The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

渋いなりに 


土曜の昼下がり。朝から降り続いている雨は一向に止む気配がない。気温も相当下がっている。本当に釣りに行くのだろうか。大阪でこれだけ降っていたら、和歌山は厳しいかもなあ。そんな時、先輩からTEL


 


「もしもし。」「今マンションの下に着いたで。」「ありがとうございます。そちらに向かいます。」




2人の頭の中に雨天中止という選択肢はまったく無かったようだ。さあ、今週末も釣ったるで。


 


とその前に、マックス岸和田で先輩の竿とリールを調達。合わせて1万円程度だが、十分釣りになるだろう。雨は相変わらず降り続いているが、中紀へ向けてGO


 


交通量が多くて予想以上に時間がかかったが、17時過ぎに日高町の捨て石だらけのガシラポイントへ到着。灰色の雲が垂れ込めているものの、まだ雨は降っていないようだ。最近課題に挙げている深場攻略はひとまず置いといて、先輩に手軽に釣ってもらうために、シャローでガシラの姿を見付けることにしよう。


 


先輩は自作ジグヘッド&ベビーサーディンをチョイス。私は春のチヌゲーム用に購入していたバークレイのインチホッグをテキサスリグにして、意気揚々とキャスト。



はい、お約束どおり1投目で根掛かり。1/16OZのシンカーでいきなりこれかい。まだ明るくて障害物が目視できる状態なのに情けない。早々とライトリグに変更だ。


 


忘れられていた秘密兵器、ロボワームを投入。5,6年前にガシラ用に買って結構重宝していたのだが、針持ちの悪さがネックになって、近年ほとんど使っていなかった。これをスプリットショットにして、ソフトに誘うことに。近投すると、ピョコピョコ動いているのが見える。いい感じだ。


 


そうこうしているうちに先輩がファーストヒット。小型のガシラをキャッチ。


P1010684.2.jpg


18時前になって周辺も薄暗くなり、あたりが出だしてきた。だが、コンコンと小物がじゃれつくようなあたりばかり。良型だけをキャッチするつもりなので無視してアクションを入れ続けていると、勝手にヒット。私も同様のサイズ。




P1010687.2.jpg


その後も豆ガシラの猛攻に悩まされ続ける。やはり水温低下が影響してか、捨て石の上まで良型は上ってきていないようだ。もう少し沖目のブレイクライン付近を狙おう。先輩にも、沖へ投げてカウントダウンするよう声をかける。


 


天気予報では18時から小雨が降ると言っていたが、そのとおり小雨がぱらついてきた。そろそろ満潮の潮止まりだし勝負時かなと思っていると、ビニール袋を引っ掛けたような感触。反射的に合わせを入れると、ゴリゴリと捨て石にラインが擦れる感触が伝わってきた。


 


先ほどまでの豆サイズとは明らかに異なるので、根に潜られないよう一気にゴリ巻き。足下で牡蠣殻に引っ掛かりそうになったが、ラインの角度をあれこれ変えながら何とかエスケープ。ヨッコラッショとごぼう抜きするとなかなかの良型。



P1010692.2.jpg


26cmのガシラ。なかなかの面構えだ。すべてのひれをピンと立て、まるで怒りに打ち震えているように見える。先輩宅へ進呈すると約束。


 


その後も2人はヤル気に燃えながらキャストを続けるが、再び小物ばかりに逆戻り。いつの間にやら19時になったので、夕食調達のためにコンビニへ向かうことにした。


 


ラーメンやおにぎりで手早く夕食を済ませ作戦会議。恒例のスロープも気になるが、最近黄色い明かりが消えている漁港を念のためチェックすることに。峠を越えていざ到着すると、今晩は久しぶりに明かりが点いている。ラッキー♪


 


いつものごとくロッキースラッグを筏の際へキャスト。軽くシェイクを入れながら誘う。アジが居れば1投目で反応が出るポイントだが、数投してもアジからの返事は無い。その代わり小メバがご挨拶。



P1010697.2.jpg
船着場に移動しても子メバがポツポツ。本格的に水温が低下したということなのか。先輩もベビーサイズの金メバをキャッチ。



P1010701.2.jpg
あたりが頻繁に出るので退屈しないが、サイズアップが図れそうにないので、最近発見した由良のアジングポイントへ移動することに。またまた峠を走り10数分。今晩はタヌキの姿は見えないが、イタチを1匹目撃。


 


いざ到着すると、横風がゴーゴーと吹いている。遮蔽物が何もないポイントなので、アジのあたりを取るのに苦労しそうだ。手始めにメバダンゴをキャスト。ラインが左側へ大きく弧を描いている。先輩は大丈夫か?


 


数投目で小さなあたりが出るが乗らず。やっぱり厳しい。ネジワームを使ってもあたりのみ。そこで、早々とロッキースラッグにチェンジして更にタイトに攻める。さあ、アジ専用ウェポンの真価を発揮してくれ。


 


…あれれ、まったくあたりが出ないぞ。こんなはずでは。その後10数投しても沈黙したまま。しだいに雨脚も強くなり、足下では雨粒に呼応して夜光虫が青白く輝く。ちょっと早いが本日の真打ちを登場させよう。ママワームシラウオ様、お出まし下さい。


 


っと、その前に自作ジグヘッドに刺さなくては。以前、ママワームシュリンプにうまく刺せず、涙したのがトラウマとしてよみがえる。寒さに震える手で頑張ってみるが、…やっぱり歪んでしまった。まあいいや。


 


再び筏の際に打ち込む。アクションの付け方は良く分からないので、とりあえずフォールさせてスローリトリーブ。白い明かりの下でピンク&グローはどんな風に見えるのだろうかと考えていると、いつの間にやらヒット。ドラグゆるゆる状態のまま慎重に抜き上げるとジャスト20cmのアジ。


 


調子に乗って同じスポットへ投げ続けると、数分後に再びヒット。ママワームえらい。ベビーサーディンを使っていた先輩も、筏の逆側で1匹キャッチしたとの知らせ。このコンディションの中、上出来です。


 


私はさらに3匹目をキャッチしたが、かなりシビアで精神的に辛い釣りだ。雨風がさらに強烈になってきたし、先輩もやや疲れ気味の様子。



話し合った末、最後に先ほどの漁港へ戻って小物たちと戯れることに。先輩はベビーサーディンのスローリトリーブでガシラを連続ヒット。釣っても釣ってもアタックしてくるので苦笑い。私はママワームを使い続けたが、ここではまったくあたりは無かった。


 


しだいに潮も引き、根掛りが多くなってきたので22時半に納竿。小型ばかりだったが、数が出たので先輩は大満足の様子でした。



P1010710.2.jpg
ママワームシラウオのインプレですが、他のワームは、コンッとつつくような感じのあたりでしたが、ママワームの場合は、グニューと引き込むような感じでした。ママワームだから咥える時間が長かったのか、単なる偶然なのか、アジのコンディションの問題なのか良く分からないですが、今後も使い続けたくなるようなワームです。







日時:


2007年2月17日(土)17:30~22:30


 


釣果(2人合わせて):


ガシラ1426cm  16


メバル1416cm  6


アジ1820cm 4


 


タックル:


ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000


ファメロVF-W68+エンブレムS2000iA


 


ヒットルアー:


ロボワーム、ロッキースラッグ、ママワームシラウオ


バークレー ガルプ! サンドワーム ベビーサーディン 2インチ パールホワイト
[ 2007/02/18 13:30 ] ガシラ | TB(0) | CM(10)
渋い中、コンディション良くない中、お疲れさまでした
ママワーム効きましたね! 白い明かりの元ではピンクグローは赤っぽく見えそうな気がしないでも・・
二人で結果が出せてなによりでした
これで先輩も根魚?地獄道にまっしぐら、ルアー雑誌を買いあさり、クリスマスには例のツリーを崇め奉る事でしょうψ(`∇´)ψ うきょきょきょ
次回の釣行楽しみにしています
[ 2007/02/18 16:48 ] [ 編集 ]
レキオスさん
例の先輩は、いよいよ本格的にライトゲームにはまりそうです。ルアーツリーの前に、ルアー携帯ストラップやルアーペンダントを作りそうな勢い(笑)。でも、激臭ベビーサーディンで作ったら誰も近寄って来なくなるでしょう(爆)。ようやく水温も落ちてきてメバルが本格化しそうな雰囲気ですので、次回も頑張ってきます。
[ 2007/02/18 18:54 ] [ 編集 ]
"ママワームのグニューと引きこむ感じ"
何か文面からしても、わかる様な気がしますよ~
私もメバリングの際に試してみます。

[ 2007/02/18 21:32 ] [ 編集 ]
>こんばんは。
おお、グッドなカサゴですね。すばらしいです。
ママワームですが、リグるのがなかなか、むずかしいんですよね。僕の修行が足りないだけです。
[ 2007/02/19 00:55 ] [ 編集 ]
nuemiさん こんばんは

雨の中お疲れ様でした。
デカガシラをゲットですね。
しかも懐かしいロボワームですか?!
見慣れないワームの方が効くのかもしれませんね~
アジの釣果はママワームの効果?nuemiさんのウデ?
判定がむずかしいですね・・・

[ 2007/02/19 21:16 ] [ 編集 ]
隊長さん
"グニュー"のニュアンスが伝わって嬉しいです。私はシラウオを中心に使用するので、隊長さんはフィッシュかシュリンプのインプレをお願いします(笑)。

ミッチーさん
ママワームシリーズは、針に刺すのがホントに難しいですが、いったん刺せば長持ちするしお買い得なワームかも知れませんね。アジだけでなくメバルもキャッチしたいです。

釣り男さん
おおっ、ロボワームをご存じですか。テールが浮いた独特の水中姿勢が、すれたガシラに効いたのかも知れません。アジの釣果は、ママワーム&粘りのおかげでしょうか。今週末も試してきます。
[ 2007/02/19 21:55 ] [ 編集 ]
こんばんは。yusuiです。仕事が忙しくなかなか釣りに行けないのですが、neumiさんのブログをゆっくりと読みながら、まるで自分が釣りをしているかのような想像の釣りを楽しんでいます!(笑)状況がよく分かる文面なのでふむふむ・・・なるほど・・・よしっ!なんて自分が釣りをしているようです(笑)今週も頑張ってきてください!
[ 2007/02/19 23:46 ] [ 編集 ]
yusuiさん
お仕事忙しそうですね。私の拙いブログを読んでいただくことによって、釣りに行けないストレスを発散できていらっしゃるなら本望です。ますますブログ執筆に力が入りそう。yusuiさんの尺メバ釣行記も楽しみに待っていますよ。
[ 2007/02/20 21:55 ] [ 編集 ]
こんばんは。くまジャケです。私も拝見するたびにアジングに行きたくなってしまってウズウズしています。
20cmほどのアジングにはワームをアップダウンさせるのが効果的かなぁと感じています。デッドリトリーブしながらロッドでラインテンションを抜く→ラインを張りながらアタリを聞く→またラインテンションを抜く・・・の繰り返しです。この誘いでも咥えている時間が長くなって、フッキングも上顎に決まるのでバラシも減る・・・気がするのですがまだ実験中なので、一度試してみてください。(笑)
あと遅ればせながらリンクさせて頂きましたー。
[ 2007/02/23 15:51 ] [ 編集 ]
くまジャケさん
お久しぶりです。実際に自分のアジングを振り返ってみると、指先で軽くハンドルノブを押して慣性?で1.5回転ほどハンドルを回し、ハンドルの動きが止まってから3秒ほどかけてゆっくりロッドを後方に倒しながらアタリを取る…の繰り返しです。無意識のうちに、このようなスタイルになっていました。ブログでは細かく表現するのが面倒なので、単にスローリトリーブやリフト&フォールとしか書いていませんでしたが(笑)。今度、くまジャケさんのスタイルも試してみたいと思います。
リンクありがとうございました。私の方もリンクさせていただきます。
[ 2007/02/23 21:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。