The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

渋かったですが 


今日は久々に先輩と釣行。出発前から小雨が降っているものの、二人ともヤル気マンマン。花見渋滞で普段より混んでいる国道を釣り場へと急ぐ。


 


16時前に、由良町南部の小さな漁港へ到着。相変わらず小雨が降り続いている。まずはガシラを狙うということで、私はクラッピーグラブ、先輩はスプリットテイルグラブをチョイス。


 


漁港内部の小さなガレ場に陣取り、軽くキャスト。明るい時間帯なので、足下からストラクチャー沿いを丹念に探っていこう。予想外に藻が生い茂っていてズル引きが難しそうだ。小さなリフト&フォールでガシラからの反応をうかがう。


 


14時過ぎに干潮だったので水深の無さが気になったものの、3投目で早速ヒット。小さいもの早速ボーズ回避確定。



P1010889.2.jpg
先輩は波止の先端からミオ筋を攻めている。小さなアタリはあるものの、なかなかフッキングしないようだ。私もサイズアップを狙って沖向きの深場に場所移動しよう。


 


ここで、先週買ったJAZZの暴君をセット。使い方がいまいち良く分からなかったが、波止沿いにキャストしてカウントダウン。ロッドを軽く煽ると、ブルブルと心地良い振動が手元に伝わってきた。これは確かに面白い。そして、ラインテンションを保ったままフォールする。


 


雨がやや強くなってきたので、合羽のフードを被り窮屈な姿勢で釣り続けていると、フォール後の巻き始めに小さな違和感が。とりあえず合わせを入れてグリグリ巻くと、ミニガシラがくるくる回りながら上がってきた。皮一枚でキャッチ。初ルアーでの初ヒットは嬉しいものだ。



P1010892.2.jpg
だがその後は振るわず。干潮だし雨で水温も下がっているので今日は厳しそうだ。17時半になったし場所移動しよう。まだ明るいのでポイント選択に頭を悩ませたが、とりあえず日高町の地磯へと向かうことに。


 


お馴染み幽霊テトラの横の地磯へ降り立つ。遠目からは水がきれいでいい感じだったが、生気が感じられないというか、冷酷な印象を受ける。まだ海は冬のままなのか。沈み根の際をタイトに攻めるものの先輩がクサフグを1匹上げたのみ。


 


いったん車へ戻り作戦会議。21時半の満潮前後を狙い撃ちするべく、早い目にコンビニで腹ごしらえすることに。峠を越えて国道へと戻る。キープサイズを釣って早く楽になりたいものだ。


 


おにぎりやカップラーメンで軽い夕食を摂った後、由良のスロープへ向かう。いつの間にか雨も止み、随分と釣り易くなってきた。先輩はパワーインチホッグ、私はバグアンツをセット。奇しくも2人ともクロー系で狙う。


 


常夜灯が照らすポイントは先輩に譲り、10mほど沖のブレイクラインをしつこく攻めていると、5投目ぐらいにゴンッとヒット。直感でキープサイズと分かったので、牡蠣殻に触れないように浮かせながら寄せてくる。ズズズとスロープにずり上げると久々の良型。24cmぐらいか。



P1010894.2.jpg
しばらくして、明暗の境目をしつこく探っている先輩にもヒット。ウルトラライトのロッドをしならせながらやや小さ目のガシラをキャッチ。ほっとした表情が印象的。



P1010898.2.jpg
お互い1匹ずつ追加した後、少し北上して黄色い常夜灯のある漁港へ。最後はメバルで締めくくろう。最終兵器、ベビーサーディンを先輩のタックルへセット。久しぶりに酸っぱい臭いを嗅いで、立ちくらみに襲われそうになる。私はネジワームを装着。


 


PEラインでのメバリングは久しぶりなので、感覚を取り戻すのに苦労する。1投目から明らかに当たってきているのだが、合わせのタイミングがずれてしまう。さすがに1.0gのジグヘッドは軽いか。


 


そうこうしているうちに、係留ロープの隙間を攻めていた先輩にヒット。小気味良い引きをいなしながら、中型のメバルをキャッチ。



P1010902.2.jpg
コツを掴んだのか群れが回ってきたのか、ウハウハ言いながらメバルを連発する先輩。その横で若干焦り気味だった私も何とか1匹。やはり由良のメバルはブルーが多いなあ。



P1010901.2.jpg
それなりに活性は高そうなので、試しにデンプシーやジェイドを投げてみることに。ぎこちない手付きでアクションを加えるが、靄がかかった海は静かなままだ。たまにライズは見られるものの、それほど表層は意識していないということか。いや腕の問題だろう。


 


次にガシラを釣った暴君を投げてみたが、何と1投目で根掛かり。ああ僕の暴君がぁ・・・なんて冗談を飛ばす余裕なし。その後はシラスミノーを投げ続けたが、アタリを取ることなく終了時間となってしまった。



P1010907.2.jpg
小さ目のメバガシばかりだったけど、先輩のお子さん用に10匹キープ。渋いコンディションの中、数釣りを楽しんでもらえてよかったです。私はまだまだ修行が足りないようで。


 


やや写真が寂しかったので、実家近くの桜をパチリ。



P1010911.2.jpg
 


 


日時:


2007年4月7日(土)16:00~22:30


 


釣果:(2人合わせて)


ガシラ 14~24cm   6匹


メバル 16~19cm 10匹


 


タックル:


ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000


ファメロVF-W68+エンブレムS2000iA


 


ヒットルアー:


クラッピーグラブ、エコギア(ECOGER) カサゴ職人バグアンツ 2インチ 250(リアクションSPフロート(夜光))バークレー TSパワーインチホッグ 1.5 Green Pumpkinガイヤ ネジワーム 1.5インチ SP-26 グローホワイトバークレー ガルプ! サンドワーム ベビーサーディン 2インチ ナチュラル

[ 2007/04/08 20:28 ] メバル | TB(0) | CM(10)
nuemiさん こんばんは

いつもながらいい釣りをしていますね~
私もミニサイズのメタルバイブを購入しました。
次回は使ってみようと思っています。
やはり根掛かりは多そうなので、
シングルフック化を計画中です。
[ 2007/04/08 21:14 ] [ 編集 ]
釣り男さん
いやはや、ボーズ回避はお手の物ですが、最近はサイズアップが図れず苦労しています。
暴君はダブルフックで根掛かりしにくいと思っていたのですが、油断するとやはり駄目ですね。でも、リフトするときのブルブル感は病み付きになりそうです。
[ 2007/04/08 21:55 ] [ 編集 ]
nuemiさん、いつもながらいい釣果ですね。私のホームグランドでは、ガシラは季節柄かもう釣果の方は厳しくなってきています。昨日も出撃してきましたが、手のりサイズが1匹のみ・・・ガシラは基本的には日中しかしないのですが、やはり夜の方が釣果は望めるのでしょうかね・・・
[ 2007/04/09 07:11 ] [ 編集 ]
ゆうさん
週末は雨のせいで昼間のガシラの活性は低かったですね。もっと暖かくなって来れば、昼間の地磯でガシラが入れ食いとなるのですが。今度の土曜も天気が崩れそうなので、またまた我慢の釣りとなりそうです。
[ 2007/04/09 21:12 ] [ 編集 ]
たまにはハード系のルアーも面白いですよね
私のミニバイブはシングルフック装着ですが
なかなか売っていないので、ロストが怖くて使えません
[ 2007/04/09 22:08 ] [ 編集 ]
レキオスさん
たまにはワーム以外で釣りたいなあと思ってメタルバイブを投げたのですが、水深が浅く根が複雑なポイントで使っちゃダメですね、と今頃になって気付きました(笑)。次は深場でメバルやアジを狙ってみます。
[ 2007/04/10 21:39 ] [ 編集 ]
24センチのガシラですと、お刺身でもOKですね!
関東ではカサゴと言いますが、言い方の違いは何処から出て、何処が境界線なのでしょう?
[ 2007/04/10 22:31 ] [ 編集 ]
さん基地さん
ガシラとカサゴの境界線はどこでしょう? エスカレーターが左か右かというのと同じく難しい問題ですね(笑)。最近は、釣ったガシラやメバルを友人や親戚に進呈することが多いので、久しぶりに刺身が食べたくなってきました。
[ 2007/04/10 23:14 ] [ 編集 ]
どうもです!(^^)!

有言実釣!暴君でゲットしましたね~

ロストは痛いですが、攻めの釣りは立派です!

見習わせていただきます(^_^)
[ 2007/04/11 10:27 ] [ 編集 ]
グランツさん
初代暴君は短命でしたが、実に楽しいルアーですね。また購入してきてブルブルさせて釣りますよ。
[ 2007/04/11 21:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。