The Second Bite

魚は何処へ? 釣れなきゃ魚屋で調達だ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お祝いの代わり 

皆さま大変ご無沙汰です。しばらく釣りにも行けず、ブログをいじることもできず悶々としていたnuemiです。今回は花見がてら、明るい時間から和歌山へ出動してきました。

土曜の朝。いつもは寝坊気味だが今朝は6時起床。手早く雑用を済ませ9時前に出発。地道を走って、まずは根来寺へ到着。丁度満開でいい感じ。
P1060943-2.jpg

昼食を挟んで次は道成寺へ。ここは早くも散り始めていたが、しばし散策を楽しむ。そして15時以降は釣りモード。せっかく南下したということで火力発電所近くの漁港を覗いてみる。沖向きテトラにはエギンガーが数人みられたが、特に異状なし。

次に国道を北上し、前回釣行で小アジを爆釣した波止へ向かう。潮位的にも夕マズメはかなり期待が持てそうだ。ところが、いざ到着してみると工事につき立入禁止との看板が。あまりのショックにしばし放心状態。

暗くなるまでフテ寝しようかとも思ったが、姪の家へ釣った魚を送ると約束していたことを思い出す。再び南下して日高町の捨て石ポイントへ。根魚大好きっ子なので確実にガシラを押えておこう。無名ワームのテキサスリグで捨て石とブレイクラインの境目を探る。

青空を眺めながらシンプルなスローリトリーブで誘っていると、10投目ほどでゴツッとヒット。碧色の海をゴリゴリ走る姿が良く見える。余裕のやり取りで小ガシラをキャッチ。やっぱり明るい時間帯に釣れるのは楽しい。その後もリリースサイズをポツポツ拾い釣りする。
P1060949-2.jpg

いつの間にやら17時半を過ぎ少し薄暗くなってきたので、ブレイクラインの上部を重点的に攻めることに。軽いシェイクとステイを交えてアピールしていると、ガツンと竿をひったくるようなアタリが。一気に藻に潜られてしまったが、ファイヤーラインの強さを信じ無理やり引きずり出すと、藻と一緒になってあがってきた。
P1060957-2.jpg

煮付けには十分な24cm。この直後に20cmジャストも追加し、ここでは合計6匹キャッチ。完全に日が沈んだので、再び北上して由良のメバルポイントへ急ぐ。21時にソニックさんと泉南で待ち合わせしているので、残された時間はあと一時間ほどか。大急ぎで黄色い灯かりの照らす波止で竿を出す。

小さなライズが見える中、ロッキースラッグで誘いをかけるが反応なし。ママワームシラウオに変えても沈黙。うーん、これで釣れないなんてよほど渋いのか・・・。しばしローテーションを繰り返す。おそらくアジだろうけど、とりあえず1匹は釣っておかなくては。

試行錯誤の結果、1.0gジグヘッド+ミートネールで表層を引く時のみ反応が出ることがわかった。パターンが掴めればこっちのもの。その後は怒涛のアタリラッシュに嬉しい悲鳴。この際メバルは置いといて、アジングに集中する。
P1060959-2.jpg

ただ、活性が低いせいかフッキングが相当難しい。1投ごとに2,3回アタリが出るが、とにかく上顎に掛からずバラシ連発。私の腕前ではアジング=フロロが基本。バイオマスター1000が修理から戻ってきていれば・・・。おそらく20匹以上バラシただろう。
P1060967-2.jpg

最後に頭にフッキングしたアジをキャッチして何とか8匹キープ。ここで和歌山とはお別れ。サンドイッチを頬張りながら、渋滞気味の国道を一気に北上。泉南へと急ぐ。事前に予想出来たとはいえ、やはり花見帰りの車が多いようだ。

待ち合わせ時間を大幅に過ぎてしまったが、22時前にソニックさんと同僚の方と合流(大変遅くなって申し訳ありませんでした)。久々に訪れた漁港のあまりの変貌ぶりに驚きながらも、沖向きテトラでしばし竿出しする。ソニックさんの竿に反応があったものの、潮止まりが近づきちょっとどんよりとした雰囲気。さっそく移動。

次に車で10分ほど走り、磯や捨て石の連なるポイントへ。干潮で藻がしな垂れているのが暗闇でも分かる。おまけに夜光虫もあちこちで青白く光っているが、1.5gジグヘッド+ママワームシラウオのコンビで無理やり遠投していると、砂地と藻場の境目付近でコツッとヒット。もしかしてメバル?と思いながら慎重に寄せてくると、3カ月ぶりのメバル。20cm弱だがやっぱり嬉しい。
P1060969-2.jpg

近辺の有望ポイントについてソニックさんに話をうかがいながらキャストを繰り返すが、これ以降は不明瞭なアタリが一回あったのみ。時間ものこり僅かなので、最後に白色灯の照らす漁港で締めることに。お二人の車に誘導されながらさらに北上する。

さすがに休日の晩だからかルアーマンが多い。おまけに、普段あまり釣らないようなロケーションなので攻めあぐねていたら、いきなり足下でヒット。ベビーサイズだが再びメバルをキャッチ。
P1060970-2.jpg

波止の先端付近へ移動しアジも狙ってみるが、潮が完全に止まってしまったせいかアタリが小さい。竿先に全神経を集中させるものの、まったく歯が立たない。ソニックさんも同僚の方もショートバイトに苦戦されている様子。

眠い目をこすりつつ頑張り続けたが、疲労困憊で1時半に納竿。いやー、よく歩きよく投げよく遊んだぁ。
P1060981-2.jpg

ソニックさん、お忙しいところ再びお付き合いいただき、ありがとうございました。いろいろ泉南付近のポイントについても教えていただけましたので、今後の参考にさせていただきます。同僚の方も遅い時間までありがとうございました。またみんなで一緒に釣りに行きましょう。
P1060988-2.jpg

そんなに大した釣果ではなかったけど、とりあえず小学校入学祝いということで、全獲物をクール宅急便で姪の家へ配送。



日時:
2008年04月05日(土) 16:30 ~ 06日(日) 01:30

釣果:
ガシラ: 18~24cm 6匹
アジ:  16~18cm 8匹
メバル: 17~19cm 2匹

タックル:
ファメロVF-W68+バイオマスター2000PGS

ヒットルアー:
無名ワーム、クラッピーグラブ、ビバ(Viva) ミートネール 2.5inch #024 メロングリーングローマリア(Maria) ママワーム シラウオ 1.5 S/BK(ブラック)
[ 2008/04/06 13:15 ] ガシラ | TB(0) | CM(12)

二人で釣行 

今回の週末釣行は、当ブログによくコメントを寄せてくださっているソニックさんと楽しんできました。

金曜の晩、由良の漁港で待ち合わせ。挨拶もそこそこに仕度を始める。まずは遠投リグをセットして、波止の先端からキャスト。互いに自己紹介や近況を語りながらリーリングしていると、ほどなくしてソニックさんが20cmほどのガシラをキャッチ。ヒレピンでヒラスズキのような体型。足下で来たようだ。
P1060827-2.jpg

いろいろ共通の話題が多くて話が盛り上がるものの、私の竿には反応は無い。心持ちリーリングスピードが早くなっていたようだ。ひととおり攻め終えたので、30mほど移動しこの前買ったソアレのジグヘッドとコバチのコンビにチェンジ。

灯かりが強く当たるポイントなので、テトラを擦るようにシェード部を引いていると、ようやく小さなアタリが。大して抵抗もせず寄ってくるのがちょっと不安。
P1060829-2.jpg

ああ・・・。水温が高いのかなあ。とりあえずボーズ回避成功。ソニックさんは暗闇で苦笑い(たぶん)。

数分間テトラを上り下りしただけで膝が笑い出したので、足場の良いポイントに移り沖へ大遠投。ファイヤーラインクリスタルを巻いたバイオマスターMgは飛距離が伸びる。ダウンショットリグを操るソニックさんと再び談笑していると、フォール中にグンッと反応が。

反射的に合わせを入れると、グイグイと元気に底へ潜る引きが伝わってきた。思わず大きい大きいと連呼しながら寄せると、その正体は20cmオーバーのガシラ。恥ずかしながら、もっと大きなのが掛かったと思っていた。
P1060839-2.jpg

久しぶりの魚らしい引きに舞い上がっていたのか? しばらくまともに魚を釣っていないと、かなり感覚が鈍るみたい。その後湾奥に移動したが、潮が引ききっていて、メバルはまったく狙えそうに無い。藻がダラーッと広がっている。

しかしながら他に逃げ場もないので、クラッピーグラブのテキサスリグでガシラを狙うことに。一投ごとに藻に邪魔されストレスが溜まるが、過去の実績から考えるとガシラが棲息しているのは確実なので、根気良く藻の隙間を通す。

すると、もうそろそろ場所移動しようかと思った瞬間にヒット。藻と一緒に半ば強引に抜き上げると、先ほどより少しサイズアップ。
P1060847-2.jpg

帰宅後に胃の中を確認すると、このワームと同じような大きさで同じような色のエビが入っていた。偶然の所業に感謝。これで気が抜けたのか、どっと疲れが出てきた。朝マズメに備え、車で南下して幽霊テトラに到着したが、すでに私はガス欠状態。30分ほど竿出ししたが、睡魔に抗えなくなり車に戻ってZZZ・・・。

朝4時。ソニックさんからのメールで目が覚める。すでにテトラでキャストを開始しているソニックさんを横目に、足場の良い波止でウォーミングアップ。最終兵器サンドワームを自作ジグヘッドに装着し係留船の際を引くと、コツコツとアジらしきアタリがくる。ただ、活性が落ちているせいかフッキングまで持ち込めない。

あまりの渋さに痺れを切らし、テトラ帯の先端に移動。微風に乗せてキャストすると、気持ち良くラインが出て行く。あちこちに沈みテトラが見えるので、慎重に沈めながらスローリトリーブで反応をうかがっていると、ほどなくして流れ藻に掛けたような感触が。

またキンギョかぁ?と不安になりながら寄せてくると、銀色に輝く魚体が姿をあらわした。口切れに注意して抜き揚げると久々のアジ(おそらくメアジ)。
P1060849-2.jpg

型は小さいものの、ニュータックルでもアジが釣れることが分かり一安心。少しずつ周りが明るくなる中、コバチやミートネールにチェンジしながらテトラ際を執拗に攻め続ける。となりに地磯が連なり、良型メバルが釣れても不思議でないポイントだが。
P1060852-2.jpg

ここで会心のヒット! 遠投リグで24cmのメバルをキャッチ。あ、ソニックさん釣果だけど(笑)。さっきのガシラもそうだったが、ヒレピンの美しい魚体。

その後は特に動きはなく、日の出とともにいったん終了。ソニックさんと別れ、隣の漁港へ移動する。明るい時間はリアクション系ということで暴君をチョイス。ブレイクラインの奥へ打ち込み、リフト&フォールで寄せてくると・・・。
P1060855-2.jpg

いつの間にやら釣れていた・・・。再び眠気に襲われ始めたのでこれにて本当に納竿。ソニックさん、ご多忙のなかお付き合いいただきありがとうございました。またご一緒してください。

P1060859-2.jpg


日時:
2008年03月07日(金) 21:30~ 08日(土) 06:30

釣果:
ガシラ: 14~24cm 3匹
メアジ: 18cm 1匹
キンギョ: 16cm 1匹

タックル:
ファメロVF-W68+バイオマスターMg2000PGS

ヒットルアー:
コバチ、クラッピーグラブ、バークレー ガルプ! サンドワーム 4インチ 化粧箱タイプ イワイソメ(NSW)
[ 2008/03/09 00:44 ] ガシラ | TB(0) | CM(12)

返り討ちですな 

「コッケコッコーーー!!!」


「んー、もう朝かぁ。ってまだ4時やんけ。」


 


木曜の晩は嫁の実家に泊まっていました。心地良い疲れとともにぐっすり寝るはずだったのですが、就寝前に耳栓を着けるのを忘れてしまい、近所のシャモが大音量で連呼する鳴き声のせいで薄暗いうちに覚醒。その後はなぜだか目が冴えてしまい、ダラダラと布団の中で転がっていました。


 


やや体が重いような気がするけど、ツールバー右の「ジャンクな小窓」で八目釣りを敢行すると書いてしまったので、気合を入れて釣り場へと向かうことに。


 


大渋滞が予想される高速を避け、地道で南へと走る。GWだけに地道も車だらけ。いつもの倍の時間がかかってしまった。


 


15時前に日高町の漁港へ到着。内向きの波止は家族連れが鈴なり。私はテトラ帯からサーフを狙う。タックルをセットし、おもむろに石ゴカイを取り出す。


 


ブログのサブタイトルに「中紀でのルアーフィッシング」と書いてあるじゃないかって? たまには趣向を変えて餌釣りも許してくだされ。これなら八目釣りも可能かも。



P1050025.3.jpg
天秤仕掛けを沖へ大遠投。時期的にはやや早いが、2年ぶりにキスを狙う。盛夏には比較的簡単に釣ることができるポイントだが果たして今日はどうか。


 


魚信をうかがいながら足下までズルズル引きずって来ると、クンクンと小さなあたり。難なく抜き上げると、あまり歓迎できない珍客。



P1050023.3.jpg
その後も2時間ほど粘るものの、竿先はピクリともしない。周りも釣れていないようだ。水深のあるポイントを求めて北上する。




バーベキューを楽しむ家族の近くで竿出し。やや根が張っているのでこまめに近投して探りを入れていると、ようやく本命がヒット。



P1050030.3.jpg
早期にしてはまずまずの20cm。キス天が頭をよぎる。ところが、この後は再び沈黙してしまい、納竿間際にまたまた外道。



P1050034.3.jpg
19時を過ぎたものの、いまだ三目だ。いつものライトルアーフィッシングに戻そう。定番となった由良の漁港へと急ぐ。


 


前回のブログで取り上げたアジリンガーをチョイス。うわっ、やっぱり臭い。息を止めながら自作ジグヘッドに装着する。そして筏のシェード部に打ち込むと一投目からヒット。



P1050039.3.jpg
アジではなくてリリースサイズのメバル。結局この日は、メバリンガーだった。次にミートネールを試すことに。捨て石の沈んだポイントでスローリトリーブを続けていると、ピックアップ寸前にヒット。



P1050041.3.jpg
極小ガシラがご挨拶。GWで釣り人が多いせいか、あまりにも激シブでいろいろアクションを加えて誘ったものの良型は不発。メバリンガー、ミートネルともにインプレ記載は非常に困難。次回に期待ということで、ゴロタのガシラポイントへ移動する。


 


バグアンツのテキサスリグでキープサイズを狙っていると、20分経過後にようやく沖目でヒット。ゴリゴリ巻きながら抜き上げると23cmのガシラ。ここでは毎回これぐらいのサイズが揃う。



P1050047.3.jpg
その後、自分の中では“鉄板”と考えていたアジングポイントで竿出しするものの、まさかのアタリなしのボーズ。かなりショック。


 


刻一刻と時間は過ぎていくが、まだ五目だ。更なる奥の手、タコジグを取り出して波止のヘチ際を上下に誘う。まだ水温が低いかなーと思ったがやはり無反応。次第に風が強くなってきてエギングは厳しそうだし、どうしようか・・・。


 


最終手段、バイオな箕島へレッツGO! あそこなら、アジ以外にキビレ、ソゲ、クロソイが釣れる・・・かも。夜中になっても混み気味の国道を北へひた走る。


 


慌しくポイントへ到着。以前、ジャンクな小窓で書いたように、ウ○コが点在している危険地帯なので、足下に注意を払いながらタックルをセット。もう同じウ○コは踏まない、いや同じ轍は踏まないぞ。


 


残り時間はわずか。ロッキースラッグでオープンエリアを攻めると、二投目でコツンとあたり。白銀色の魚体が汚水の中を走るのが見えた。慎重に抜き上げると20cm弱のバイオアジ。何だか臭いがいつもと違う。



P1050048.3.jpg
素早くリリースして、アジリンガーへチェンジ。臭い海に臭いワーム。毒を持って毒を制すだ。単発のライズが発生している漁船の際を丹念に探る。ところが、波動の大きさがお気に召さなかったのか、アジは反応してくれない。


 


最後に排水口周りで残り二目の追加を狙って頑張ったものの、バイオな海は非情だった。睡眠不足も相まって1時半にギブアップ。


 


リベンジに燃えていたものの、返り討ちに遭ってしまい意気消沈。GW中で釣り人が多かったからとか、魚も連休中だった?からとか、いろいろ言い訳を考えて自分を慰めている夜長。自然相手だとうまくいかないものです。


 


 


日時:


2007年5月4日(金)~5日(土) 15:00~01:30


 


釣果: 


ガシラ   1423cm  2


メバル          18cm    1


アジ          19cm   1


キス             20cm    1


ガッチョ      13cm    1


キタマクラ?  12cm    1


 


タックル:


ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000


ファメロVF-W68+エンブレムS2000iA


 


ヒットルアー:


石ゴカイ(ルアーじゃないけど)、アジリンガー、ミートネール、エコギア(ECOGER) カサゴ職人バグアンツ 2インチ 250(リアクションSPフロート(夜光))、ロッキースラッグ

[ 2007/05/05 22:25 ] ガシラ | TB(0) | CM(6)

こりゃ厳しい 



待ちに待ったGW。当初は先輩とプチ遠征しようかと計画していましたが、残念ながら都合が合わなかったので、三たびヘッポコ嫁と中紀へ釣行してきました。


 


仕事で疲れた体を労わり、15時過ぎにのんびりと出発。3連休ということで高速道路が少々混んでいたが、何とか17時前に日高町のゴロタポイントへ到着。空は快晴、風もほどほど。絵に描いたような行楽日和だ。


 


日が高いうちは、お約束どおりガシラを狙う。私はチャートリュースの無名ワーム、ヘッポコはクラッピーグラブのテキサスリグをセット。足場の高い波止から、沈み根の位置を確認しながらサイトフィッシング。根掛りに注意しながら丹念に探る。




と、いきなりヘッポコにヒット。余裕のやり取りで上がってきたのはリリースサイズのガシラ。お主、俺より先に釣るとは何事だ!?



P1010970.2.jpg


その後も二人でかさにかかって攻め立てるが、まだ日が高過ぎるようだ。ベラかアナハゼが突っつくようなアタリばかりが続く。もっと根が複雑に入り組んだ隣の漁港へ移動しよう。




お馴染みの激根掛かり捨て石ポイントへ降り立つ。普段と違い、駐車場には京都や神戸ナンバーの車が多い。みんなアオリ狙いで外向きテトラから釣っているようだ。我々はのんびりと内向きで近投する。




随分と日が長くなった。18時を過ぎてもまだ明るい。ここでは、ブレイクラインをフォール主体で攻略するのが定石である。ラインの動きに目を光らせる。




10分ほど経過しただろうか。再びヘッポコが歓声を上げた。またまたベビーガシラをキャッチ。16時半に満潮だったので、ちょうど潮が下がり始めていい時間なのだろう。だが、私の竿にはあたりは来ない。




まあ夜からが本番だから、と余裕をかましていると、隣で立て続けに同サイズを4匹キャッチ。得意顔のヘッポコ。いつもながらリリースサイズを釣ることに関しては、驚異的な能力を発揮する。


 


私の使っているワームは自らアクションしないワームなので、ダート気味にチョコチョコ動かし始めるとようやくヒット。これまた小さいけど記念撮影。


P1010972.2.jpg
やや肌寒くなってきたので、車に戻って作戦会議。ここではサイズが伸びそうに無いので、先週良型のガシラが上がった由良湾奥のゴロタへ移動することにする。おにぎりを頬張りながら国道を一路北へ。




ところがいざ到着してみると、ポイントの様子が先週と随分と異なる。牡蠣殻の付着した大き目の石があちらこちらに露出して釣りにくそうだ。遠投して、沖に避難しているガシラを誘い出さなくては。


 


今度はまた別の無名の細長いワームにチェンジし、色と大きさでアピールしようと派手に動かしているとゴンッとアタリが。一呼吸置いてから合わせを入れると、ギュンギュンと元気な引きが伝わってきた。


 


足下の牡蠣殻密集地帯を避けながら慎重に抜き上げると、ようやくキープサイズのガシラ。先週も思ったが、ここのガシラはなぜかアイナメのようなスリムな体型だ。小さく見えるが一応23cm。



P1010975.2.jpg
その後は二人ともあたりが無くなったので、先週渋いアジングを展開した漁港へ移動。今晩もアジは居るのだろうか。すっかり定番となったロッキースラッグを筏の際へ打ち込む。嫁はいつの間にやら居眠りモード。




3投目にボトム付近で押さえ込むようなあたりがあったがフッキングせず。意地になって同じスポットを攻め続けると10投目ほどでようやくフッキング。ロープに巻かれないように注意しながら20cm前後のアジをキャッチ。



P1010991.2.jpg
ところが23時を過ぎた辺りから、だんだんと吐き気を催してきた。夕食のおにぎりがお腹にヒットしたのだろうか。あまりにも気持ちが悪くて釣りどころではない。それでもベビーサーディンを筏と漁船の隙間に打ち込んで、青メバルを連続3匹キャッチ。


P1020001.2.jpg
ベビーサーディンの臭いを嗅いだおかげで吐き気も倍増。車に戻ってしばし休息を取る。眠ることはできなかったが、30分ほど横になることによって少し楽になった。気分一新、再び日高町まで南下することに。


 


大きな月が出ているので峠道はヤバイかなと想像していたが、やっぱりタヌキが入れ食い状態。四方八方から道路へ飛び出して来るのを慎重に避ける。結局、イタチを含めて8匹と遭遇してしまった。


 


最近ご無沙汰していた幽霊テトラに辿り着き、ワームやメタルジグを投げてみる。海面はやたらと静か。もうすぐ満潮なのに潮が動いてないなーと考えながらリトリーブするものの、30分経っても不発。


 


早々と見切りを付け、近くの流れ込みでキビレを狙うべくバグアンツをキャスト&ズル引き。ボラがのどかに跳ねているのを横目に広範囲に探っていると、ゴンゴンという明確なあたりが伝わってきてガシラがヒット。これも23cm



P1020004.2.jpg
背中の筋肉が盛り上がったマッチョ。随分と走ってくれた。ちなみにこの古いリールは14年前に購入したもの。何だか分かりますか? 


 


ここの底質は、砂地と言うよりは玉砂利っぽいので、濁りが入らない限りキビレは寄って来ないのかなあ。まあキープできる魚であれば、ガシラでも何でもいいや。


 


その後、小さなマゴチを追加したが、再び吐き気がぶり返してきた。おまけに放射冷却で気温も落ちてきて膝の震えが止まらない。結局、気持ち悪さが抜けぬまま夜明けを迎えてしまい、不完全燃焼の釣りとなってしまった。



P1020013.2.jpg
吐き気が眠気を上回ったお陰で、居眠り運転することなくまっすぐ家へ帰ることができましたが、やはり健康第一。体調が不十分の時はあまり無理しない方がいいみたいで。いずれにせよリベンジは必至です。


 


 


日時:


2007年4月28日(土)~29日(日) 17:00~05:00



釣果:(二人合わせて)



ガシラ 1423cm  7


メバル 1820cm    3


アジ         20cm    1匹


マゴチ        23cm    1


 


タックル:


ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000


ファメロVF-W68+エンブレムS2000iA


マジスティック702UL+エンブレムX2050




ヒットルアー:


無名ワーム、クラッピーグラブ、スプリットテイルグラブ、ロッキースラッグ、エコギア(ECOGER) カサゴ職人バグアンツ 2インチ 250(リアクションSPフロート(夜光))バークレー ガルプ! サンドワーム ベビーサーディン 2インチ ナチュラル

[ 2007/04/29 21:56 ] ガシラ | TB(0) | CM(11)

ヘッポコ嫁の初釣り 


すっかり春めいてきた今日この頃。永らく冬眠中だったヘッポコ嫁が、ようやく目覚めました。今年に入ってからは、寒い!とか雨に濡れる!とか言っては、ずっと竿を振るのを回避してきたのですが、ようやくヤル気になってきたようです。


 


薄墨で描いたような雲の下を一路南へ。山桜が所々で咲いていて、実に風流な景色だ。ところが、携帯で天気予報を聞くと和歌山県北部は南の風10mとのこと。大丈夫か?


 


17時前に、すっかりお馴染みとなった日高町の激根掛かり捨て石ポイントへ到着。空はさらに曇ってきたが、ウグイスが鳴いてのどかな雰囲気。ただ、予想どおり南寄りの風が強い。


 


早速、ヘッポコ嫁にガシラタックルを手渡す。私は横で見学を決め込むことに。ルアーはスライダー社のスプリットテイルグラブ。例のネット注文で、わざわざアメリカから取り寄せていたのだが、実は一度も使ったことがなかった。まずはスロープから攻めるよう提案する。


 


ファーストキャストは何と飛距離3m。ブランクが長いとは言え、先が思いやられる。せめてブレイクラインまで届かせなくては。2投目以降は、追い風に乗せて次第にうまく飛ばせるようになった。


 


ボトムをズル引きすると、時々ガシラの魚信が伝わってくるようだ。でもタイミングが合わないらしく、なかなかフッキングしない。「あぁー」とか「んわー」という奇声を発するヘッポコ。とりあえず1匹釣ってくれ。


 


それでも粘り続けて何とか子ガシラをゲット。実に5ヵ月ぶりの獲物だ。顔出しNGとのことなので、手と魚のみの撮影。


P1010856.2.jpg




その後もポツポツとキャッチしていくが、とにかく型が小さい。大き目のワーム(名前は不明)にチェンジしてみたものの、状況は変わらず。良型はどこへ消えた? 
痺れを切らして少しロッドを借りてキャストしてみたが、私が投げても豆ガシラ。うーん。


P1010863.2.jpg P1010864.2.jpg


バグアンツに換えた後もヘッポコ嫁は釣り続け、リリースサイズばかりだが7匹ゲット。これだけ釣れれば上出来だろう。私は小型を2匹。そろそろメバルのポイントへ移動しようか。



P1010866.2.jpg
20時から由良湾奥の漁港で再開。でも予想以上に潮位が下がっていて釣り辛い。先日の雨の濁りもかなり残っているようだ。30分ほどネジワームを投げてみたものの反応無し。小雨がぱらついてきたことだし、北上してアジングポイントへエントリーすることに。


 


いざ着いてみると、南風が猛烈に吹き荒れているが、追い風気味なので投げれないことはない。ヘッポコはいつの間にかZZZ・・・。一人寂しくママワームシラウオを筏の際へキャスト。灯かりが遮られるベストスポットに着水した。



そして、軽くカウントダウンしてリーリングを始めた途端にヒット。一投目から幸先がいいなあと思いながら慎重に寄せてくると、今の時期にしては結構な良型。23cmほどか。追加を狙ってシェード部を中心に攻め続ける。


 


ところが、その後はアタリすら無し。ロッキースラッグやネジワームも動員したが海は沈黙したまま。さっきのは、はぐれアジだったのか? 何でもいいから魚の姿が見たいのだけど。・・・今晩も懲りずにバイオで締めくくろう。車を走らせて箕島へ。


 


いつものポイントは、雨の濁りが残り、ゴミも滞留していてかなり駄目っぽい雰囲気だが、珍しいことに沖目でライズが見える。メバルかなと思いながらネジワームをキャストして反応を窺うと、数投目にガツンとヒット。銀色の魚体がグングン走るのが見えるけどまさか・・・。


 


ゴボウ抜きするとやっぱりアジ。こんな潮の澱んだ汚いポイントで釣れると思ってなかった。外海が荒れているので、偶然迷い込んできたのか。ともかく、ライズが続いているので、追加を狙って鬼のようにキャストを繰り返す。


 


が、いつの間にかライズが消え、海は静かになってしまった。わずか3分間の出来事。今のは何だったのだろう? 


 


その後、排水口ポイントに移動し、恒例のバイオガシラを狙うことに。バグアンツを漁船の際に投げてリフト&フォール。すると10投目ほどに元気なバイオ君がヒット。今晩も良く引くなあ。20cmちょっとか。



P1010872.2.jpg
時間も無くなってきたので、最後にクロソイ狙いのディープダイバーをキャスト。駆け上がりにゴツゴツとコンタクトする感触が伝わってくる。今晩は何となく釣れそうな気がするが、30分ほど経過しても異状なし。


 


最後の一投と誓ってロングキャスト。そして竿先を下げてグリグリと巻いているとゴンッとヒット! よっしゃと叫んだがまったく走らない。タコのような重みに戸惑いながら寄せてくると、でっかい牛乳パックが・・・。まるで漫画のようだ。そして、足下まで何とか寄せて、抜き上げようかどうか迷っていると、ブチン!という音とともにルアーが海の藻屑と消えてしまった。うぁあーーー、気持ちも切れたしこれにて終了。



P1010875.2.jpg
久々のアジは嬉しかったけど、メバルは何処へ? 


 


日時:


2007年3月31日(土)17:00~24:00


 


釣果:(2人合わせて)


ガシラ 15~21cm 10匹


アジ 21~23cm 2匹


  


タックル:


ネオバーサル562ULRS+バイオマスター1000


ファメロVF-W68+エンブレムS2000iA


 


ヒットルアー:


スプリットテイルグラブ、エコギア(ECOGER) カサゴ職人バグアンツ 2インチ 250(リアクションSPフロート(夜光))、無名ワーム、ガイヤ ネジワーム 1.5インチ SP-26 グローホワイトマリア(Maria) ママワーム シラウオ 1.5 FF(夜行/夜行)


  


PS. 右側プラグインに「ジャンクな小窓」というコーナーを設けました。くだらないネタや出来事をメモ書きする予定です。不定期更新。

[ 2007/04/01 13:20 ] ガシラ | TB(0) | CM(9)
 プロフィール

nuemi

Author:nuemi
日本の釣りにも徐々に慣れてきました。
これからエンジン全開か?

 最近の記事&コメント
 釣りブログRanking
 Since August 27, 2006


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。