The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

釣れるはずだが 

さあ、待ちに待った週末。天気も何とか持ちこたえそうだし、2週間ぶりの釣行は大いに期待できそうだ。再リベンジに燃える先輩の鼻息も荒い。


 


16時過ぎに由良の小さな波止に入り状況をチェックする。浮き釣りをのんびり楽しんでいる家族がいるが、特に釣果は上がっていない様子。数週間前まで季節はずれのカマスが回っていたらしいが、今日の海は波もなく実に静かだ。


P1010553.2.jpg


と思ってると、はるか沖の潮目で小魚が騒いでいるのが見えた。結構激しくバシャバシャやっている。シーバスか青物が追い回しているの? こっちに近づいてこないかなと待っていたが、なかなか射的距離内まで寄ってこない。シーバスタックルとメタルジグがあれば何とかなるのだろうけど。


 


結局、日暮れまで粘ってみたが、手も足も出ないまま終わってしまった。夕まずめはメバルに狙いをしぼるべきだったか…。先輩もライトタックルでメタルジグを投げ続けて疲れたとのこと。美しい夕日がむなしい。そろそろ腹ごしらえをしよう。


P1010556.3.jpg
近場のローソンで食料を調達。カップラーメンや肉まんをほお張りながら、この後の釣行プランについて話し合う。19時前に満潮をむかえるから、それまでにしっかりポイントを選定しておかなくては。まずはアジの実績が高い漁港でお土産を確保するということで意見が一致。小さな峠を越えてポイントへと走ることにした。


 


ところがいざ現地に到着してみると、いつもは煌々と海面を照らしている黄色の街灯が今晩に限って消えている。うわー、こんなはずでは…。集魚効果が大幅減(前回比)でっせ。頭を抱える中年男性2人。まあダメもとでやってみよう。


 


臭いに顔をしかめながら、先週仕入れたベビーサーディンをジグヘッドに装着。筏の際へキャストする。活き餌より釣れるというふれ込みが正しいなら、アジが居ると1投目から反応があるはず。注意深くテンションフォールさせ、スローに巻いてみる。


 


そんな感じで10投ほど試したが、鏡のような海面は固まったまま。やはり灯かりが消えているのは痛い。早々と隣の捨て石ポイントへの移動を決意する。


 


ベビーサーディン以外にメバダンゴやネジワームも動員し、ブレイクラインをしつこく攻める。先輩は浅場を広範囲に探っているようだ。例年ならメバルが入れ食いのはずだが、何だか雰囲気が変だぞ。念のため沖も探ってみようか…。


 


30分ほど粘ってみたが、ここでも結果が出ず意気消沈。お土産を持ち帰ることを義務付けられている先輩もやや焦り気味だ。しばし作戦会議を練り、今晩はガシラに的を絞ろうという結論に。最初に訪れた漁港に隣接するスロープへと急ぐ。


 


先輩はクラッピーグラブのテキサスリグをチョイス。スロープの切れ目と係留船の間を攻める。私はロケットヘッドにベビーサーディンのコンビのままだが、根掛かりに注意して低層を引けば大丈夫だろう。ひたすら正面へキャストを繰り返す。


 


10分ほど経過しただろうか。障害物をかわした直後に、コンと小さなあたりがきた。とっさの電撃合わせでフッキング成功。とりあえずガシラを釣ってボーズ回避だと思って巻き上げてみるが引きが違う。もしかしてと思ってライトで確認するとリリースサイズのメバル。こんな所にいたのかい。



P1010558.2.jpg


普段はまったくといっていいほどメバルが釣れないポイントなのに。今晩は定番ポイントを外し気味に攻略しなければならないのかも。大潮でベストコンディションだと思っていたが、どうも勝手が違うようだ。


 


その直後に、先輩からヒット!との声。根に潜られないようグリグリと寄せてくると、ヒレを大きく開いたガシラの姿が見えてきた。キープするには微妙なサイズだが、狙い通り釣れてホッとひと息。



P1010565.2.jpg
その後、先ほどと同様のパターンでもう一匹メバルを追加したが、またしても微妙なサイズ。時間も無くなってきたので、最後に幽霊テトラで一発逆転に賭けてみよう。


 


先輩の華麗なドライビングテクニックに悪酔いしながら、何とか峠を越えて現地入り。今晩は斎場の明かりが消えているので、安心して釣れそうだ。2人でポイント談義しながら波止へと向かう。ところが、波止の先端の常夜灯だけが消えている。またしても嫌な予感。


 


先輩はもしかして疫病神ですか?と言いたくなるのをぐっとこらえながら、タックルをセットする。通常は外向きテトラがベストポイントとなるが、先端の常夜灯が消えているので今晩は期待薄だ。不安だがほとんど実績のない内向きを攻めよう。


 


常夜灯が白く海面を照らしているポイントへ、自作ジグヘッドに装着したベビーサーディンを打ち込む。波はまったく無いし灯かりも強すぎるので、海底の状態が丸見え。ヤケクソ気味に遠投だ。


 


今晩はもう駄目かなと諦め気味に巻いていると、グンッと感触が伝わってきた。もしかしてアジ?と驚きながら再キャスト。今度はしっかりアタリを取れるよう心の準備をしてリトリーブすると、さっきより明確なあたりが手元に伝わってきた。


 


合わせを入れると、係留ロープに一直線に走っていく。足下まで寄せてもグイグイ底へ潜ろうとする元気さ。これは刺身サイズかなと思いながら慎重に抜き上げると、20cmオーバーのアジだった。うおー、粘った甲斐があったというもんだ。


 


手早く〆てすぐにキャストを再開すると、またしてもヒット。今度のアジは更に暴れる。唇切れを起こさないように慎重にやり取りしてゴボウ抜き。25cmほどありそうだ。アジが群れていると確信したので、少し離れた場所にいた先輩に大声でアジアジ!と叫ぶ。


 


先輩のタックルのルアーをチェンジする間に、私の使っていたロッドを渡し、大急ぎでアジを釣ってもらう。先輩の目の色が明らかに変わっている。ここでお土産を確保しなくては。


 


一投目は反応無し。二投目は竿先にわずかに反応が出た。そして三投目にガツン! これまた良型のようだ。初アジの引きに戸惑っていた先輩だが、右へ左へ走り回るのをやり過ごしながら何とか足下まで寄せて抜き上げ成功。これも24cmほどの刺身サイズ。思わず二人で歓喜の雄叫び。斎場の横で騒いですんません。



P1010568.2.jpg
ところが、その後はピタリとアタリが止んだ。まだ潮止まりではないし、おそらくルアーが見破られ出したのだろう。激臭ベビーサーディンを使って駄目なら、あとは必殺ロッキースラッグしかない。メバル弾丸1.0gにセットして係留船の際へキャストする。


 


リフト&フォール、シェイク&フォール、表層早巻きといろいろ試してみたが、アジからは音沙汰無し。最後に底にへばりつくような超スローリトリーブで巻いてみると、ようやくモゾッとしたあたりがきた。追い食いさせるように続けて巻いていると、何とか足下でフッキング。強引に抜き上げて20cm前後のアベレージサイズをキャッチ。なかなか神経をすり減らす釣り方だが、その分釣れたときの喜びが大きい。


 


その後は、実験的に中通しおもりを利用したスプリットショットリグを試したりミノーも投げてみたが、さすがに激シブのアジには通用せず。静まり返った海で寒さに耐えながら2人でキャストを続けたが、納竿直前に私がもう1匹追加して終了となった。



P1010571.2.jpg


「釣れるまで帰らない」と言うと、「じゃあ今晩は帰ってこないのね」と奥さんに冷たく言い放たれた先輩ですが、私のアジを進呈して何とか家路につけました。潮時表や天気予報でベストコンディションと確信していましたが、自然が相手なのでなかなかうまくいかないもんですね。


 



日時:


2007年1月20日(土) 16:30~23:00


 


釣果(2人合わせて):


アジ1925cm  6


 


メバル1718cm  2


 


ガシラ1618cm  2


 


タックル:


ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000


ファメロVF-W68+エンブレムS2000iA


 


ヒットルアー:


バークレー ガルプ! サンドワーム ベビーサーディン 2インチ ナチュラル、ロッキースラッグ、クラッピーグラブ

[ 2007/01/21 19:46 ] アジ | TB(0) | CM(6)
渋い中の釣果、うれしいですよね

先輩も価値ある1匹を体感したことでしょう

しかしメバル、釣ってみたい
[ 2007/01/22 18:13 ] [ 編集 ]
自然を相手にするのはほんとに難しいですよね。コンディションはもちろん、バイオリズムなんかもあるでしょうし、まったく釣りってのは奥が深すぎて大変。だから面白いんでしょうね。いつもはメバル弾丸でしたっけ?それと比べ自作ジグヘッドの使用感はどうでしたか?
[ 2007/01/22 20:11 ] [ 編集 ]
nuemiさん こんばんは

メバルは渋くてもアジは好調のようですね。
nuemiさんの話に出て来る幽霊テトラが、
多分私が年末に撃沈した場所だと思います。
朝は子イワシのような群が沢山いましたが、
夜には大きなアジも回って来るのですね~
今週末は私も中紀に行こうかと考えています。
[ 2007/01/22 20:26 ] [ 編集 ]
レキオスさん
メバルよりハタの方が数段格上ですよ。鹿児島の豊かな海が羨ましい。初アジを釣った先輩は、その繊細かつ大胆なファイトに感動してしまい、2月も同行したいと言っています。ぜひ初メバルもキャッチして欲しいものです。

yusuiさん
自然を相手にしていると自分の無力さを痛感することが多々ありますが、「見えざる何か」を超えて結果を出したときの充実感が気持ちいいですね。自作ジグヘッドはスローフォール仕立てで、何となくアジに効きそうな気が。次回はベビーサーディン以外のワームも試したいと思います。

釣り男さん
幽霊テトラをご存じですか。沖向きは良型メバルもアジも上がりますが、季節風に弱いのが難点。内向きは灯かりが強すぎて、通常はそれほど釣果が上がりません。今回の釣行はラッキーでした。今週末は金曜の晩から、由良~御坊付近へ出撃予定ですので、もしかしたらニアミスするかもしれませんね。
[ 2007/01/22 22:15 ] [ 編集 ]
 こんばんは。
アジすごいですね。
メバヒットおめでとうございます。本当に、この時期は普通荒れないといけないのに、ぜんぜん、だめですね。ベタ凪すぎるんですわ。
[ 2007/01/22 22:41 ] [ 編集 ]
ミッチーさん
アジは粘り勝ちでしたね。とにかくランガンして何とか釣果を揃えました。一方、今シーズンのメバルは本当に厳しいです。ベタ凪だし水温は高いままだし、昨年までのパターンは通用しないかも。今週末もアジング漁師になりそうです。
[ 2007/01/23 20:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。