The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

渋いなあ 

待ちに待った週末。空に浮かぶ雲にはすでに秋の気配が感じられる。今日狙いはメッキ、キビレ、アジ、タチウオ・・・のはずだったが、友人宅に長居してしまい、釣り場に着いたのは19時半。鮮紅色の夕日はすでに沈み、メッキの時合いは終了していた。気を取り直して、スロープでキビレを狙うことに。


 


この前のルアー紹介で取り上げていた、スライダー社のクラッピーグラブをセットして沖へフルキャスト。しっかり底まで沈めてからスローでズル引きする。この釣り方で盛夏に2030cmのキビレが結構釣れるのだが、今晩のファーストヒットはガシラ。ズゴゴゴゴという独特のアタリの後、思いっきり竿をしゃくって合わせると、結構な重量感が伝わってきた。


 


牡蠣殻やロープに巻かれないよう慎重にあしらいスロープ上にズリ上げると、今の時期にしては珍しい26cm。これは幸先の良いスタートだ。


 


その後もズゴゴゴとガシラが連発したが、すべて20cm前後だったのでリリース。うーん、ガシラ回避のため、アクションをズル引きからチョンチョンと跳ねるような動きに変えてみる。すると、程なくしてプルプルというアタリと同時に首を振る動きが竿先に伝わってきた。


 


おう、今年の初物が来たぞと思い丁寧にあしらってみたが、どうも重さやヒラ打ちが感じられない。抜き上げてみるとかわいいマゴチ。確かに今年の初物ではあるが・・・。20cmちょっとのベビーなのでこれもリリース。


 


その後も、スロープ全体をまんべんなく探ったが、結局キビレから良い返事を聞くことはできなかった。気分一新、アジングにチェンジしよう。先週調子の良かった地磯へ向かう。


 


釣り場に到着すると、今晩も風が強い。地形上、今の時期はやむを得ないことなのか。ゲン担ぎの意味を込めて、前回爆釣したネジワームをキャスト。軽いリフト&フォールを入れると、なんと1投目からプリプリのアジがヒットしてきた。さらに2投目にもアジが・・・。長潮なんて何のその、入れパクやんけと思っていたらここでアタリが途絶えてしまった。痺れを切らして、禁断のサンドワームを投入したがウンともスンとも言わない。やっぱり潮が動かないから? 南の空に浮かぶ美しい半月が、雲の間を見え隠れしているから? 移動しよう。


  


次に訪れた漁港でも何となく潮が滞留している感じ。ここも活性が低そうだったので、最初からサンドワームで攻める。カウントダウンしてかなりの低層を超スローで引いていると、しばらくして3匹目のアジがヒット。銀白色の魚体をきらめかせながら、捨て石際をグングンと走るのが見える。ポロリのないよう丁重にランティング。さあ、群れの着き場を見つけたぞ。・・・あれれ、やっぱり後が続かない。外道のネンブツダイすら来ないのは、結構ショックだ。


 


その後もポイントを転戦したが、海は沈黙を守ったまま。タチウオもまったく上がっていないようだし、日付が変わる直前に白旗を上げて降参。いやー渋かった。


 


 


IMGA0118




<日時>


2006年9月2日(土) 19:30~24:00



<釣果>


アジ1920cm  3


ガシラ1826cm 5匹 (4匹リリース)


マゴチ 22cm (リリース)


 


<タックル>


マジスティック702UL+エンブレムS2000iA


ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000


 


<ヒットルアー>


クラッピーグラブ、ネジワーム、サンドワーム


 


[ 2006/09/03 10:49 ] アジ | TB(0) | CM(2)
メッキの時合いを逃しても次へチャレンジ♪その不屈の精神が素晴らしい~毎回のお土産はさすがです!
[ 2006/09/03 21:59 ] [ 編集 ]
次週はメッキリベンジはもちろんのこと、アオリも試してみたいですね。防波堤の墨跡も増えてきたので楽しみです。
[ 2006/09/03 22:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。