The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

返り討ちですな 

「コッケコッコーーー!!!」


「んー、もう朝かぁ。ってまだ4時やんけ。」


 


木曜の晩は嫁の実家に泊まっていました。心地良い疲れとともにぐっすり寝るはずだったのですが、就寝前に耳栓を着けるのを忘れてしまい、近所のシャモが大音量で連呼する鳴き声のせいで薄暗いうちに覚醒。その後はなぜだか目が冴えてしまい、ダラダラと布団の中で転がっていました。


 


やや体が重いような気がするけど、ツールバー右の「ジャンクな小窓」で八目釣りを敢行すると書いてしまったので、気合を入れて釣り場へと向かうことに。


 


大渋滞が予想される高速を避け、地道で南へと走る。GWだけに地道も車だらけ。いつもの倍の時間がかかってしまった。


 


15時前に日高町の漁港へ到着。内向きの波止は家族連れが鈴なり。私はテトラ帯からサーフを狙う。タックルをセットし、おもむろに石ゴカイを取り出す。


 


ブログのサブタイトルに「中紀でのルアーフィッシング」と書いてあるじゃないかって? たまには趣向を変えて餌釣りも許してくだされ。これなら八目釣りも可能かも。



P1050025.3.jpg
天秤仕掛けを沖へ大遠投。時期的にはやや早いが、2年ぶりにキスを狙う。盛夏には比較的簡単に釣ることができるポイントだが果たして今日はどうか。


 


魚信をうかがいながら足下までズルズル引きずって来ると、クンクンと小さなあたり。難なく抜き上げると、あまり歓迎できない珍客。



P1050023.3.jpg
その後も2時間ほど粘るものの、竿先はピクリともしない。周りも釣れていないようだ。水深のあるポイントを求めて北上する。




バーベキューを楽しむ家族の近くで竿出し。やや根が張っているのでこまめに近投して探りを入れていると、ようやく本命がヒット。



P1050030.3.jpg
早期にしてはまずまずの20cm。キス天が頭をよぎる。ところが、この後は再び沈黙してしまい、納竿間際にまたまた外道。



P1050034.3.jpg
19時を過ぎたものの、いまだ三目だ。いつものライトルアーフィッシングに戻そう。定番となった由良の漁港へと急ぐ。


 


前回のブログで取り上げたアジリンガーをチョイス。うわっ、やっぱり臭い。息を止めながら自作ジグヘッドに装着する。そして筏のシェード部に打ち込むと一投目からヒット。



P1050039.3.jpg
アジではなくてリリースサイズのメバル。結局この日は、メバリンガーだった。次にミートネールを試すことに。捨て石の沈んだポイントでスローリトリーブを続けていると、ピックアップ寸前にヒット。



P1050041.3.jpg
極小ガシラがご挨拶。GWで釣り人が多いせいか、あまりにも激シブでいろいろアクションを加えて誘ったものの良型は不発。メバリンガー、ミートネルともにインプレ記載は非常に困難。次回に期待ということで、ゴロタのガシラポイントへ移動する。


 


バグアンツのテキサスリグでキープサイズを狙っていると、20分経過後にようやく沖目でヒット。ゴリゴリ巻きながら抜き上げると23cmのガシラ。ここでは毎回これぐらいのサイズが揃う。



P1050047.3.jpg
その後、自分の中では“鉄板”と考えていたアジングポイントで竿出しするものの、まさかのアタリなしのボーズ。かなりショック。


 


刻一刻と時間は過ぎていくが、まだ五目だ。更なる奥の手、タコジグを取り出して波止のヘチ際を上下に誘う。まだ水温が低いかなーと思ったがやはり無反応。次第に風が強くなってきてエギングは厳しそうだし、どうしようか・・・。


 


最終手段、バイオな箕島へレッツGO! あそこなら、アジ以外にキビレ、ソゲ、クロソイが釣れる・・・かも。夜中になっても混み気味の国道を北へひた走る。


 


慌しくポイントへ到着。以前、ジャンクな小窓で書いたように、ウ○コが点在している危険地帯なので、足下に注意を払いながらタックルをセット。もう同じウ○コは踏まない、いや同じ轍は踏まないぞ。


 


残り時間はわずか。ロッキースラッグでオープンエリアを攻めると、二投目でコツンとあたり。白銀色の魚体が汚水の中を走るのが見えた。慎重に抜き上げると20cm弱のバイオアジ。何だか臭いがいつもと違う。



P1050048.3.jpg
素早くリリースして、アジリンガーへチェンジ。臭い海に臭いワーム。毒を持って毒を制すだ。単発のライズが発生している漁船の際を丹念に探る。ところが、波動の大きさがお気に召さなかったのか、アジは反応してくれない。


 


最後に排水口周りで残り二目の追加を狙って頑張ったものの、バイオな海は非情だった。睡眠不足も相まって1時半にギブアップ。


 


リベンジに燃えていたものの、返り討ちに遭ってしまい意気消沈。GW中で釣り人が多かったからとか、魚も連休中だった?からとか、いろいろ言い訳を考えて自分を慰めている夜長。自然相手だとうまくいかないものです。


 


 


日時:


2007年5月4日(金)~5日(土) 15:00~01:30


 


釣果: 


ガシラ   1423cm  2


メバル          18cm    1


アジ          19cm   1


キス             20cm    1


ガッチョ      13cm    1


キタマクラ?  12cm    1


 


タックル:


ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000


ファメロVF-W68+エンブレムS2000iA


 


ヒットルアー:


石ゴカイ(ルアーじゃないけど)、アジリンガー、ミートネール、エコギア(ECOGER) カサゴ職人バグアンツ 2インチ 250(リアクションSPフロート(夜光))、ロッキースラッグ

[ 2007/05/05 22:25 ] ガシラ | TB(0) | CM(6)
どーも、お互い苦労してますね(笑)
こっちはボウズでした 海神様から見放されたみたいです
次回は焼酎奉納で、挽回したいところです
[ 2007/05/06 16:20 ] [ 編集 ]
中紀は混んでましたね~
魚より人の方が多かったと思います(笑)
私もアジを狙ってみたのですがダメでした・・・
相変わらずアローンはメバルに効いて絶好調でしたよ。
[ 2007/05/06 18:40 ] [ 編集 ]
シャモの連呼には参りますね(笑

自分の家はジャガー(嫁)のイビキで寝れません(汗
[ 2007/05/06 20:14 ] [ 編集 ]
レキオスさん
私もルアーはしょっちゅう海に奉納しているのですが(笑)。例年GW明けからカマスが始まりますので、来週から心機一転頑張ります。

釣り男さん
普段と様相が異なる中紀にかなり戸惑ってしまいました。あれだけ人が多いと魚も驚いていたでしょう、きっと。アローン良さそうですね。買ってみたいところですが、タックルボックスがすでにパンパンなので(笑)。

グランツさん
普段聞き慣れたパトカーや救急車のサイレンは平気なのですが、あの鳴き声には参りました。うちでは私のイビキで嫁が寝れないようです(笑)。
[ 2007/05/06 20:55 ] [ 編集 ]
こんばんは nuemiさん。

う~ん、惜しいなぁ~。
6目ですね。
でも、確実に釣果のばすとこなんか・・・
さっすが~です。

あ、そうそう。
うちの近所ではシャモの声はしないけど、
カエルがボチボチ鳴きだしました。

四国に来た当初は彼らの合唱に悩まされましたが、
今はスッカリ慣れてしまいましたけどね。
[ 2007/05/07 22:10 ] [ 編集 ]
隊長さん
いやー、あの手この手を使っての六目ですので、ちょっと恥ずかしい釣果です。
カエルと言えば、釣り場周辺では3月ごろからカジカガエルの鳴き声が聞こえています。やっぱり暖冬というか温暖化の影響なのでしょうね。
[ 2007/05/08 21:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。