The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

遠征ではなくホームにて 

前回のブログでは遠征すると書いていましたが、いろいろ事情が重なってしまい、月曜の昼間のみの釣行となりました。デーゲーム一本勝負というのは久しぶりなので、少々プレッシャーを感じながら、毎度おなじみの由良周辺で小物と遊ぶことにしました。

通勤渋滞が一段落した時間に出発したおかげでスイスイ南下。高速道路も割引が効き、ちょっと得した気分で11時前に到着。まずは、最近すっかりご無沙汰している日中アジングの検証を行うことにする。

9月と思えない暑さの中、自作ジグヘッド1.5gにママワームシラウオをセット。峠道を走っている時も気になっていたが、風の強さが半端ではない。おまけに西風と東風が交互に吹くようで、キャストのタイミングが取りにくそうだ。

とりあえずは何も考えずに正面へ弾丸キャスト。カウントダウンしている間に水色をチェックするが、最近夕立が多いせいか透明度が低い。さらに、先月まではイワシや小アジがわらわらと群れていたのに、今日はまったく姿が見えない。海の中も徐々に秋モードになって来たということか。

例のごとくジャークを多用し、たまに喰わせるタイミングを入れてみる。そうやって、アジやカマスのチェイスを確認してみるが、まったく追ってくる気配が無い。もっと低層で誘うべきと判断し、竿先を下げて小さく鋭く動かしていると、ゴンと底にへばりつくようなアタリ。いつもの外道か?
P1070738-2.jpg
藻に巻かれそうになりながらゴリゴリと巻いてくると、ブサイクシリーズ大本命のベラではなくガシラ。悪コンディション時には、いつも必ず慰めてくれる優しい奴だ。しかしながら、その後はママワームにはアタリはなし。

時間も限られているので、奥の手サンドワームを取り出す。そして、シモリの際に落とし込むと1投目から小物のアタリがくる。何でもいいからキャッチすべしと、力いっぱい合わせてみると、丸い物体が吹っ飛んできた。
P1070744-2.jpg
スレ掛かり気味だけど、一応ブサイク連続記録更新ということで(爆)。いつの間にか12時を過ぎていたので、駄目もとでアオリを狙うことに。いったん車に戻り、とても本気でやっているようには見えない、ベイトタックルと2.5号の餌木の組み合わせで、先ほどと同じポイントを叩く。

昨秋は足下のブレイクラインで良く釣れていたのを思い出し、その周辺を重点的に攻めてみるが、ライター以上携帯電話未満のサイズが隊列を組んで追いかけてくるのみ。うーん、今年はメッキも遅れ気味だし、アオリも成長していないのかなあ。

気持ちを切り替え、風が追い風になった瞬間に沖へ遠投。そして、ヨッコラショとクーラーボックスに腰掛けて餌木が着底するのを待っていると、何となくラインの動きが変。ひょっとして?と思いながらゆるゆる巻いてみると、はるか沖でブシューという音と黒い墨。ああ、また勝手にヒットしてしまった。

今シーズンの初アオリなので、ゆっくり寄せて慎重にごぼう抜き。昨年も小便メソッドでアオリをキャッチしたが、確か同じポイントだったはず。相変わらず腕は上達していないけど、結果的に釣れれば良しか。
P1070729-2.jpg
一通り攻め終えたので、昼食を摂りながら山道を南下し日高の幽霊テトラへ向かう。だが、いざ到着してみると、先ほどと比べ物にならないぐらいの突風が吹き荒れている。あらら、選択ミスか?
P1070736-2.jpg
写真では分かり辛いが、沖の方では白波が大量に飛び跳ねている。でも風は追い風気味なので、ポジション取りを間違わなければ何とかなるだろう。風向を見極めながら遠投する。そして先ほどと同じく、ジャークやシャクリの真似事で誘ってみると、またまたチビアオリの艦隊が迫ってくる。あと一ヵ月もたてば、成長して面白くなるだろうに。

テトラ帯を攻めた後に隣接する地磯もチェックしてみたが、やはり同じ展開。夕マズメになれば、それなりのサイズも接岸してくるのかも知れないが、今回は16時きっかりに納竿。貧果だったけど、お土産ができたということで一安心。はやく秋が深まって、食べ頃サイズが増えるのを祈るばかりです。

日時:
2008年09月08日(月)11:00 ~ 16:00

釣果:
アオリイカ、ガシラ、クサフグ各1匹

タックル:
アルキー662ML+スコーピオンクイックファイヤー
ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000

ヒットルアー:
ヤマシタ(YAMASHITA) エギ王Q 2.5 OK2:オレンジ/金テープ、ママワームシラウオ、バークレー ガルプ! サンドワーム 4インチ 化粧箱タイプ イワイソメ(NSW)
[ 2008/09/09 10:01 ] アオリイカ | TB(0) | CM(10)

ちょこっとアオリ釣行 


土曜は久々に仕事が入ってしまい、17時半に帰宅。空模様は怪しく風も吹いていますが、疲れた体に鞭打ち和歌山までアオリを狙いに行ってきました。


 


行楽帰りで渋滞する国道をやっとの思いで抜け、高速を飛ばして1時間半。19時過ぎに、通いなれた中紀由良の波止へ到着する。ここもどんよりと曇っているが、風はほとんどなく嵐の前の静けさと言った感じ。ちょうど満潮から下げに入る時間帯なので、急いでタックルをセットし始める。


 


いつものごとくエギ王Qの2.5号をセットし、柔らかくキャスト。先週の三連休は混雑していたが、今晩は随分と空いている。電気浮きで釣っているタチウオ師が、波止の先端に2,3人居るだけだ。それほどコンディションは悪くないはずだけど、エギングはみんな昼間に終了したのだろうか。


 


10投してもまったく反応が無いので、若干水深のあるエリアへ移動。カウントダウン後のシャクリを大き目にし、遠くにいるアオリにもアピールするように努めるが、どこまで効果があるのか分からない。先週、先々週と釣果をあげてはいるものの、いまだにどう誘えばアオリが寄ってくるのか掴めずにいる。


 


そうこうしているうちに餌木が近づいてきたので、足下の障害物に触れないよう小刻みにシャクリながら巻き上げてくると、ピックアップ直前にゴンッとヒット。油断しきっていたので少し焦ったけど、墨をかけられないよう注意しながらゆっくりと抜き上げる。



P1060084.2.jpg
先週と同サイズのアオリ。何とか触手一本でキャッチ。シーバスやガシラでも足下で釣れることが多かったけど、ピックアップ直前の餌木は、追い詰められたベイトに見えるのだろうか。


 


少しずつ東へ移動しながら、同様のロッドアクションで誘ってみる。藻が多くなってきたので釣り辛いが、シャクリの合間に入れるポーズにアオリが反応しているのが何となく分かる。専用のエギングロッドを使えば、もっと簡単にアタリを取ることができるのかなあ。


 


21時前からポツポツと雨が降り始め東風も出てきたが、ブレイクライン沿いに丹念に探っていると、ようやく2杯目がヒット。やはり小刻みなシャクリの後のポーズで当たってきた。ややサイズアップ。



P1060092.2.jpg
その後も何度か怪しげな感触があったけどフッキングできず。アジングを始めたばかりの頃も悩んだけど、誘いと合わせの両立というかタイミングの配分が難しい。こればっかりは、経験を積んでアオリ独特のリズムを体で覚えるしかないのだろう。


 


先ほどから降り始めた雨が激しくなり、風もかなり強くなってきたため、止む無く21時半に納竿。釣行時間は短かったですが、何とかアオリの姿を見ることができてよかったです。


 



日時:


2007年10月13日(土) 19:30~21:30


 


釣果:


アオリイカ  2杯


 


タックル:


マジスティック702UL+エンブレムS2000iA


 


ヒットルアー:


ヤマシタ(YAMASHITA) エギ王Q 2.5 OYN:オレンジ・イエロー/虹テープ

[ 2007/10/14 11:34 ] アオリイカ | TB(0) | CM(13)

渋かったです 

3連休を控えた金曜日の晩。久々に東京の姪っ子にアオリイカを食べてもらおうと、仕事を早い目に切り上げ、和歌山へ釣行することにしました。


22時に由良へ到着。さっそく先週釣れたガレ場をチェック。天気予報のとおり猛烈な東風が吹いている。向かい風を切り裂くように餌木をキャストし、ぎこちない手つきでシャクリを入れる。ところが、30分ほど広範囲に探ったものの反応は感じられない。


次に、沖に突き出たテトラ帯に移動し、追い風に乗せてブレイクライン沿いに餌木を遠投する。1投目から、底質が岩から砂場に変わる境目にキャストできた。ひとまず竿を置いて、軽く立小便。


気分爽快になったところで、竿を持ちリールを巻こうとすると何だか重い。ひょっとして??? ゆっくり寄せてくるとやっぱりアオリだった。こんな形で釣れてしまうとは。


P1060041.2.jpg
先週より若干サイズが大き目。こんなラッキーなことがあるなんて、尿意さまさまだ。その後も漆黒の海に餌木を投入し続けるが、波風ともに強くなりビギナーには厳しい状況に。加えて疲労が溜まってきたので、車で仮眠を取ることにする。3時間ほどZZZ…。


最近、朝晩めっきり冷え込むようになった。5時半すぎに寒さのあまり目覚める。空腹感を水でごまかしながら、いそいそと釣り場へと足を運ぶ。風は少し弱まったようだ。


夜に釣ったポイントに隣接するシャローで第1投。だいぶ潮が引いて、岩や藻が露出し始めている。これじゃ攻める範囲が限定されるなあと思っていたら、いきなりフォールからの巻き始めにグンッと感触。フッキングできなかったけど、沖目ならまだ勝負できると判断。


遠投後のフォールと最初のシャクリに神経を集中しながら丹念に攻め続けると、ようやくゴンッと乗った。はるか沖から、墨を吐きながら寄って来るのが見える。足場が高いので、ポロリしないように慎重に抜き上げる。


P1060051.2.jpg
この後も同じような攻め方で2杯追加。8時を過ぎ、潮が引ききってしまったのでポイント移動。日高町まで各ポイントを転々としたが、さすがに3連休だけあってエギンガーやサビキ師でいっぱい。どこも釣果は渋そうだ。結局、ポイント見学を中心にして11時に納竿した。


帰宅後、キープした3杯を保冷材とともに梱包して東京へ発送。前回のカマスの干物も喜ばれましたが、軟体動物大好きの姪っ子にとってアオリの刺身は最高のご馳走。美味しく食べて成仏させて欲しいものです。



日時:


2007年10月5日(金)22:00 ~ 10月6日(土)11:00



釣果:


アオリイカ 4杯



タックル:


マジスティック702UL+エムブレムS2000iA



ルアー:


ヤマシタ(YAMASHITA) エギ王Q 2.5 OK:オレンジ/金テープヤマシタ(YAMASHITA) エギ王Q 2.5 PKO:ピンク/金/オレンジベリー

[ 2007/10/06 22:04 ] アオリイカ | TB(0) | CM(9)

ようやく釣れました 



さて、先週はいきなり竿が折れてしまい、何もせずに終了してしまったアオリ狙いですが、今度こそは!と気合を入れてリベンジへと向かいました。


 


時折小雨のぱらつく空模様を気にしながら、17時過ぎに中紀の小さな漁港へ到着。波止へ歩いて行く途中に足場の良いスロープがあったので、アオリの前に軽くメッキをチェックする。


 


クリスタルポッパーを遠投し、ポッピングさせながら早巻きすると、ルアーの後方が小さく波立っているのが見える。小メッキが追いかけて来ているのかなと思いながら、軽くポーズを交えてみるとゴンッとヒット。そして、細長い魚体が横っ飛びで逃げて行く。



P1060007.2.jpg


あれれ、招かれざる珍客。今年はダツが少ないと思っていたけど、とうとう釣れてしまった。決してまずい魚ではないけれど、どうも食欲をそそらない。素早くリリース。



その後、波止に辿り着いて墨跡をチェックすると、あちこちに黒い墨が飛び散っている。これなら1匹ぐらい釣れるかもと期待しながら2.5号の餌木をセット。テトラから沖向きへ遠投する。


 


いまだに苦手な釣り物は存在するけど、アオリもそのうちの一つ。何と2年以上釣っていない。あまり釣り雑誌を読んで勉強する訳でもないので、シャクリ方すら良く知らない状態。何となく、二段シャクリやジャークらしきものを交えて誘ってみる。


 


そして3投目。テトラ沿いにキャストし、軽くチョンチョンとアクションを加えていると、いつの間にやら竿先が重くなっていた。これはビニール袋ではなくアオリ?と思って巻いてみると、ブシューと墨を吐くアオリの姿が。うわっ、釣れてしまった。


 


久々に見るアオリの姿に緊張しながらも、優しくそろりそろりと寄せ、テトラの上へ抜き上げる。ちょっと小さ目だけど、ようやく私にも遅すぎた春?が訪れてくれた。右手を墨で真っ黒にしながら写真撮影。



P1060010.2.jpg
ちなみに先週と同じくマジスティックを使っているが、これは先代の旧マジスティック。穂先が折れたのをずっと保管していたので、即席でトップガイドを装着して使ってみた。案外イケそう。



日暮れ前にもう1匹追加し、気を良くしながら次の釣り場へ移動する。夜のエギングは地形を知った場所でなくてはしんどいと思い、以前メバルを狙っていたガレ場を選択。5mほど沖から急深になっているので、その付近を重点的に攻める。


 


水面は真っ黒で何も見えないが、メバリングと同様に駆け上がりを登りきった辺りで食わせるようにポーズを交えると、グニュッとした感触とともにヒット。前日から10度近く気温が下がっているので、活性は低いかなと心配していたけれど、小型にはあまり関係ないようだ。



P1060019.2.jpg
サイズアップを図ろうと沖の深場も狙ってみたが、さすがに簡単には釣れない。おまけに横風が強くなってきたので、無理せずシャローの藻場やテトラ際を探り歩く。ハンバーグ以上ペットボトル未満のアオリをポツポツと追加。


P1060025.2.jpg
 


そして、22時半に突然雨が激しく降り始めたため納竿。私にしては上出来の合計6匹をキャッチ。これを気に苦手意識を克服したいものです。



日時:


2007年9月2日(土) 17:00~22:30


  


釣果:


アオリイカ 6匹


ダツ  1


 


タックル:


マジスティック702UL+エンブレムS2000iA


 


ヒットルアー:


クリスタルポッパー30S、ヤマシタ(YAMASHITA) エギ王Q 2.5 OKP:オレンジ/金/ピンクベリー

[ 2007/09/30 11:11 ] アオリイカ | TB(0) | CM(12)
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。