の人なのか、子供なのか、分からないような声でした。
[ 2006/12/19 19:57 ] [ 編集 ]
Funkyおやぢさん
釣果が納得いかなかったので、つい徹夜で頑張ってしまいました。いつもの釣り場は水温が中途半端に下がった状態で、良型アジは沖へ散ってしまい、メバルはまだ接岸せずという苦しい時期です。タフネスにテクニックが備わればもう少し釣果が安定するかも。Funkyさんも年相応?に頑張って下さい。私も来年すぐに「おやぢ」になってしまいます(笑)。

ミッチーさん
徹夜すると足腰に疲労が残ってしまうのが哀しいです。2,3年前まではこんなんじゃなかったのですが。ロッドの差を痛感した前回の釣行ですが、慣れるまではドラグゆるゆるで対応せざるを得ないでしょうね。幽霊の話は止めましょう。一人で釣りに行けなくなってしまいます(笑)。
[ 2006/12/19 21:36 ] [ 編集 ]
ミッチーさん
怖過ぎです。。。

どうでもいいですが映画の
「犬神家の一族」のポスターを見ると
バスやらないあっしでも
「おっ!!湖に2本突き出た
 素晴らしいストラクチャーやな~!!
 あの間にすっと投げたら釣れるだろーなー」

と思うのはあっしだけでしょうか?
[ 2006/12/19 22:38 ] [ 編集 ]
Funkyおやぢさん

2本突き出たストラクチャーの間に通すと確かに釣れそうですが、カウントダウンし過ぎると…。また怖くなってきました(笑)。
[ 2006/12/20 22:10 ] [ 編集 ]
nuemiさん
巧いツ!
おーぃ山田君~
座布団7枚!
[ 2006/12/20 23:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。