The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お返ししなくては 

 「うわっ、これはすごいですね。」「えっ、やっぱり・・・。」「かなり歪んでますよ。」「あいたたた。」「うーん、直るかなー。」「何とかしてください。」



最近、肩や首の凝りがひどくなってきたので、久々に和歌山の接骨院で診てもらいました。予想どおり、かなり背骨が歪み凝りが溜まっていたようです。まめに通院する必要がありますが、片道1時間かかるので週末しか行けないのが辛い。泉南エリアで良い病院をご存じの方、いらっしゃいませんか? 



その後、嫁の実家に立ち寄ったときに、紐をたすきがけにして縛ると肩こりが楽になると義父に教えてもらい、早速実行してみました。確かに肩の周辺が軽くなるような気がします。これは素晴らしい。


 


そしてお約束の釣りへ。ここ2週は、キープする必要に迫られない、まったりとした釣りに勤しんでいましたが、今回は東京の姪に再び魚を送らなければなりません。バレンタインデーに手作りチョコをくれた、煮魚大好きの可愛い姪です。私に出来ることと言えば、ホワイトデーに魚でお返しするぐらいしか思いつかないので、自然と気合が入ります。





17時前に日高町の鄙びたテトラ帯に到着。久々に訪れてみると、いつの間にかテトラ帯が分断され、小さな水道が出来ている。こりゃ、ひょっとしたらメバルが釣れるかも。まずは定番のネジワームと自作ジグヘッドの組み合わせで探ってみよう。


 


正面にキャストし、流れにまかせてゆらゆらと巻いていると、5投目に足下でコツンとヒット。楽々巻き上げると小さなガシラ。


P1010770.2.jpg


その後も攻め続けるが、潮位がまだ低いようで根掛りが多発。今晩は22時半までダラダラと潮が上がるので、夕マズメは期待薄のようだ。次の機会にじっくりと攻略しよう。キープサイズのガシラを確保するために、お馴染みの捨て石根掛かりポイントへ移動する。


 


すでに18時で辺りは薄暗い。前回訪れた時と同じく、スプリットショットでライトに攻めてみよう。サンスンの夜光ピンクを障害物の際へ落とし込み、小刻みに動かして誘う。細身のワームなので、頻繁に捨て石の隙間に入り込み、外すのに苦労するが、ここでは実績のあるワームだ。ほどなくして、ゴゴゴンという小気味良いアタリとともに小ガシラがヒット。



P1010780.2.jpg
その後、前々回のブログで紹介した懐かしのファットギジットを装着。大きめのボディーなので、針先がすっぽりと隠れてスナッグレス効果抜群だ。足下で動かしてみると、フォールスピードがかなり遅い。スレたガシラに効きそうだ。


 


駆け上がり付近にキャストし、小さなリフト&フォールで誘う。いつの間にか小雨がぱらつき、風も吹き始めてきたが、構わず釣り続けていると、3投に1回ぐらいの割合でアタリが来る。ただ、スナッグレス効果が高い分、フッキングもし辛いようだ。


 


次第にストレスが溜まり始めたので、ルアーをチェンジしようかなと思った矢先に足下でヒット。またまた小ガシラ。潮位が上がってきて、足下の捨て石まで寄ってきているようだ。でも、コンディションが良くないのか、相変わらずサイズが小さい。



P1010774.2.jpg
フッキング優先のために、再びサンスンに戻す。雨が次第に強くなってきたので、そろそろ別のポイントに移動しようかなと考えながら適当に巻いていると、突然ガンッと来た。よっしゃとフッキングを入れたが、タイミングが一歩遅れて、根に擦れる感触とともにラインブレイク。うわーーーー。声にならない声を出す私。注意1秒バラシ一生。かなりの引きだったので惜しいことをした。


 


いまだキープ0匹。こういった場合は、基本に立ち返って自信を取り戻すべきか。定番になっている由良のスロープへ移動しよう。空を流れる灰色の雲が苦戦を予感させるが、何とかキープサイズを釣りたいものだ。


 


いざスロープに到着すると、雨は降り続いているものの、風が少しマシだ。ここでも引き続き、ピンクのサンスンをキャスト。ここは根がきつくないので釣り易い。よーく沈め、底付近をスローに引いてガシラの反応を窺う。




2,3日前の冷え込みが尾を引いているのかなと考えながら巻いていると、3投目にグイッとアタリがきた。先ほどまでの小ガシラとは違う。ぎりぎりキープかなと思いながら慎重に寄せてくると21cm。これで少し安心。雨が激しかったのでデジカメ撮影は自粛。




ところが、この1匹だけで後は音沙汰無し。残り時間が少なくなってきたので、黄色い明かりの照らす湾奥の漁港へ車を走らせる。メバルも良型をキャッチしておきたいものだ。


 


向かい風に負けじと、いかだの際へロッキースラッグをキャスト。1投目はミスキャストでトレースコースを外してしまった。心を落ち着かせて2投目。係留ロープ沿いにテンションフォール後、ゆっくり巻き始めると突然竿先に重みが。あれ、根掛かりと思った途端、グイグイと引き始めた。


 


勢いよく走る魚体に戸惑ったが、足下に3本のロープが横たわっているので、一気に水面に浮かせてオープンエリアへ誘導。慎重に抜き上げると、久々の良型メバル。このポイントでは珍しい23cmだ。



P1010787.2.jpg
ところが後続が出ない。今年のメバルは単発で釣れてばかりだ。ネジワームやベビーサーディンを交え、漁港一体を探ってみたが、ヤル気無さそうな小さなアタリが2回あったのみ。最後にアジで締めくくろう。


 


恒例の由良町北部の筏ポイントへ移動。突風が吹き荒む中、公約どおりティーリーフを試すことに。係留船の際に打ち込み、テンションホールでアジからのコンタクトを待つ。今晩は珍しく、アジのライズがまったく見られないが大丈夫か? 


 


・・・20投ほど試したが反応無し。うーん、他のルアーにチェンジだ。ネジワームをキャスト。ダメ。メバダンゴにチェンジ。これもダメ。きっと今日は釣れない日なのだろう。ティーリーフは別の日に追試しなくては。



P1010792.2.jpg
結局、23時半でnuemiおじさんはギブアップ。雨の中での釣りは辛かったけど、たすきがけのおかげで意外と快適に過ごすことができました。キープ数は少ないけど姪っ子は喜んでくれるかなあ。


 


日時:


2007年3月10日(土) 17:00~23:30



釣果:


ガシラ 1521cm  5


メバル 23cm  1


 


タックル:


ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000


ファメロVF-W68+エンブレムS2000iA


 


ヒットルアー:


ファットギジット、エコギア(ECOGER) サンスン 3インチ 067(ナチュラル)、ロッキースラッグ


ガイヤ ネジワーム 1.5インチ SP-26 グローホワイト
[ 2007/03/11 14:19 ] メバル | TB(0) | CM(10)
どうもです!(^^)!

注意1秒バラシ一生>これ!よくあります(汗
     
  「バラした魚は大きい」といいますが
  
   あれは本当ですね(笑  
[ 2007/03/11 14:17 ] [ 編集 ]
nuemiさん こんばんは

今回はアジがいなかったのですね。
渋い状況で23cmのメバルはさすがです!
次回はティーリーフミノーに期待しています。
[ 2007/03/11 17:25 ] [ 編集 ]
グランツさん
ホント大きかったのですよ!と声を大にして言いたいです(笑)。今までシーバスやヒラスズキ、青物を含め、何度痛い目に遭ってきたことか・・・。それでも油断してしまうのですよね。常に集中力を保つのは大変です。

釣り男さん
久々にアジはマルボースでした。だいぶ水温が下がってきたようですね。メバルは運に助けられた面もありますが嬉しいもんです。次回は土曜の深夜に出撃する予定です。久々に幽霊テトラに行ってみようかな。
[ 2007/03/11 18:36 ] [ 編集 ]
こんばんは~
nuemiさんも肩こり酷いですか。
私の場合も殆ど持病のようで、最近は左腕が慢性的に痺れたようになっていますヨ・・・
それにしても、厳しい状況の中の釣行お疲れ様でした。きっと、姪さんも喜んでますよ。
[ 2007/03/11 21:40 ] [ 編集 ]
隊長さん
辛いですよね、肩こり。私の場合、仕事でパソコンを延々と使っているせいか、右肩から首にかけていつも痺れています(釣りは左投げですが)。特に冬場の釣りは厚着になるので、ますます肩に力が入って悪化してしまう気が…。でも止められない(笑)。
姪はマグロやアオリの刺身が好物ですが、新鮮な魚限定で煮付けもOKという食通です(驚)。
[ 2007/03/11 22:00 ] [ 編集 ]
こんばんは。
ほんと、いいサイズのメバルですね。
ナイスです。さすがです。
[ 2007/03/12 10:32 ] [ 編集 ]
良型のメバル、おめでとうございます。
私の場合、普段は外向きテトラで釣りをすることが多いので意識していませんでしたが、係留ロープも立派なストラクチャーなんですねぇ。

ティーリーフミノー、さすがにアジがいなければ仕方ないですね。これほど楽しみな追試ははじめてです。(笑)
いろんなルアーやワームを試すのもライトルアーフィッシングの魅力ですねぇ。私ももっと楽しみたいと思いますー。
[ 2007/03/12 20:14 ] [ 編集 ]
ミッチーさん
今シーズンのメバルはホント厳しいので、20cmアップを釣るのでさえ四苦八苦です。尺メバへの道は限りなく遠い気が・・・。

くまジャケさん
係留ロープの下には小メバが群れていることが多いので、からかうつもりで投げたら意外と大きかったので焦りました。ティーリーフミノーは、次回の追試で真価が問われることになります。赤点を取らなければいいのですが(笑)。これからも、いろいろなルアーを投げてみたいですね。
[ 2007/03/12 22:17 ] [ 編集 ]
nuemiさんも1日モニターとにらめっこですか。
さん基地も同じです(笑)
[ 2007/03/13 09:36 ] [ 編集 ]
さん基地さん
とうとう会社でもたすきがけするようになりました(笑)。気のせいか、モニターとにらめっこしていても負担が軽いようです。適度に休みを取って、腕をグルグル回すだけでも効果があるようですが、なかなか難しいですよね。お互い、体は大事にしましょう。
[ 2007/03/13 21:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。