The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お手軽アジング(1)釣り場 

前回のブログにも書きましたが、最近アジングというキーワードで来られる方が急激に増え始めましたので、新たにカテゴリーを新設し、素人なりにトピックをまとめてみました。既存記事の文章と重複する部分も多々あるかと思いますが、皆さんの楽しい釣りの一助となれば幸いです。

なお、私のアジングは15cm~25cmという中小型を手軽に釣るというのが基本ですので、尺超えを専門に狙うとか、サーフや磯で遠投リグを駆使するといった釣法には言及しませんのでご容赦ください(逆にいろいろ教えていただくと嬉しいです)。


<1.どこで?>
常夜灯の照らす漁港で夜間に狙うのが基本です。何のひねりもないやんけ!との突っ込みが聞こえてきそうですが、やはりこれは譲れません。そして、耳と目をフルに働かせ、海面から小魚が跳ねる音が聞こえたり、波紋が見えたりしたらしめたもの。たとえそれらがアジの仕業ではなくても、漁港全体の活性が高いのではと推測されます。

<2.暗闇では?>
もちろん、真っ暗闇でも釣れますが(良型狙いならこっちの方がベター)、潮位、潮流、風向、ベイト等を考慮してアジの居場所や回遊ルートを探すこととなり、お手軽とは程遠い釣りになるおそれがあります。まずは、足場が良く明るい漁港から始めましょう。

<3.漁港内のどこで?>
漁港には、漁船、筏、係留ロープ、スロープ、養殖イケスなど障害物が満載です。もともと私は、野池のバス、ライギョ、ナマズからルアーフィッシングに入っているので、目に見える障害物があるとついその際を攻めてしまう性癖がありますが、アジはいわゆる青物の仲間なので、それほど障害物にこだわる必要はありません。

うまく表現できませんが、明る過ぎず暗過ぎずというポジション(=アジの警戒心が解ける薄暗さ)を自分なりに理解できるようになれば、数が釣れるようになります。例えば、A漁港では常夜灯から5m程度離れた地点で上層から中層を攻めれば高反応とか、B漁港では波止の先端周りの下層で良型が釣れるとか。

もちろん、毎回セオリーどおりに釣れる訳ではありませんが、自分なりの尺度を持っていれば余裕を持って各ポイントを回れると思います。ちなみに数々の障害物も「明る過ぎず暗過ぎず」を演出するモノと捉えれば良いのではないでしょうか。

<4.潮通しは?>
そもそも私には、潮を意識した釣りの経験値が不足しているので、偉そうなことは書けません。ただ、良型を狙い撃ちするならともかく20cm前後をメインに据えるのならば、それほど潮通しにこだわる必要はないと思います。少なくとも、私のホームグラウンドである和歌山県中紀エリアではそうです。

<5.テトラや磯は?>
道路沿いに延々とテトラや地磯が続くエリアで、街路灯が海面を程よく照らしていれば、いかにも釣れそうですし実際釣れます。でも、アジは釣り上げた後でもかなり暴れる魚ですので、針を外している最中にポロリしたり、絶対逃がすまいと素手で魚体を掴んでウロコまみれになったりすると悲惨です。

一方、足場の良い波止なら、ゴボウ抜きしたアジをドスンと足下へ落とせば、大半は勝手に針が外れてくれます。また、夏期以外ならしばらく放置していても傷みません。爆釣時はこうやってどんどん釣り上げましょう。その代わり、野良猫やたぬきに盗られるリスクが高まるのでご注意を(笑)。

ともかく、アジが居る釣り場、アジが釣れ易い釣り場、アジがキープし易い釣り場はそれぞれ異なるということを頭に入れておいてください。

P1010924-2.jpg


<6.水深は?>
これは好き嫌いが分かれると思います。水深が5m以上なければアジが寄っている気がしない、もしくは根掛かりが気になってしまうという人がいる一方、私は50cm~3m程度の浅場をメインに釣っています。

ちょっと強引ですが、5m四方のポイントがあると仮定します。水深5mの場合、体積は5m×5m×5m=125㎥となり、水深1mの場合、体積は5m×5m×1m=25㎥となります。それぞれのポイントにおける魚影の濃さはさておき、何となく浅場の方がアジと出会う確率が高そうな気がしませんか? 具体的な攻め方は次回以降ということで。

<7.むすび>
いかがだったでしょうか? 普段何気なくやっている釣りを文字で表現するのは難しく、かなりまとまりのない文章になってしまいました。次回以降も不定期連載(いきなり弱気)で続けたいと思います。
[ 2008/05/15 21:42 ] お手軽アジング | TB(0) | CM(17)
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。