The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

やっぱり旅先で初釣り 

日本は氷点下まで気温が下がっていたようですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

P1070930-2_2014011421320564e.jpg

こちらは雨季のシンガポールを避け、すっかりお約束?となった小旅行&初釣りを敢行してきました。

P1070925-2.jpg

青い空がまぶしい。甲羅干しには最適だけど、泳ぐには水質がいまいちかな。

P1070880-2.jpg

ならばと、砂浜を10分ほどテクテク歩いて桟橋へ。久しぶりに爆釣ジグを結び足下へ。

P1070876-2.jpg

しばらくチャポチャポと上下に動かしているとコツンとヒット。2014年の初物はやっぱりガルーパ。

P1070868-2.jpg

良さ気な磯もあったけど、ワームや餌木を持って来なかったのが痛い…。メッキのチェイスがあったのみ。

再び桟橋へ戻り、ソニックさんにいただいたメタルバイブを遠投。リフト&フォールで沖のシモリ際を攻めているとヒット。

P1070879-3.jpg

おなじみの縞々ガルーパ(Blue Striped Grouper)。その後は海からの反応は無く、暑さに負けて4時間でギブアップ。

P1070808-2.jpg

犬もこんな感じでお昼寝中。

P1070900-2.jpg

いつもどおりの貧果でしたが、のんびりとリラックスして過ごせたので良しとしましょう。次も旅先での小物釣りになるかなあ。
[ 2014/01/14 21:02 ] 海外釣行記 | TB(0) | CM(8)

旅先釣行再び 

日本はとんでもなく暑い日々が続いているようですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。シンガポールは暑さのピークを越えたようで、若干快適になった雰囲気です。

さて、恒例となった?旅先での釣りシリーズですが、今回は大地をレンタカーで走り回ったついでに軽く竿を出してきました。

P1060352-2.jpg

うーん、制限速度が130kmとは実に豪快な国ですな。

P1070195-2.jpg

でも調子に乗ってぶっ飛ばすと転がったりして(汗)。

P1070284-2.jpg

大陸性の気候のせいか、さすがに早朝は冷え込み10度を割っています。それでも早起きして、白い息を吐きながら散歩すると野生の動物と巡り合えることも。

P1070144-2.jpg

国立公園をはしごしては、カヌーを漕いだり、温泉の湧き出る川で泳いだり、雄大な景色を楽しんだり。

P1060462-2.jpg

そして肝心の釣り。乾季だからおそらくワニの襲来は無いと信じ…。

P1060455-2.jpg

小さなよどみを発見。ライギョやナマズが居着いているだろうと推測し、ヨーヅリのポッパーを岸際にキャストすると早速三投目でヒット。

P1060472-3.jpg

正式名称は不明だけど、バフッという捕食音はまさしくライギョ。ちなみにタックルは、新調したトラギアA-635LとシマノAERNOS XT2500というへなちょこコンビ。とりあえずは淡水魚で入魂完了。

そして、バスっぽい小魚が何度もチョロチョロと追いかけてくるので、早い目のアクションで誘うとバシャッとヒット。

P1060465-2.jpg

正体はスパングルドパーチ(たぶん)。その後、ライギョとパーチを一匹ずつ追加したところで当たりが遠のいた。

陽はカンカンに照っているけど、水の透明度は高くないのでストラクチャーにこだわらなくてもよさそうな感じ。そこでオープンエリアへ適当にキャストし、ひと呼吸後にポッピングを入れるとドッバーンと水しぶきが上がり、すぐさま白銀の魚体がジャンプ! 

完全に油断していたので一瞬焦ったものの、ルアーが飲み込まれているのをしっかり確認。水深の無い小場所のせいか、何度もエラ洗いを繰り返す。なんとまあ素晴らしいファイト。足元に寄せるときにリーダーがエラに絡まりヒヤッとしたけど、無事ハンドランティング。

P1060477-2.jpg

数年ぶりのブツ持ち写真をパチリ。45cmぐらいの中物だが、やっぱり嬉しい。

P1060482-3.jpg

赤く輝き続ける眼に感動しながらリリース。この一匹ですっかり満足してしまい早々と納竿。

P1070041-2.jpg

釣ったというより、釣れてしまった感が強いですが、シンガポールで振られ続けたバラマンディを思いがけずキャッチすることができて良かったです。さあ、次はどこへ行く?
[ 2013/08/13 19:49 ] 海外釣行記 | TB(0) | CM(5)

再び旅先で釣り 

日本はカラ梅雨やら大雨やら不安定な天気のようですが、いかがお過ごしでしょうか。シンガポールはスマトラ島での山火事や焼き畑の影響で、ここ数日は空が真っ白です。

P1040986-2.jpg

この週末は、シンガポールからフェリーで一時間弱の島に行ってきました。写真では分かりにくいですが、かなり霞んでいます。

P1050018-2.jpg

これはベランダからの眺め。海まで結構距離があるなあ…。

P1040989-2.jpg

という訳で、漫画みたいですがバスルームからの釣りを試してみました(爆)。餌は朝食のスモークサーモン。かなり窮屈ですが、アンダースローでピンポイントへ撃ち込むと超小型のハタやベラが当たってきます。ただ、足場が高く風の影響も受けるため、根がかりが頻発し思うように釣果が伸ばせません。

P1040992-2.jpg

粘りに粘った末にキャッチしたのは、バスルームからの最大魚(笑)。意外と引いて楽しかったです。まあ、ここまでは余興ということで、この後は岩場に降りて真面目に(?)ルアーを投げてみます。

P1040997-2.jpg

小型のワームで定番のブルーストライプガルーパをキャッチし、スピナーでも連続ヒット。サイズは伸びないものの、一投ごとに反応があるので飽きない。

ただ日が暮れかけてきたので、最後に違う魚も釣りたいなーと思い、久しぶりにラパラCD-5を取り出しオープンエリアへキャストすると、2投目にドスンとヒット。

P1050002-2.jpg

グイグイと底へ突っ込むのをへっぴり腰でいなして何とかキャッチ。20cmジャストぐらいか。ハタ系はサイズの割に潜る力が強いので面白い。同サイズをもう一匹追加してこの日は終了。

P1050005-2.jpg

翌朝はメタルジグを中心に攻めると、やはり小物たちが遊んでくれます。

P1050011-2.jpg

君はいつでもどこでも釣れるねえ。

P1050008-2.jpg

これは日本のマハタと同種? サイズアップしたら美味しそう。

P1050013-2.jpg

暴君のリフト&フォールでもヒット。

P1050016-2.jpg

いつの間にか霞みも取れて綺麗な青空が。そんなこんなで意外と楽しめた旅行&釣行でした。9ドルの振出しロッドの機動力と汎用性おそるべし。
[ 2013/06/23 20:54 ] 海外釣行記 | TB(0) | CM(4)

旅先でも超小物祭り 

日本はゴールデンウィークの真っ最中ですが、いかがお過ごしでしょうか。こちらシンガポールも飛び石連休だったので、ちょいと南の島へ行ってきました。

P1040582-2.jpg

前回の大荒れのリゾート地と異なり、今回は比較的穏やか。

P1040602-2.jpg

それでも沖のリーフエッジは大波が立っています。地元の漁師は平気そうだけどちょっとコワい。

P1040874-2.jpg

潮が轟々と流れているポイントを見つけ、早速延べ竿での釣りを開始。餌は拾った貝とヤドカリ。

P1040628-2.jpg

まるで渓流のような雰囲気に最初は戸惑いましたが、徐々に慣れてきてファーストキャッチ。お約束のベラ。

P1040761-2.jpg

次もベラの一種。日本のオハグロベラに近い?

P1040617-2.jpg

これはスズメダイか。

P1040797-2.jpg

やっぱりエソは何処にでも居ますねえ。

P1040734-2.jpg

釣りに飽きたら潮の穏やかな場所で素潜り。

P1040667-2.jpg

砂が舞っていてあまり透明度は高くないけど、熱帯魚がたくさん泳いでいました。

P1040589-2.jpg

次の日も懲りずに釣り。

P1040899-2.jpg

すべて小物ですが、数と種類が出るので楽しい。

P1040893-2.jpg

今日は嫁が大活躍。

P1040865-2.jpg

何となく体型がキスに似ているけど、歯があるのでやっぱりベラか?

P1040876-3.jpg

そして良型のガルーパをキャッチ。

P1040872-2.jpg

無邪気な魚たちを相手に良い気分転換になりました。

P1040756-2.jpg

今週末はニューロッドを仕入れに行かなくては。
[ 2013/05/02 20:11 ] 海外釣行記 | TB(0) | CM(4)

ネタ不足につき 

最近、まともな釣果が得られていないわ、魚料理ばかりアップしてマンネリ気味だわで、かなり追い詰められた状況のnuemiです。


というわけで、久々の異国話シリーズ(補足編)。今まで紹介していなかった魚画像をアップ。


P1050154.2.jpg


グルーパーの一種。クエ子かハタ子といったところでしょうか。ゴロタ浜をズリズリ攻めていると、飽きない程度に釣れました。もう少し大きかったら煮付けにしたのですが。スーパーでも結構な値段で売っていました。


P1050155.2.jpg
これはセロマッカレル(≒サワラ)。大きさの割りにはビュンビュン走る楽しいやつです。何度か生で食べましたが、アニサキスがヒットしなくてホント良かった・・・。


他にもコチ、イシモチ、メッキの近似種を釣っていたものの、残念ながら画像は行方不明。思い出は時が経つにつれて美化されると言いますが、あのイージーな釣りが懐かしいです。週末の和歌山でも、これぐらい楽しく釣れればストレス発散できるのですが。

[ 2007/05/30 23:20 ] 海外釣行記 | TB(0) | CM(9)
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。