The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アジが大多数 


さあ週末。今回も嫁の弁当&運転付きで中紀へ行って来ました。前回は熟睡して竿を振らなかったヘッポコ嫁にも、ぜひ釣ってもらいたいところですが。



21時過ぎに、先週アジが好調だった由良の筏ポイントへ到着。道中、峠付近で霧が見られたものの、雨の影響はほとんどなさそう。海面に注意を払いながらタックルをセットし始める。単発だが小さなライズが見えるし、今晩も期待できそうだ。


 


自作ジグヘッドにメバダンゴを装着して第1投。筏の際に着水。スローリトリーブで誘うが反応無し。2投目は軽くポーズを交えると、小さなあたりが来たが乗らない。3投目もあたりが出たが同じく乗らず。キャストコースを少しずつ変えながら、丁寧に誘うことにする。


 


10投目ぐらいだろうか。ようやく足下でフッキング。水質がクリアなのでアジの走りが良く見える。口切れに注意しながらゴボウ抜きすると、20cm前後のまずまずのサイズ。すぐにもう1匹追加したが、何だか今晩は苦戦しそうだ。


 


先週は波と風が強めだったので、波動が大きく派手な色(チャートリュース)のメバダンゴが効いたのだろう。今晩は波が穏やかで水質もクリアだから、もっとおとなしいワームを使って優しく誘わなくては。


 


良く見ると、筏から随分と離れたオープンエリアでもライズが散発している。すっかりお馴染みになったロッキースラッグにチェンジして狙い撃ちしよう。無理やり遠投して、とりあえずフォールで反応を窺うことにする。


 


何度投げてもカウント5ぐらいであたってくる。でも、相変わらず「コッ」という激シブの反応なのでフッキングできない。それならばと、アジが違和感を感じないようフリーフォール気味に落とし、ラインの動きで合わせることにする。常夜灯が明るい場所でしかできない芸当だが、何とか先ほどと同サイズのアジをゲット。しめしめ。


 


そうやって少しずつ釣果を稼いでいくが、ロッキースラッグも次第に見切られ出したので、ネジワームやベビーサーディン、ハード系とローテーションしながら飽きられないようさらに工夫を加えていった。サイズに不満は残るものの、テクニカルでなかなか面白い。ここからはその過程で感じたことを箇条書きで。



1)じゃこまろのレッドでは、あたりは頻繁に出るがまったくフッキングしなかった。シルエットが明確すぎるのが影響したのか?


2)中通しオモリを使った遠投リグで1匹キャッチ(ワームはロッキースラッグ)。ただし、かなり手前でのヒットだったため、有効性は確認できず。


3)グラブやスプーンはまったく反応なし。


4)カブラやメタルジグでも反応がなかったが、着水音につられてアジがライズしていた。活性を高める効果がある?


5)後半に横風が吹き出してきたが、合わせてタナも少し上昇したと思われる。アジングにおいても、適度な風は必要か?


 


だから何なの?と言われると元も子も無いですが、一応参考までに。結局3時間で15匹キャッチ。釣れた数はともかく、いろいろ試せて勉強になりました。


 


次に馴染みの漁港へ移動し、テトラからメバルを狙うことに。メバダンゴに戻してテトラ際を丹念に探ると、程なくして向こう合わせでグィーンと引きが伝わってきた。結構良型のようなので、ラインがテトラに擦れないよう慎重にあしらう。そして、下あごを掴んで無事ランティング。手尺で22cmぐらい。遅れ馳せながら今シーズン2匹目の20cmオーバーだ(遅過ぎだって)。


 


その後、スロープに移動して18cm前後を1匹追加(リリース)。後続を狙おうとしたが、深場でのガシラ攻略を思い出し、水深のありそうな埋立地へ向かうことにする。南東の空にはオレンジ色の半月が浮かんでいる。風が強くなり始めてきれいな星空も見えてきた。気持ちは乗っているがガシラ君は応えてくれるだろうか。


 


バグアンツと1/8ozのテキサスリグで遠投したりヘチ際を探ってみたものの、お約束どおりボーズ。よほど深場と相性が悪いのか、それともポイントを見る目が無いのか、長時間粘ってあたり一つないのは精神的に結構ダメージだ。朝マズメも近づいてきたことだし、先ほどメバルをキャッチしたテトラへ戻り、最後を締めくくろう。


 


ところが、夜半から吹き始めた北西風はますます勢いを増し、テトラはサラシができそうな雰囲気。たまにヒラセイゴが上がるポイントなので、日が昇るまで粘り強く投げ続けたが、最後の最後まで海から返事は聞こえなかった。ちなみに、内向き波止で泳いでいた見えメバをアイスジグで狙ったが、フィギアエイトに興味を示すもののヒットせず、これはこれで今後の課題として残ってしまった。うーん、そろそろアジではなくメバルメインの釣行記を書きたいのだが…。


P1010661.3.jpg 


来週は会社の先輩と本年初釣行です。アジングポイントはそれなりに手堅いですが、メバガシをどのように釣ってもらうかが頭の痛いところ。ちなみに、ヘッポコ嫁は今回も車中で熟睡のままでした(笑)。



 


日時:


2007年2月9日(金)~10日(土) 21:30~07:00




釣果:


アジ 1820cm 15


メバル 1722cm  2


 


タックル:


ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000


 


ヒットルアー:


メバダンゴ、ロッキースラッグ、

ガイヤ ネジワーム 1.5インチ SP-26 グローホワイト
バークレー ガルプ! サンドワーム ベビーサーディン 2インチ パールホワイト
[ 2007/02/11 17:37 ] アジ | TB(0) | CM(10)
こんばんは~
やはり、釣果を稼ぐ秘訣は状況判断による
ローテーションなんですかね?

私もそのテクニカルさを見習わねば・・・。
う~んv-91
[ 2007/02/11 18:08 ] [ 編集 ]
こんばんわ

私なりに感じた事を・・

①ルアーへのアタックポイント(ヘッド、センター、テイル)にフックが出ていなかったのでは?
リトリーブスピードでポイントに差が出たりします

②堤防と水面に追いこまれたベイト と思ってバイトしたのでは?

③リトリーブスピードとアクションは?
アジも青物ゆえに、スピードのあるルアーに対して反応します 

④あります、メタルの着水音にはよく反応します、(ただし、マッチザベイト)着水音+フリーフォールはメソッドとして成立していると思っています 

⑤アジ自体のテンション?もありますが波が立つ事によって上層の酸素量が増え、活性化に繋がると思います
カンパチなど小波が立つ時はポッパー等のトップ、表層に反応が出るのは、青物特有のものと思っています

以上感じた事というか、私なりの回答です
一般論かもしれませんが、私も似たようなことを経験した事が多々あります その中で考え、実行し、確認した回答もあります ①③④

一種類のターゲットでもパターン分けできないところが
魅力でもあり、ルアーの 食い気のない魚でも口を使わせる長所(勝手に思い込んでます)がどこまで通用するか、させることができるか?を永遠のテーマと勘違いしてます  ププッ ( ̄m ̄*)

こんなん出ましたが・・長文ですいません






[ 2007/02/11 23:32 ] [ 編集 ]
隊長さん
私の場合、ローテーションというような高尚なものではなく数打ちゃ当たる方式なので、あんまり参考にならないですよ(笑)。毎回、状況判断を行うという努力は続けていますが、まだまだ修行中の身です。もう少しアジのサイズアップを図りたいのですが…。

レキオスさん
詳細なコメントありがとうございます。
①じゃこまろのクリアーやグリーンも持参していたので、対照実験を行うべきでした。それでもフッキングしなければ、アタックポイントの問題と絞れたのですが。
②まさにそのとおりだと思います。ジグヘッド単体のリグでも、足下まで巻いてからヒットしたアジが結構いました。
③カーリーテールグラブの表層早巻きが大当たりすることがあるので試しましたが、今回は不発でした。スプーンはスローリトリーブだけでしたが、いろいろアクションを入れても良かったかも知れません。
④今回は、なぜか着水地点から4,5m離れた場所でばかりライズが起きていました。因果関係の究明はなかなか難しそう。
⑤風が吹く→酸素量が増える→アジの活性化 これは納得です。アジもメッキみたいにトップに出れば面白いのですが。細身のペンシルを試してみようかな。
いやはや、このように分析していくとアジングも奥が深いもんですね。来週の釣行の参考にさせていただきます。
[ 2007/02/12 01:09 ] [ 編集 ]
nuemiさん こんにちは

アジング好調ですね。
メバルの22㎝も引いたでしょうね~
じゃこまろはロッキースラッグなどに比べて、
ボディーが太くボリュームがあるので、
アジの口には入りにくい?(フッキングしにくい)
ような気がします。
私の考えなので参考になりませんが・・・
[ 2007/02/12 12:34 ] [ 編集 ]
釣り男さん
良型メバルの引きを忘れかけていたので、釣り上げた時は思わず涙ぐみました(大げさか)。じゃこまろは小さい方(2インチ?)を使用していたのでボリュームは関係ないと思っていましたが、ロッキースラッグと比較したら確かに太い目ですよね。他のブログで、ママワームのシラウオがアジに効くと書いてありました。あのシリーズはフックに刺し辛いと感じていたので、しばらく敬遠していましたが、今週末に試してみようかと思います。
[ 2007/02/12 14:36 ] [ 編集 ]
お疲れ様でした。21:30-7:00までとは・・まるで私を含めた私の友達みたいな釣行(笑)ちなみにこないだは19:00~4:00でした(笑)ロッドにカウンター付いてたら面白いだろうなー!1回キャストするとカチッみたいな(笑)何時間釣ったかではなく、何回振ったか知りたいですよねー(笑)
[ 2007/02/12 20:36 ] [ 編集 ]
毎度で~す。
僕の場合、どちらかといえば1点張りタイプですね。
でも、数打ちゃ当たるは理にかなっていると思うんで修行してみます。

[ 2007/02/12 22:37 ] [ 編集 ]
yusuiさん
万歩計を竿に付ければキャスト回数が数えられるかも(笑)。毎回遠方から釣りに行くので、ついつい貧乏性が出て長居してしまいます。今週末は先輩との釣行ですので、健全に?土曜の夕方から4,5時間程度で切り上げるつもりです、今のところは(爆)。
[ 2007/02/14 19:35 ] [ 編集 ]
こんばんは
やはり皆さん21時~翌7時という所に反応してますね~
あっしも記事読んで少し汗りました。何となくアジって回遊待ちみたいなイメージあるんですがアグレッシブに群れを叩いてるんでしょうね
タフです!(゜_゜)
[ 2007/02/14 22:54 ] [ 編集 ]
Funkyおやぢさん
アジは開始3時間、メバルは30分で結果が出たので、残りの数時間はまったくの無駄だったわけです(爆)。いやいや、ポイントチェックに余念がなかったということで前向きに解釈しましょう。足腰が弱ってきているのに、逆に1回あたりの釣行時間が長くなっているのがコワイ…。
[ 2007/02/15 20:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。